FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

新型コロナまとめ(5月29日)―緊急事態宣言全解除、再爆発の可能性は?―

 安倍出戻り総理は5月25日に会見を開き「緊急事態宣言」をすべてで解除すると発表しました(1)。そして段階的な自粛緩和が始まりました(2)。北海道は法にもとづかない独自の緊急事態宣言を出しましたが、その後に解除しました(3)。そして、一度は収まった新規感染者数が再び増えました。同じことが起こりそうです。
 新型コロナの5月29日までの厚生労働省等の発表(4)(5)(6)(7)を集計しました。
 新型コロナの累積の感染者は
 ①プリンセス・ダイヤモンド 712人(8)
 ②検疫等          187人(チャーター便15、空港検疫172)(9)
 ③他         16,532人(9)
 合計         17,431人
です。韓国の感染者は11,344人なので(8)、韓国を抜いてアジア第二位の感染国です。
 以下に日本、韓国、台湾の累積の感染者数を示します。
韓国・台湾に比べ多い日本の新型コロナ感染者数
※(4)(5)(6)(7)(8)を集計
 図―1 累積の感染者数

 韓国は一時は日本を上回っていましたが、その後に抑制に成功しています。台湾は感染者が増えていません。安倍出戻り総理は5月25日の会見で「人口当たりの感染者数や死亡者数を、G7、主要先進国の中でも、圧倒的に少なく抑え込むことができています。」と言っていますが(1)、東アジアでみれば最低ランクです。彼の新型コロナ対策は韓国以下です。 
 2009年に豚インフルエンザが大流行しました。日本国内で最初に感染が確認されたのは、2009年5月9日で見つかった高校生3人の感染です(10)。そこで、最初に感染が見つかった日からの累積の感染者数を比較して見ました。
豚インフルと同じ新型コロナの感染拡大の勢い
 ※1(4)(5)(6)(7)(8)(10)を集計
 ※2 「クルーズ船を除く」はダイアモンド・プリンセス号乗員・乗客(だだし下船後は別)を除いた感染者数を集計
 図―2 新型コロナと豚インフルエンザの累積感染者数推移

 図に示すとおり、新型コロナの感染者数は豚インフルエンザの同時期の感染者数を超えています。ダイアモンド・プリンセス号の感染者を除いても同じような勢いです。豚インフルエンザと同等の感染の広がりを見せています。
 2009年の豚インフルエンザでは推定585万人が罹患したそうでうす(10)。同様に考えるなら、これから1000万人前後の方が新型コロナに感染する可能性があります。
 以下に日本国内の致死率の推移を示します。
5%を超える新型コロナの致死率
 ※(4)(5)(6)(7)(8)を集計
 図―4 新型コロナの致死率

 母数を治療完了者(退院と死亡)でみるか感染者数でみるかで当初は大きく違いましたが、このところ数値が近づいています。母数を治療修了者でみると早期に亡くなった方(極端な場合は感染が確認されてた時にはすでに死亡していた)などもカウントし、実態より高く出ます。一方で、感染者で計算すると今後は死ぬねあろう方を生きていると計算するので、実態より低くでます。両社の数字が近づいてきたので、致死率が明らかになった気がします。治療が終わった方(退院と死亡)のうち、死んだ方の割合を計算して
 5月22日正午時点で
   治療終了者 14,147人中死亡867人(5.8%)
です。
 豚インフルエンザと同じ585万人の感染者が出ると仮定し、致死率を5.8%とすれば新型コロナによる死者数は約34万人(585万×5.8÷100)と計算できます。
 安倍出戻り総理は4月7日に会見を開き、4月8日より「緊急事態宣言」を発令すると発表しました(11)。以下に新型コロナを示します。
 4月中旬より減少した新型コロナ新規感染者
※(4)(5)(6)(7)(8)を集計
 図―5 新型コロナの1日当たりの新規感染者数

 図に示し通り、4月中旬からは減少に転じました。そして、5月25日に会見で「緊急事態宣言」を全てで解除すると発表しました(1)。この流れで順次の自粛緩和がおこなわれています(2)。
 緊急事態宣言解除を報じる福島県の地方紙・福島民報
※(12)を5月15日に閲覧
 図―6 緊急事態宣言解除を報じる福島県の地方紙・福島民報

北海道は法に基づかない独自の緊急事態宣言を出しましたが(13)、その後に解除しました(3)。以下に北海道の1日当たりの新規感染者数を示します。
独自の緊急事態宣言解除後に増えた北海道の新規感染者
 ※1(14)を集計
 ※2 緊急事態宣言発令日は(13)、解除日は(3)による。
 図―7 北海道の1日当たりの新規感染者数

