FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

新型コロナまとめ(3月20日まで)―専門家会議が提言―

 政府の専門家会議は、引き続き持ちこたえているものの、どこかで「オーバーシュート」と呼ばれる爆発的な感染拡大を伴う大規模流行につながりかねないとの見解をまとめました(1)。
専門家会議を報じる福島県の地方紙・福島民友
 ※(2)を引用(図はアップロードずみ)
 図―1 政府の専門家会議の会議提言を報じる福島県の地方紙・福島民友

 3月20日までの厚生労働省は発表(3)(4)、これ以前の発表(5)(6)や和歌山県(7)、北海道の発表(8)を集計しました。
 累積の感染者は
 ①プリンセス・ダイヤモンド 712人(2)
 ②検疫等           22人(チャーター便15、他の検疫6)
 ③他            973人
 合計          1,707人

 ③のうち、外国人入国者をの除く、国内分の累積感染の推移は以下の通りです。
ねずみ算的に増える新型コロナ感染者
※(5)(6)(7)(8)を集計
 ※ 近似曲線のxは最初に国内感染者1例目が見つかった1月26日(9)からの日数、yは近似値
 図―2 累積の感染者数(国内)

 ウイルス感染は指数関数的に増えるというので(10)、指数関数で近似してみました。いまのとこる概ね合っている気がします。
 安倍で戻り内閣は2月24日にイベントの自粛を要請し(11)(12)、3月2日からは学校の臨時休校を事実上決めました(13)。これを受けてと思いますが、政府の専門家会議は、引き続き持ちこたえているものの、どこかで「オーバーシュート」と呼ばれる爆発的な感染拡大を伴う大規模流行につながりかねないとの見解をまとめました(1)。確かに3月15日以降は指数関数の近似値を下回っていますが、統計誤差もあり今後の推移を見守る必要があります。
 指数関数exp(αx)は
 exp(αx)=1+αx+(αx)2÷2+・・・
で近似できますんで(14)、y=6.44xp(0.103x)は新規の感染者が1日で10.3%増える事を意味します。概ね一週間で倍、二週間で4倍、三週間で8倍のペースです。ねずみ算的に増加が続いているとも取れます。
 2009年に豚インフルエンザが大流行しました。日本国内で最初に感染が確認されたのは、2009年5月9日で見つかった高校生3人の感染です(15)。そこで、最初に感染が見つかった日からの累積の感染者数を比較して見ました。
豚インフルエンザとほぼ同じペースで増える新型コロナ感染者数
 ※1(5)(6)(7)(8)(15)を集計
 ※2 「クルーズ船を除く」はダイアモンド・プリンセス号乗員・乗客(だだし下船後は別)を除いた感染者数を集計
 図―3 新型コロナと豚インフルエンザの累積感染者数推移

 図に示すとおり、新型コロナの感染者数は豚インフルエンザの同時期の感染者数を超えています。ダイアモンド・プリンセス号の感染者を除いても迫る勢いです。今のところ、豚インフルエンザと同等の感染の広がりを見せています。
 2009年の豚インフルエンザでは推定585万人が罹患したそうでうす(14)。同じような感染の広がりの可能性があります。以下に福島県の2009/10年のインフルエンザ定点観測数を示します。
年末まで続いた2009年豚インフルエンザの流行
 ※(16)より作成
 図―4 2009/10年のインフルエンザ定点観測数(福島県)

 図に示すように、2007、08年には見られない夏から秋にかけての流行がみられます。豚インフルエンザです。5月に見つかってから、年末でまでおよそ8ヶ月間の流行が続きました。同様に考えるなら、これから10月までの8ヶ月間で、1000万人前後の方が新型コロナに感染する可能性があります。
 以下に日本国内と中国の死亡率の推移を示します。
上昇する新型コロナの死亡率
 ※(5)(6)を集計
 図―5 新型コロナの死亡率

