FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

新型コロナまとめ(4月17日)―全国に緊急事態宣言―

 新型コロナウイルスの感染が拡大しています。そして7都府県に出ていた緊急事態宣言が全国に拡大されました(1)。
緊急事態宣言を日本全域になった事を報じる福島県の地方紙・福島民報
 ※(2)を4月17日に閲覧
 図―1 新型コロナ・緊急事態宣言を報じる福島県の地方紙・福島民報
 新型コロナの感染が拡大しています。以下に累積の国内感染者数を示します。

 4月17日までの厚生労働省は発表(3)(4)(5)(6)を集計しました。
 累積の感染者は
 ①プリンセス・ダイヤモンド 712人(7)
 ②検疫等          141人(チャーター便15、他の検疫126)(7)(8)
 ③他          9,210人
 合計         10,063人
です。一万人を超えました。韓国の感染者は10,635人なので(7)、このペースで行けば韓国を抜いてアジア第二位の感染国にになります。
 以下に累積の感染者の推移を示します。
指数関数的増加が続く新型コロナ感染者
※(3)(4)(5)(6)を集計
 ※ 近似曲線のxは最初の国内感染者が見つかった1月28日(9)からの日数、yは近似値
 図―2 日々の感染者数(国内)

 ウイルス感染は指数関数的に増えるといいますが(10)、指数関数で近似しみると、いまのとこる概ね合っている気がします。指数関数exp(αx)は
 exp(αx)=1+αx+(αx)2÷2+・・・
で近似できますので(11)、y=8.2exp(0.091x)は新規の感染者が1日で9.1%増える事を意味します。8日で倍、16日で4倍、24日で8倍です。ねずみ算的な増加が続いています。このペースで増えていくと、累積の感染者数は4月末には約4万人、緊急事態宣言最終日の5月6日(1)には約7万人になる計算です。
 2009年に豚インフルエンザが大流行しました。日本国内で最初に感染が確認されたのは、2009年5月9日で見つかった高校生3人の感染です(12)。そこで、最初に感染が見つかった日からの累積の感染者数を比較して見ました。
 豚インフルエンザと変わらない新型コロナ感染拡大の勢い
※1(3)(4)(5)(6)(12)を集計
 ※2 「クルーズ船を除く」はダイアモンド・プリンセス号乗員・乗客(だだし下船後は別)を除いた感染者数を集計
 図―3 新型コロナと豚インフルエンザの累積感染者数推移

 図に示すとおり、新型コロナの感染者数は豚インフルエンザの同時期の感染者数を超えています。ダイアモンド・プリンセス号の感染者を除いても同じような勢いです。今のところ、豚インフルエンザと同等の感染の広がりを見せています。
 2009年の豚インフルエンザでは推定585万人が罹患したそうでうす(12)。同じような感染の広がりの可能性があります。以下に福島県の2009/10年のインフルエンザ定点観測数を示します。
年末まで続いた2009年豚インフルエンザの流行
 ※(13)より作成
 図―4 2009/10年のインフルエンザ定点観測数(福島県)

 図に示すように、2007、08年には見られない夏から秋にかけての流行がみられます。豚インフルエンザです。5月に見つかってから、年末でまでおよそ8ヶ月間の流行が続きました。同様に考えるなら、これから10月までの8ヶ月間で、1000万人前後の方が新型コロナに感染する可能性があります。
 以下に日本国内と中国の死亡率の推移を示します。
10%を超えて推移する新型コロナ治療修了者死亡率
 ※1(3)(4)(5)(6)を集計
 図―5 新型コロナの死亡率

 計算方法で大き違いがあります。死者数÷感染者数で死亡率を計算すると3%程度ですが、治療が終わった方(退院と死亡)のうち、死んだ方の割合を計算して
 4月17日正午時点で
   治療終了者 1,160人中死亡148人(12.8%、1万人当たり128人)
です。現在、治療中の方には今後、死亡することもあるので、治療が終わった方で死亡率を計算する方が実態に即していると考えます。
4月15日に厚生労働省のクラスター(感染者の集団)対策班が対策を全く取らない場合、国内では重篤患者が約85万人に上り、半数が亡くなる恐れがあるとの試算を公表しました(14)。単純に計算すれば約43万人が新型コロナで亡くなることになります。図―3に示すように新型コロナの感染拡大の勢いは豚インフルエンザと変わりありません。そこで豚インフルエンザと同じ585万人の感染者が出ると仮定し、死亡率を12.8%とすれば新型コロナによる死者数は約75万人(585万×12.8÷100)と計算できます。43万人の死者数は決してはったりではないと思います。
 以下に都道府県別の感染者数を示します。
人口が多い都道府県で多い新型コロナ感染者
 ※(7)を集計
 図-6 都道府県別の感染者数 

