fc2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島県二本松市女性の葬式が36.5%増(2019年度)

 福島県二本松市の女性の死者数は、福島県の発表(1)を集計すると
  事故前(2009年度)296人
  昨年度(2019年度)404人
で、事故前に比べ36.5%増えています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら0.004%でした。一方で、福島県内では比較的放射能汚染が少ない東白川郡の女性では
  事故前(2009年度)249人
  昨年度(2019年度)248人
で、殆ど変りません。
 福島県二本松市は福島県の中央部にある市です。以下に示します。
事故10年目も汚染されている福島 凡例
 ※1 (2)にて作成
 ※2 避難地域は(3)による。
 図―1 福島県二本松市と東白川郡

 図に示す通り、福島では国が除染が必要だとする国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトに(4)に近い0.2マイクロシーベルトを超えた地域が広がっています。事故10年目ですが、同市は汚染されたままです。
 同市でも「除染」が行われました(5)。放射性物質はなにもしなくても時間と共に減っていきます。その減り方は「半減期」で計算できます(6)。以下に福島県二本松市の放射性物質の量と、半減期で計算される予想量を示します。 
 半減期でしか減らない二本松市のセシウム
 ※元データおよび計算方法は(7)による。
 図―2 半減期でしか減らない福島のセシウム(福島県二本松市)

 図に示しように自然に減る分でしかセシウムは減っていません。除染はほとんど効果をあげていません。
 福島県県民健康管理調査基本調査(以下、基本調査と略す)では福島原発事故後4ヵ月間の被ばく線量を推計しています(8)。これを元に1ミリシーベルト以上の被ばくをした方は90%(13,602人中12,284人)です。これは飯舘村の92%ついで2位ですが、同村は2011年6月22日までにほぼ全村民が避難しています(9)。二本松市は避難しなかった市町村では最も汚染が酷い市です。以下に同市の各年度(4月から翌年3月)までの女性の葬式数を示します。
事故後に増えた二本松市女性の葬式
 ※(1)を各年1年間で集計
 図―3 福島県二本松市女性の葬式数

 図に示す様に事故があった2010年年度以降に増えています。そして今年も年も戻っていません。数値を記載すると
  事故前(2009年度)296人
  昨年度(2019年度)404人
で、事故前に比べ36.5%増えています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら0.004%でした。以下に偶然に起こる確率の計算結果を示します。

 表―1 偶然に起こる確率の計算結果
 ※計算方法は(=^・^=)の過去の記事(10)による。
有意差検定表

 さらには同市女性の平均寿命は
  事故前の2010年は87.1歳(11)
  事故後の2015年は86.7歳(12)
で、短くなっています。
 図―1に示す通り東白川郡は福島県内では汚染がマシな場所です。基本調査(8)によると1ミリ以上被ばくした方は1%です。以下に各年度毎の東白川郡・女性の葬式数を示します。
事故後も増えていない東白川郡女性の葬式
 ※(1)を各年1年間で集計
 図―4 東白川郡女性の葬式数

 図に示す通り事故後も増えていません。数値を記載すると
  事故前(2009年度)249人
  昨年度(2019年度)248人
で、殆ど変りません。
 避難しなかかった市町村では最も汚染が酷い福島県二本松市女性の昨年度(2019年度)の葬式は36.5%増えましたが、福島では比較的汚染がマシな東白川郡の女性の葬式は増えていません。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 事故10年目ですが、多くの福島の皆様も不安だと思います。
 福島を代表する野菜にアスパラガスがあります(13)。4月に入りシーズンです。福島のアスパラガスは瑞々しく味が濃く食べた人を驚かせるそうです(14)。福島県は福島産アスパラガスは「安全」だと主張しています。でも、福島県いわき市のスーパーのチラシには福島産アスパラガスはありません。
他県産はあっても福島産アスパラガスが無い福島県いわき市のスーパーのチラシ
 ※(15)を引用
 図―5 福島産アスパラガスが無い福島県いわき市のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県いわき市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)福島県の推計人口(令和2年4月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(2)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(令和元年8月29日~11月2日測定)PDF
(3)避難区域の変遷について-解説- - 福島県ホームページ
(4)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(5)福島県 二本松市|除染実施区域(市町村除染)の概要・進捗|除染情報サイト:福島県・環境省
(6)半減期 - Wikipedia
(7)めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、放射線副読本(平成30年10月改訂)―その17「除染で放射線量が下がった。除染の効果は殆どなかった」
(8)第31回福島県「県民健康調査」検討委員会(平成30年6月18日)について - 福島県ホームページ中の第31回福島県「県民健康調査」検討委員会(平成30年6月18日)について - 福島県ホームページ
(9)飯舘村 - Wikipedia
(10)めげ猫「タマ」の日記 福島Q&A Q18.統計的な差ってなんですか?
(11)平成22年市区町村別生命表の概況|厚生労働省
(12)平成27年市区町村別生命表の概況|厚生労働省
(13)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(14)あいづ食の陣ホームページ
(15)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(16)4月30日(木)まで♦市場直送「長崎県産アスパラ」 - 新鮮安い食品スーパーマルト
スポンサーサイト



  1. 2020/04/29(水) 19:49:19|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<緊急事態宣言、1ヵ月延長、見えない安倍の出口戦略 | ホーム | 3年度連続で女の子が多く生まれる福島県伊達市>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/3242-22a9c07d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)