 上昇傾向にあるのが気になります。中国でも死亡率は上昇しており、今後も上昇すると思われます。これまでに1,707人が感染し、40人が亡くっています。死亡率は2.34%、人口1万人当たりで234人です。豚インフルエンザでは推定で585万人が罹患し、202人死亡しています。1万人当たりの死亡率は0.35人(202÷487)です。新型コロナの死亡率は豚インフルエンザの600倍以上です。感染拡大のペースは図―4に示すようにおほぼ同じですので、豚インフルエンザに比べ600倍以上危険です。十分な治療をするには医療機関に豚インフルエンザの600倍以上の負荷がかかります。
 以下に感染が判明した感染者の分類(判明分)を示します。
医療関係、海外からの入国者、接客関係に多い新型コロナ感染者
 ※1(5)(6)を集計
 ※2 医療関係には医師、看護師、病院勤務の方の他に、病院内施設勤務者、検疫官、救急隊員、消防士、厚生労働省職員、DMAT、施設職員の方を含む
 ※3 「海外」は海外からの入国者
 ※4 旅客輸送にはバス運転手およびガイド、タクシーおよびハイヤー運転手、鉄道会社職員
 ※5 接客業にはアルバイト、イベント会社勤務も含む
 ※6 院内からは、院内感染者から感染したと思われる方
 ※7 医療からは、医療関係者から感染したと思われる方
 ※8 福祉は介護施設など福祉の業務に関わる方
 ※9 幼・保育園は保育士、幼稚園教諭など幼稚園、保育園、こども園に勤務される方
 ※10 「会社員」など職種があいまいな方、職業が公表されていない方は除く(会社員でも、展示場の説明員のように種に接客をする方もいる)
 図―6 新型コロナ感染者の分類
 
 無職を除くと医療関係者、海外からの入国者、旅客輸送に関わる方、院内感染、接客業が多くなっています。以下に海外から日本に入国された方(中国を除く)の累積の感染者数を示します。
3月に入り増えだした海外からの入国のコロナ感染者
 ※1(5)(6)を集計
 ※2 中国からを除く
 図―7 日本に入国された方(中国を除く)の累積の感染者数

 図に示すように3月以降に増えています。海外での感染が拡大していることの反映と思います。国別はエジプトからが20人で最も多くなっています。エジプトの感染者は累積で256人で、イタリア(感染者41,035人)、イラン(同18,407人)、アメリカ(同14,250人)、ドイツ(同10,999人)、フランス(同10,955人)(4)感染者が一万人を超えている国が複数ある現状では決して多くはありません。WHOが公表している数値以上に感染が進んでいると想定されます。成田空港からアフリカ諸国への直行便があるのはエジプトだけす(17)。それだけ日本と行き来が多い国です。それでたまたま感染がひどいことが分かったともいます。他にも同じような国があるはずです。オリンピックのような世界各地から人が集まるイベントを開けば、多数の潜在的な感染者が入国する可能性があります。
 接客業(店員、飲食店勤務、警備員、イベント会社勤務)が24人です。この方たちは日々、多くの方と接します。この数字は厚生労働省の発表から拾った数字で、報道によればこれ以外にも感染者が見つかっています(18)。実際はもっと多いと思います。従業員のマスク着用を原則禁止しているスーパーチェーン等は(19)感染リスクが高いと思います。
 以下に感染者の年齢分布を示します。
50,60代に多い新型コロナ感染者
 ※1(5)(6)(7)(8)を集計
 ※2 ダイアモンド・プリンセス号および非公表を除く
 図-8 新型コロナの年齢別感染者数

 図に示すように50、60代がピークで、10代以下が少なくなっています。学校の休校は専門家の意見を聞かずに決めたようです(20)。言い換えれば根拠がありません。ところが「専門家会議」のメンバーが、感染している無症状の若者が高齢者に感染させいるとの見解を表明しました(21)。これで、学校を休校にすれば、子供の感染が防止でき、高齢者への感染拡大が防止できるとの「説明」が可能になりました。
 この説で無症状の方が多いとされる10代から30代の無症状感染者は感染者202人中20人(10%)です。40,50代の方は342人中27人(8%)です。10-30代感染者の絶対数が少ないので、若者より中年の無症状感染者の方が感染を広げていると思われます。感染を広げているのは若者よりも中高年です。
 これまでを見ると学校内で感染したと思われる例も無症状の若者から感染した例もありません。北海道以外で10代以下の感染者は20例ありますが、このうち19例が近隣の大人(多くは親)がすでに感染しており、大人から子供への感染と思われます。残り1例は、幼児で幼稚園・保育園に行っていません。
 プリンセスダイアモンド号を除き年齢が公表されている死亡者を集計すると
  50代  1人
  60代  1人
  70代  7人
  80代 15人
  90代 4人
で、すべてが50代以上で、70代以上の方が多くなくなっています。なお50代の死亡者が癌の基礎疾患がありました(22)。

