FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島第一汚染水海洋放出、有効な風評被害対策は無理

 福島第一原発にたまり続ける汚染水について、国は福島で処分方法について意見を聞く会を開いました。この中で「風評被害対策」を求める意見がでました(1)。でも、福島のモモは日本最大の産地である山梨産に対し9シーズン連続で安値が続いており(2)、安倍出戻り総理が「風評被害」と呼ぶ福島産離れの(3)解消はできていません。通常の原発から放出されるトリチウムは、水が中性子を吸収してできたものであるのに対し(4)、福島第一原発のトリチウムは核分裂によってできたものです(5)。
 福島第一では地下水が山から流れて来て、原子炉やタービン建屋(以下建屋と略す)に流入しています。あるいは海までに達しています。原子炉建屋にデブリ等がむき出しで放置されています。デブリ等に触れた水は放射能に汚染されます(6)。汚染されれば海に流せないので、これを汲みあげ浄化装置を通した後で海に流しています。ただし全ての放射性物質が浄化できる訳ではありません。東京電力はトリチウムは浄化できないとしています(7)。以下に福島第一汚染水のトリチウム濃度を示します。  
100万(Bq/l)程度で推移する福島第一汚染水のトリチウム濃度
 ※(8)(9)にて作成
 図―1 福島第一汚染水のトリチウム濃度

 図に示す様に最新では1リットル当たり100万ベクレル程度です。国の排水基準は1リットル当たり6万ベクレルですので(10)、20倍弱です。このままでは、海に流せないので東京電力は福島第一構内に汚染水タンクを作り保管しています。
どんどん増える福島第一汚染水
 ※(11)(12)を集計
 図―2 どんどん増える福島第一汚染水

 最新の発表(13)を集計すると、東京ドーム一杯分の容積124万立方メートル(14)と同じ124万立方メートルの汚染水が溜まっています。
 福島第一の敷地の広さには限界があり、何時かは行き詰るとの見方があります
 福島第一に保管されている汚染水の総量は東京電力の発表を集計すると
  2019年3月11日時点 1,179,616立方メートル(15)
  2020年1月23日時点 1,236,231立方メートル(13)
です。364日間で56,615立方メートル、1日当たり149立方メートル増えています。
 行き詰まりを避ける為に、経済産業省は「多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会」(以下小委員会と略す)を立ち上げ、処分方法の検討を進めています(16)。
 2018年8月に公聴会を開いたら、汚染水の環境放出に反対する意見が続出しました(17)。
 2019年8月9日開催された小委員会で(18)東京電力は2022年夏には、タンクがいっぱいになるとの資料を提出しました(19)。
3年後に福島第一の汚染水タンクが一杯となるとする東京電力資料
 ※1(19)を引用
 ※2 ALPS処理水は「汚染水」の最終形態(20)
 図―3 2022年夏には、タンクがいっぱいになるとの東京電力資料

 昨年12月23日に開かれた小委員会で、「海洋放出」、「大気放出」または両者の併用の3案に絞り込みました(21)。小委員会は公聴会で反対が多かった「環境放出」を汚染水の処分を結局は選びました。
 そして今年4月に入り、福島県で国は福島で処分方法について意見を聞く会を開いました。この会で、福島第1原発が立地する双葉町長は「実際に1番被害を受けるのは双葉地方の住民だ。国や事業者は住民の不安を真摯に受け止め、理解が得られるよう分かりやすく丁寧に説明してほしい」と強調。同じく立地する大熊町長は「風評被害に対し、原発事故後に得た知見に基づく具体策を打ち出してもらいたい」と注文しました(1)。福島県を中心に隣県に店舗を展開する食品スーパーマーケットチェーンのヨークベニマル(22)に社長は社長は処理水放出を巡り「国や自治体を中心に、生産者、物流、小売りなどのサプライチェーン全体がワンチームになり、水産物の安全性を国民に理解してもらうことが絶対条件」と指摘しました(1)。
 でも、今の国や福島県では、福島産の安全を消費者に理解させることはできません。福島を代表する果物にモモがあります(23
)。
 モモの生産量は山梨が1位で福島は2位です(24)。そこで山梨産と福島産のモモ価格を比べてみました。
 事故後、山梨産比べ大幅に安くなったままの福島のモモ
 ※(25)を集計
 図―4 山梨・福島のモモ価格