 東京、大阪、神奈川の順です。ただし、これらの都府県は人口が多いので(14)感染者は多いのは当たり前です。重要なのでは感染者数を人口で割った感染率です。さらに言えば、新型コロナの潜伏期間は2週間です(15)。近々2週間の感染率が重要です。以下に人口100万人辺りの感染者数を示します
東京についで高い石川県の新型コロナ感染率
 ※1(6)(7)(14)を集計
 ※2 4月3日までは、4月3日時点の感染率
 ※3 近々2週間は4月3日から17日での新規感染率
 図―7 都道府県別・新型コロナの100万人あたりの感染者数

図に示すように、人口100万人当たりの近々2週間(4月3日正午から4月17日正午発表分)の感染者数は
 1位 東京都 142人
 2位 石川県 113人
 3位 大阪府  80人
で、石川県は東京とそれほど変わりません。

 以下に新型コロナウイルスの感染者の年齢分布を示します。
20代から30代に多い新型コロナ感染者数
 ※1(3)(4)(5)(6)および各自治体の発表を集計
 ※2 各自治体の発表先は(15)を参照
 ※3 ダイアモンド・プリンセス号および非公表を除く
 ※4 4月10日発表文までを集計
 図-8 新型コロナ感染者の年齢分布

 図に示すように20代から50代がピークで、10代以下や60代以降は少なくなっています。20代から50代はいわゆる現役世代で社会的な活動がおおいためでしょうか?新型コロナは若い方に無縁な病気ではありません。
  以下に感染が判明した感染者の分類(判明分)を示します。
医療関係者と接客業に多い新型コロナ感染者
 ※1(3)(4)(5)(6)および各自治体の発表を集計
 ※2 各自治体の発表先は(15)を参照
 ※3 医療関係には医師、看護師、病院勤務の方の他に、病院内施設勤務者、保健所職員等を含む
 ※4 「海外」は海外からの入国者
 ※5 旅客輸送にはバス運転手およびガイド、タクシーおよびハイヤー運転手、鉄道会社職員
 ※6 接客業にはアルバイト、イベント会社勤務、営業、理・美容院関係者も含む
 ※7 院内からは、院内感染者から感染したと思われる方
 ※8 医療からは、医療関係者から感染したと思われる方
 ※9 福祉は介護施設など福祉の業務に関わる方
 ※10 幼・保育園は保育士、幼稚園教諭など幼稚園、保育園、こども園に勤務される方
 ※11 「会社員」など職種があいまいな方、職業が公表されていない方は除く(会社員でも、展示場の説明員のように種に接客をする方もいる)
 図―9 新型コロナ感染者の分類
 
 無職を除くと医療関係者、海外からの入国者、旅客輸送に関わる方、院内感染、接客業が多くなっています。
 以下に感染者中の看護師さんの年齢分布を示します。
20代女性に多い看護師さんの新型コロナ感染者
 ※1(3)(4)(5)(6)および各自治体の発表を集計
 ※2 各自治体の発表先は(15)を参照
 図―10 看護師感染者の年齢分布

 図に示すように20代、特に女性で多くなっています。以下に看護師さんの年齢分布を示します。
30代、40代に比べ少ない20代の看護師さん
 ※(16)を引用
 図―11 看護師さんの年齢分布

 看護師さんで見れば、20代の方が多いわけではありません。20代(特に女性)の感染リスクは他の年代の医療関係者より高そうです。なお、各自治体の発表を見る限りすべての看護師さんの感染が発表されているわけではありません。たとえば、感染者の職業を発表しない自治体もありますし、発表しても「医療関係者」なんで発表されるところもあります。感染の一部を集計しているにすぎません。だだし、相対値としては目安になるはずです。
 以下に陽性判明者のうち入院を待機してる方の人数を示します。
急に増えた出した新型コロナ待機者数
 ※(3)(4)(5)(6)
 図―12 入院待機者人数

