めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

原発再稼働キャンペーン!NHK(今度は全国放送)

 昨日(5月19日)に放送されたNHKスペシャルを見ていたら、まるで原発再稼働PR番組でした(1)。番組の内容は福島の事故を受け、安全対策を検討した国のうち、原発をしばらく停止しないとした、アメリカとスイスについて
「、「米国でも起きうるか?」を検証。政府が「原発推進」を掲げる中、今も、安全対策・規制を巡って激しい議論を戦わせている。」この結果、アメリカは原発を中止はしていません(同番組より)「EU各国も緊急の“シビアアクシデント対策”に乗り出している。スイスは「フクシマの教訓」というリポートをいち早く公表し、事故から1年も経たない内に数々の“安全対策”を実行している。」番組では、スイスの原発は適切な対策をとれば安全に運転できるとの内容を放送したと、安全対策を含めると将来はコストが合わなくなるので、やめるなんて報道がありました。
 でも、原発の再稼働を国民投票で決めたイタリアや、積極的に脱原発をを進めているドイツにはまったく触れられていませんでした(2)。でも、アメリカとスイスの対応をとって、まるで世界の対応のようでした。
 どうも、番組の結論は
  安全対策をとれば安全だ!
と主張しています。そして、四国電力の伊方発電所について
  国の安全基準を超える安全対策を実施している
とナレーションし、まるで安全な原発のように言っています。でも伊方発電所は、国の安全審査も終わっていません。

<余談>
 NHKは、前日の5月18日にも新潟ローカルで、柏崎刈羽原発の再起動キャンペーンを実施しています(3)。まったく、むちゃくちゃです。

原発再稼働にはいろいろな意見があると思います。
  ①福島で事故は起こったが、この経験を取り入れ、原発はより安全になるので、再稼働しても問題ない。電力不足を考えても再稼働すべき!
  ②経済性を優先し安全を軽視したら事故が起こった。安全性を過去に軽視した国や電力会社が急に安全最優先にするとは考え難い!原発は再稼働すべきでない!
  ③原発は巨大システムで人知を超えた存在である。いくら安全に注意しても事故防ぐことはできない。だから原発は再稼働すべきでない!
 どれも正論だと思います。でも相容れないのも事実です。その一つの①が正しいように報道するNHKはおかしいと(=^・^=)は思います。
 NHKは存在意義を「いつでも、どこでも、誰にでも、確かな情報や豊かな文化を分け隔てなく伝える」ためと言っていますが、福島原発の報道を見ると、その機能を失っていると思います。NHKが存在する意義は今の日本にはないと思います。東京電力の放射性ばら撒き事件のNHKの報道を見ていると、事実を伝えるよりも、「安心」を「宣伝」するとしか思えません。NHKは存在意義を失っています。
 NHKの最重要課題はNHKを守ることだと思います。NHKが存在できるのは法律(放送法)で受信料をとることが認められているからです。お国の機嫌を損ね、放送法を改正されたらNHKは生きて行けません。当然ながらお国にスリスリすると思います。
 「いつでも、どこでも、政治にスリスリ」
がNHKの本音だったりして・・・


―参考にしたサイト様―
(1)NHKスペシャル|シリーズ東日本大震災原発の安全とは何か ~模索する世界と日本~(有料)
(2)原子力撤廃 - Wikipedia
(3)http://mekenekotama.blog38.fc2.com/blog-entry-322.html
スポンサーサイト
  1. 2012/05/20(日) 19:49:46|
  2. -
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<食品中の放射性セシウム検査のまとめ(5月第3週) | ホーム | 5月3週もトラブル!福島原発―でもニュースにならない―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/324-6f44ac50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【原発再稼働キャンペーン!NHK(今度は全国放送)】

 昨日(5月19日)に放送されたNHKスペシャルを見ていたら、まるで原発再稼働PR番組でした(1)。番組の内容は福島の事故を受け、安全対策を検討した国のうち、原発をしばらく停止しないとした、アメリカとスイスについて「、「米国でも起きうるか?」を検証。政...
  1. 2012/05/20(日) 20:29:24 |
  2. まとめwoネタ速neo