 図に示す様に事故後に福島産モモは山梨産に比べ大幅に安くなりました。価格差を見ると
  事故前(2010年) 62円安
  昨年(2018年))189円安
  今年(2019年) 218円安 
で、価格差が元に戻りません。それどころか昨年に比べ価格差が拡大しています。安倍出戻り総理が風評被害と呼ぶ消費者の福島産離れ(3)の解消は容易ではありません。
 多くの原発でトリチウムを放出していますが(26)、通常の原発から放出されるトリチウムは、水が中性子を吸収してできたものであるのに対し(4)、福島第一原発のトリチウムは核分裂によってできたものです(5)。トリチウム以外に核分裂に関連した放射性物質が混じります。東京電力は62種類は取り除けるといっています(6)。ただし、操作を適切にしないと62種類の中にある放射性物質は残ります(27)。さらにいえば62種類以外の放射性物質は取り除けません。たとえばウランは取り除ける62種類の中に入っていません。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
東京電力は飲んでも大丈夫と主張していましが、食べても大丈夫をは言っていません(5)。危険性を指摘する方がいます(28)。(=^・^=)はリファレス(29)に示す通り「安全」とは考えていません。汚染水の環境中の放出について意見を聞いたのは福島からでけです。安倍出戻り内閣は福島からの海洋放出を目指しています(30)(31)。こんな内閣では福島の皆様は不安だと思います。
 福島を代表する果物にイチゴがあります(32)。福島県会津若松市では、今、イチゴ狩りが楽しめます(33)。同市はイチゴの季節です。同市辺りのイチゴは身の詰まったしっかりした食感で、食べると果汁が溢れます(34)。福島県は福島産イチゴは「安全」だと主張しています(35)。でも、福島県会津若松市のスーパーのチラシには福島産イチゴはありません。
他県産はあっても福島産イチゴが無い福島県会津若松市のスーパーのチラシ
 ※(36)を引用
 図-5 福島産イチゴが無い福島県会津若松市のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県会津若松市の皆様を見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)風評対策強化を」 原発処理水巡り周辺町長ら  :日本経済新聞
(2)めげ猫「タマ」の日記 福島第一原発汚染水は福島第一から海洋放出?経産省方針
(3)<参院選公示>安倍首相、初日は宮城、福島入り 復興や経済再生などの実績を前面に | 河北新報オンラインニュース
(4)トリチウムについて
(5)福島第一原子力発電所でのトリチウムについて 平成25年2月28日 東京電力株式会社
(6)多核種除去設備 (ALPS)|東京電力
(7)汚染水対策の状況 - 廃炉プロジェクト|廃炉作業の状況|東京電力ホールディングス株式会社
(8)福島第一原子力発電所周辺の放射性物質の分析結果|アーカイブ|東京電力中の「水処理設備の分析結果⇒水処理設備の放射能濃度測定結果 」
(9)福島第一原子力発電所周辺の放射性物質の分析結果アーカイブ|データ|東京電力ホールディングス株式会社の「水処理設備の分析結果」
(10)周辺の分析結果ー分析結果 - 廃炉プロジェクト|データ|東京電力ホールディングス株式会社
(11)プレスリリース|リリース・お知らせ一覧|東京電力ホールディングス株式会社ちゅの「福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び処理の状況について」
(12)福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び処理の状況について - 廃炉プロジェクト|公表資料|東京電力ホールディングス株式会社
(13)2020年のアーカイブ|公表資料|東京電力ホールディングス株式会社⇒4月⇒ 13日
(14)東京ドーム (単位) - Wikipedia
(15)2019年のアーカイブ|公表資料|東京電力ホールディングス株式会社⇒4月⇒ 15日
(16)福島第一原子力発電所における汚染水対策 (METI/経済産業省)
(17)多核種除去設備等処理水の取扱いに係る説明・公聴会 (METI/経済産業省)
(18)多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会(第13回)‐配布資料(METI/経済産業省)
(19)(18)中の多核種除去設備等処理水の貯留の見通し
(20)汚染水の浄化処理 - 廃炉プロジェクト|廃炉作業の状況|東京電力ホールディングス株式会社
(21)多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会(第16回)‐配布資料(METI/経済産業省)資料4 多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会 取りまとめ(案)(PDF形式:2,109KB)
(22)ヨークベニマル - Wikipedia
(23)くだもの図鑑 – くだもの消費拡大委員会
(24)もも(モモ・桃)の都道府県別生産量(収穫量)/グラフ/地図/一覧表|統
(25)東京都中央卸売市場-統計情報検索各年7月について、大分類⇒果実、中分類⇒もも類で検索
(26)<参考資料>トリチウム 日本の発電用原子炉トリチウム放出量 (2002年~2011年度)
(27)ALPS処理水、ヨウ素129などトリチウム以外核種の残留~「説明・公聴会」の前提は崩れた | FoE Japa
(28)DNAの中にまで入り込むトリチウムの特別な危険性
(29)めげ猫「タマ」の日記 トリチウムは危険・安全?
(30)処分場所判断は政府 福島県委員「地元の意見反映を」【復興を問う トリチウム水の行方】(上) | 福島民報
(31)県民の思い「福島ありき」に反発【復興を問う トリチウム水の行方】(下) | 福島民報
(32)冬 | ふくしまの果物 | JA全農福島
(33)フルーツランド北会津
(34)いちご | JA会津よつば
(35)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(36)アピタ会津若松店│「イイこと、プラス。」 アピタ・ピアゴ
スポンサーサイト



  1. 2020/04/16(木) 19:55:14|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新型コロナまとめ(4月17日)―全国に緊急事態宣言― | ホーム | 大熊町、避難指示解除1年、住民は戻らず>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/3234-842fc287
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)