 以下に都道府県別の感染者数を示します。
北海道が多い新型コロナ感染者
 ※1(5)(6)(7)(8)を集計
 ※2 海外在住感染者(入国後に感染確認を除く)
 図-9 新型コロナの都道府県感染者数

 図に示すとおり北海道が129人で、人口が多い東京や大阪を押さえトップです。他に北海道に旅行された方4人から感染が見つかっています。
 以下に都道府県別の感染率を示します。
北海道が高い新型コロナ感染率
 ※1(5)(6)(7)(8)を集計
 ※2 各都道府県の人口は(23)による。
 図-10 都道府県別新型コロナ感染率

 北海道がトップです。北海道への旅行者4人も感染していること考慮すると北海道は最も感染がひどいと思われます。
 新型コロナに感染しているか否か検査は遺伝子を調べるPCR検査で行われます(24)。こうした状況を受けてと思いますが、安倍で戻り内閣はPCR検査を強化し、1日当たり件ができるようにすると発表しました。
 3月10日以降に厚生労働省は2月18日以降の累積のPCR検査数を発表しています(6)。以下に推移を示します。
直線で推移するPCR累積検査数
 ※(6)を集計
 図―11 累積のPCR検査数(2月18日以降)

 図に示すように直線的に推移して検査のペースが上がっていません。2月18日以降の累積の検査数は1日当たりの検査数は
  2月18日から3月 8日 1,111件(18日間で21,174件実施)
  3月 9日から3月18日 1,545件(10日間で15,449件実施
で、8日間で12,038件で、一日当たりでは1,505件(12,038÷8)で、安倍で戻り内閣ができるとする一日当たり6,000件(25)の4分の1です。そしてPCR検査は足りていません。
 新潟県新潟市は濃厚接触者数と濃厚接触者に対してのPCR検査数を発表しています(25)。以下に推移を示します。
brg200321j.gif
 ※(26)を集計
 図―12 濃厚接触者数とPCR検査数(対濃厚接触者、新潟市)

 図に示すように濃厚接触者に対して検査が全く追いついていません。3月18日時点で
  濃厚接触者数 累積843人
  検査件数   累積344人(対濃厚接触)
で、検査できたのは4割程度です(26)。多くの濃厚接触者が検査を受けられずに放置されています。
 