 4月4日くらいから急に増えています。医療崩壊が始まっています。


<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 若い看護師さんには感染予防に務めて欲しいと思います。安倍出戻り総理には医療従事者の感染を防ぐ施策をして欲しいと思います。医療現場でもマスク不足が続いています(20)。3月にはマスクは月産6億枚になるそうです(21)。国民全体の需要を満たすことはできなくても、医療関係者などマスクの必要性が高い方の需要を満たせるはずです。でも、その様子はありません。先週に緊急事態宣言した時は一か月後に感染者が8万人になると発表しました(22)。図―2に示す近似式で計算すると約7万人なるのでそこそこ正しい数字です。4月13日には40万人超の死者が出ると発表しました(14)。これを、根拠がある数字であるこは本文記載の通りです。この数字を出した目的は危機感をあおり「自粛」を呼びかけることだと思います。ただし、あまりに小出しです。もっと以前に分かっていたはずです。数字を追いかければ容易に計算でます。安倍出戻り総理の新型コロナ対策について「十分な補償もインセンティブも、それどころか客観的で信頼できる情報やデータさえ満足に得られぬままで、一方政府は熱心に『自粛』要請を繰り返す。」との評価があります。安倍で戻り総理では国レベルの有効な対策は期待できません。新型コロナの感染拡大を防止するには、国に頼らず一人一人が感染しない行動、させない行動をとるしかないと思います。そのためにはデータ分析が必要なだと思いました。そのでこの記事を書くことにしました。週一回程度の更新ができれば良いなと思っています。
 安倍出戻り総理には有効な新型コロナ対策は期待できません。こんな方が総理では福島の皆様は不安だと思います。  
 福島県に水揚げされる魚のなかで、年間の水揚げ額が最も高いのがカツオです。福島県の小名浜港は全国主要43港のなかでも水揚げ額で上位を誇ります。福島のかつおは季節に応じて味の変化が楽しめるのが魅力です(23)。福島県は福島のカツオは「安全」だと主張しています(24)。でも、福島県いわき市小名浜のスーパーのチラシには福島産カツオはありません。
他県産があっても福島産カツオが無い福島県いわき市小名浜のスーパーのチラシ
 ※(25)を引用
 図―13 福島産カツオが無いいわき市小名浜のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県いわき市の皆様を見習い福島産は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)令和2年4月7日 新型コロナウイルス感染症対策本部(第27回) | 令和2年 | 総理の一日 | ニュース | 首相官邸ホームページ
(2)福島民報社
(3)報道発表資料 2020年1月
(4)報道発表資料 2020年2月 |厚生労働省
(5)報道発表資料 2020年3月 |厚生労働省
(6)報道発表資料 2020年4月 |厚生労働省
(7)新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年4月17日版)
(8)新型コロナウイルス感染症の無症状病原体保有者の発生について
(9)新型コロナウイルスに関連した肺炎の患者の発生について(6例目)
(10)在米医学博士が警告。指数関数的に増えるウイルスの驚くべき怖さ - まぐまぐニュース!
(11)指数関数 - Wikipedia
(12)日本における2009年新型インフルエンザ - Wikipedia
(13)福島県感染症発生動向調査報告 - 福島県ホームページ平成22年[1.21MB]
(14)「対策ゼロなら40万人死亡」 厚労省クラスター対策班 (写真=共同) :日本経済新聞
(15)都道府県の人口一覧 - Wikipedia 
(16)新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)|厚生労働省
(17)めげ猫「タマ」の日記 コロナURL
(18)看護職員の現状と推移 - 厚生労働省
(19)「マスク、週1枚のみ」「ホテルにあるのに、医療現場にない?」、悲痛な訴え|医療維新 - m3.comの医療コラム
(20)マスク、3月に「月産6億枚」へ。菅官房長官が会見 - トラベル Watch
(21)「東京、このままなら1カ月後に8万人感染」首相が会見 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル
(22)小名浜のカツオ|福島県|全国のプライドフィッシュ|プライドフィッシュ
(23)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ海産魚介編 [PDFファイル/183KB]
(24)小名浜店 | お店を探す | ヨークベニマル
スポンサーサイト



  1. 2020/04/18(土) 19:49:24|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<子供が戻らない浪江町、特急「ひたち」復活も効果なし | ホーム | 福島第一汚染水海洋放出、有効な風評被害対策は無理>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/3235-974983c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)