 図に示すように「緊急事態宣言」を出した後で新規感染者数が減りましたが、解除後に再び増加に転じました。図―5に示すように緊急事態宣言の効果と思いますが、新規の感染者数は減少しています。でも、解除で生活が元に戻れば再び、増加に転じます。
 以下に緊急事態宣言が5月14日に先行で解除された39県(以下単に39県と略す)と後に解除された8府県(以下8府県)(15)の累積の感染者数を示します。
4月上旬までは指数関数的に増えていた新型コロナ感染者
 ※1(4)(5)(6)(7)(8)を集計
 ※2 点線は指数近似(4月8日以前)
 ※3 39県および8府県は(15)による。
 図―8 累積感染者推移

 緊急事態宣言が発令される4月8日(13)以前は指数関数的な増加していました。4月8日以前のデータを指数関数で近似すると両者共に1日で約10%、1週間で倍、2週で4倍に増えています。緊急事態宣言発令前は指数関数(ねずみ算)的(16)増加が続いていました。増加ペースが元に戻れば、北海道と同様に再び感染が拡大します。
 当初新型コロナウイルス感染症の潜伏期間が1-14日程度と報告されています(17)。2週間前と比較するとトレンドが分かります。近々1週間(5月22日から29日)の39県の新規感染者数は厚生労働省の発表(7)を集計すると38人です。2週間前の5月9日から15日の一週間の新規感染者数は71人です。すると近々1週間の感染者数は2週間前の96%(38÷71×100になります。以下に推移を示します。
新規感染者の減少幅がへりつつある39県
 ※1(4)(5)(6)(7)(8)を集計
 ※2 39県および8府県は(15)による。
 図―9 二週間前に対する新規感染者の割合(週平均)

 遅れて緊急事態宣言が解除された8都府県では減少傾向が続いていますが、先行して解除された39県では上昇に転じています。今のところ新規感染者数は減少は続いていますが、減少幅は小さくなっています。このままいけば再び増加に転じます。「自粛」が緩んだようです。再度の感染拡大の兆候があります。これは遅れて解除された8都府県も同じです。
 以下に新型コロナウイルスの感染者の年齢分布を示します。
20から50代に多く、10代以下が少ない新型コロナ感染者
 ※1(4)(5)(6)(7)(8)および各自治体の発表を集計
 ※2 各自治体の発表先は(18)を参照
 ※3 ダイアモンド・プリンセス号および非公表を除く、集計漏れの可能性あり
 ※4 5月22日発表文までを集計
 図-10 新型コロナ感染者の年齢分布

 図に示すように20代から50代がピークで、10代以下や60代以降は少なくなっています。20代から50代はいわゆる現役世代で社会的な活動が多いためでしょうか?新型コロナは若い方に無縁な病気ではありません。だたし、10代以下の感染者数は他の年代に比べ大幅に少なくなっています。2月末の安倍出戻り総理の科学的根拠にに基づかない休校要請から(19)、3か月近く学校は休校中です。6月1日から再開するようです(20)。再開しても子供達にはそれほどのリスクはないようです。
  以下に感染が判明した感染者の分類(判明分)を示します。
医療、接客、院内感染が多い新型コロナ感染者
 ※1(5)(6)(7)(8)および各自治体の発表を集計
 ※2 各自治体の発表先は(18)を参照
 ※3 医療従事者には医師、看護師、病院勤務の方の他に、病院内勤務者、病院内施設勤務者、保健所職員等を含む
 ※4 「海外」は海外からの入国者
 ※5 旅客輸送にはバス運転手およびガイド、タクシーおよびハイヤー運転手、鉄道会社職員
 ※6 接客業にはアルバイト、イベント会社勤務、営業、理・美容院関係者も含む。たとえば、島根県内の飲食店でバイトしていた女子高校生(21)は、「接客」に分類しました。
 ※7 院内からは、院内感染者から感染したと思われる方
 ※8 医療からは、医療関係者から感染したと思われる方
 ※9 福祉は介護施設など福祉の業務に関わる方
 ※10 幼・保育園は保育士、幼稚園教諭など幼稚園、保育園、こども園に勤務される方
 ※11 「会社員」など職種があいまいな方、職業が公表されていない方は除く(会社員でも、展示場の説明員のように種に接客をする方もいる)
 図―11 新型コロナ感染者の分類
 
 無職を除くと医療関係者・院内感染、接客業が多くなっています。医療機関や接客が行われる場所(例えばお店のレジ、役所の窓口、キャバ嬢)は感染リスクが高い場所です。
 もう一つ、満員電車などの公共交通機関が気になります。各自治体の発表を見る限り(18)、公共交通機関が起点となったクラスター(5人以上の集団感染)(22)を知りません。以下に1世帯当たりの自家用車保有台数と新型コロナ感染率の相関を示します。
世帯当たりの自家用車保有台数が少ないほど高い新型コロナ感染率
 ※1 感染率は都道府県別感染者数(8)と人口(23)より(=^・^=)が計算
 ※2 1世帯当たりの自家用車保有台数は(24)による
 図―12 1世帯当たりの自家用車保有台数と新型コロナ感染率