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 新型コロナ対策には、個人レベルでできる対策と国などの行政でしかできない対策がります。個人レベルの対策は手洗、咳エチケット、不要不急の外出自粛など(27)感染しない、感染させない努力だと思います。国レベルの対策は、市中の感染者を少なくし社会全体の感染リスクを下げること、万が一に感染しても適切な医療を行う社会体制を堅持することだと思います。必要な検査を早急に実施し、感染者を早く見つけ重症化しないうちに医療を提供するのも、大切です。WHOは検査の徹底を呼び掛けています(28)。ところが、図―11に示すように必要な検査ができていません。これについてはいろいろな憶測があるようです(29)(30)。今、コロナ不況とのいる状況です(31)。経済対策が検討されているようですが(32)、最大の対策は感染者を早く見つけ出し、感染リスク下げ、不要不急の外出を自粛をなくすことだと思います。でも、そのようなことはりません。
 安倍出戻り総理は水際対策にこだわり、すでに国内に侵入した新型コロナウイルスへの対策を怠りました(33)(34)。そして感染拡大です。新型コロナの感染拡大を防止するには、国に頼らず一人一人が感染しない行動、させない行動をとるしかないと思います。どのように行動すれば良いかを考えるには現状のデータ分析が必要なだと思いました。そのでこの記事を書くことにしました。週一回程度の更新ができれば良いなと思っています。
 安倍出戻り総理のコロナ対策はいつも出遅れか、見当違いです。こんな方が総理では福島の皆様は不安だと思います。
 福島県鏡石町産米の全量・全袋検査数は13万件超です(35)。同町は人口1万人台の町(36)、なので町民が食べるには充分な量です。福島のお米はおいしいとの事です(37)。福島県は福島産米は「安全」だと主張しています(38)。でも、福島県鏡石町のスーパーのチラシには福島産米はありません。
他県産はあっても福島産米が無い福島県鏡石町のスーパーのチラシ
 ※(39)を引用
 図―13 福島産米が無い福島県鏡石町のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県鏡石町の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)爆発的な感染拡大のおそれも 対策の徹底を 政府専門家会議提言 | NHKニュース
(2)福島民友新聞社 みんゆうNet -福島県のニュース・スポーツ-
(3)新型コロナウイルスに関連した患者等の発生について(3月20日公表分)
(4)>新型コロナウイルス感染症の現在の状況について(令和2年3月20日版)
(5)報道発表資料 2020年2月 |厚生労働省
(6)報道発表資料 2020年3月 |厚生労働省
(7)和歌山県における新型コロナウイルス感染症発生状況 | 和歌山県
(8)新型コロナ:道内の発生状況 | 保健福祉部健康安全局地域保健課
(9)新型コロナウイルスに関連した肺炎の患者の発生について(6例目)
(10)新型コロナウイルス「中国の情報隠蔽」を考えて患者数を予測したら…(現代ビジネス)
(11)「さらに10日間自粛」新型コロナ対策第2弾…リーマン時と比べ桁違いに少ないと指摘する声 2020年3月11日 水曜 午後8:30 FNN プライム
(12)国内のスポーツ・文化イベント、2週間自粛要請へ 首相 [新型肺炎・コロナウイルス]:朝日新聞デジタル
(13)首相、全小中高の臨時休校要請へ 3月2日から、学校で混乱も | 共同通信
(14)指数関数 - Wikipedia
(15)日本における2009年新型インフルエンザ - Wikipedia
(16)福島県感染症発生動向調査報告 - 福島県ホームページ平成22年[1.21MB]
(17)成田国際空港 - Wikipedia
(18)イオン、大宮の従業員がコロナ感染  :日本経済新聞 
(19)イオンが従業員の「マスク着用原則禁止」通達で物議 他の接客業ではどうしてる? - FNN.jpプライムオンライン
(20)安倍首相、意見聞かず休校要請を独断…答弁は丸投げ - 社会 : 日刊スポーツ
(21)若者の外出抑制 札幌市が要請へ:どうしん電子版(北海道新聞)
(22)「コロナばらまく」感染男性が死亡 愛知・蒲郡  :日本経済新聞
(23)>都道府県の人口一覧 - Wikipedia
(24)>新型コロナウイルスに関するQ&A(医療機関・検査機関の方向け)|厚生労働省
(25)令和2年3月14日 安倍内閣総理大臣記者会見 | 令和2年 | 総理の演説・記者会見など | ニュース | 首相官邸ホームページ
(26)新型コロナウイルス感染症について 新潟市
(27)新型コロナウイルス感染症患者の発生について(令和2年3月20日)(PDF:251KB)
(28)東京都感染症情報センター » 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報 
(29)WHO事務局長「検査徹底を」 新型コロナ感染食い止め (写真=ロイター) :日本経済新聞
(30)首相と五輪とウイルス|【西日本新聞ニュース】 
(31)東京新聞:<新型コロナ>PCR検査、日本2万件 なぜ増えない? 高齢者ら受診優先 医療崩壊を回避:政治(TOKYO Web) 
(32)コロナ不況 長期戦にらんだ対策必要|【西日本新聞ニュース】
(33)コロナ経済対策は消費税減税より現金給付~マイナンバーの活用を - 森信茂樹|論座 - 朝日新聞社の言論サイト
(34)>湖北省縛りでいいのか? 日本の入国制限は緩すぎる 新型コロナウイルスの感染拡大を深刻化させた一党独裁体制(1/4) | JBpress(Japan Business Press)
(35)めげ猫「タマ」の日記 新型コロナ大流行を許した安部で戻り総理
(36)ふくしまの恵み
(37)鏡石町公式ホームページ[福島県]
(38)食の宝庫ふくしま | ふくしま満天堂(ふくしまプライド。)
(39)全量全袋検査に関するよくある質問 - 福島県ホームページ
(40)鏡石店 ? イオンスーパーセンター公式ウェブサイト
スポンサーサイト



  1. 2020/03/21(土) 19:40:34|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<浪江町の帰還は低調、特急「ひたち」復活も効果なし | ホーム | 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(3月20日発表)―福島産ブリは166件連続ND、隣県からはセシウム―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/3210-426d9d3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)