 図に示すように1世帯当たりの自家用車保有台数が少ない都道府県ほど新型コロナ感染率が高い傾向になります。この傾向は北陸3県(富山、石川、福井)を(25)除くとこの傾向は顕著です。自家用車が無ければ移動は公共交通機関を利用することになります。公共交通機関はそれなりにリスクがあります。
 緊急事態宣言解除とともに「自粛」がゆるみ、多くの方が出かけるようになり感染の機会が増えたようです。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
  新型コロナは図―2に示すように感染力が高く、図―3に示すように致死率が高いウィルスです。(=^・^=)は感染拡大防止は必須と考えています。
 39県に含まれる(17)福岡県の北九州市で多数の新型コロナ感染が見つかり、この状況を同市市長は「第2波の真っただ中にいる」と表現しました(26)。このままでは、第二、第三の北九州が出てきそうです。でも、安倍出戻り総理が動いている様子はありません。その代わり根拠のない「希望」は喧伝します。新型コロナの治療薬として「アビガン」を5月中に承認すると喧伝しました。5月はもうすぐ終わりです。でも、承認されていません(27)。適当なことを発信する安倍出戻り総理に新型コロナの感染拡大は防止できません。国に頼らず一人一人が感染しない行動、させない行動をとるしかないと思います。そのためにはデータ分析が必要なだと思いました。そこで、この記事を書くことにしました。週一回程度の更新ができれば良いなと思っています。安倍政権下で、福島の皆様は不安を抱えています。
 福島を代表する野菜にアスパラガスがあります(28)。福島県福島市辺りは今がシーズンです。同市辺りのアスパラガスはうま味とコクのあります(29)。福島県は福島産キュウリは「安全」だと主張しています(30)。でも、福島県福島市のスーパーのチラシには福島産アスパラガスはありません。
他県産はあっても福島産アスパラガスが無い福島県福島市のスーパーのチラシ
 ※(31)を引用
 図―13 福島産アスパラガスが無い福島県福島市のスーパーのチラシ


 (=^・^=)も福島県福島市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)令和2年5月25日 新型コロナウイルス感染症に関する安倍内閣総理大臣記者会見 | 令和2年 | 総理の演説・記者会見など | ニュース | 首相官邸ホームページ
(2)>全国移動、来月19日から容認 自粛要請3週間ごと緩和へ:時事ドットコム
(3)>北海道)緊急事態宣言終了 「感染リスク考え行動を」:朝日新聞デジタル
(4)報道発表資料 2020年1月
(5)報道発表資料 2020年2月 |厚生労働省
(6)報道発表資料 2020年3月 |厚生労働省
(8)報道発表資料 2020年4月 |厚生労働省
(7)報道発表資料 2020年5月 |厚生労働省
(8)新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年5月29日版)
(9)5月29日各自治体公表資料集計分
(10)日本における2009年新型インフルエンザ - Wikipedia
(11)令和2年4月7日 新型コロナウイルス感染症に関する安倍内閣総理大臣記者会見 | 令和2年 | 総理の演説・記者会見など | ニュース | 首相官邸ホームページ
(12)福島民報社
(13)北海道知事 道民に「緊急事態宣言」|特設サイト 新型コロナウイルス|NHK NEWS WEB
(14)新型コロナ:道内の発生状況 | 保健福祉部健康安全局地域保健課
(15)<新型コロナ>緊急事態39県解除 特定警戒8都道府県 21日検討:東京新聞 TOKYO Web
(16)ネズミ算って知ってる? ‐等比数列と指数関数
(17)新型コロナウイルスの潜伏期間について、クリニックフォアグループの医師が解説します。 | CLINIC FOR
(18)めげ猫「タマ」の日記 コロナURL
(19)首相、休校要請の根拠は「専門家の意見でなく私の判断」 明確な科学的根拠に基づくものでなく - 毎日新聞
(20)部活は6月15日以降 都立校再開のガイドライン策定:朝日新聞デジタル
(21)松江クラスター 新たに10代男性感染 女子高生のアルバイト先の従業員
(22)「5人以上」でクラスターマップ修正 厚労省公表:北海道新聞 どうしん電子版
(23)都道府県の人口一覧 - Wikipedia
(24)"都道府県別の自家用乗用車の普及状況 (軽自動車を含む)
(25)北陸地方 - Wikipedia
(26)北九州市は「第2波の真っただ中」 北橋市長が危機感、対策強化へ|【西日本新聞ニュース】
(27)前のめり政権、異例発言かなわず アビガン月内承認断念 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル
(28)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(29)特産品を知る | JAふくしま未来について | JAふくしま未来
(30)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(31)イトーヨーカドー 福島店
スポンサーサイト



  1. 2020/05/30(土) 19:41:30|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食品中の放射性セシウム検査のまとめ(5月29日発表)―茨城県産アイナメからセシウム、福島産は185件連続ND― | ホーム | 若い女性が逃げて行く2020年の福島、新型コロナも止められない!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/3271-36045203
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)