めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

死亡率は上がったまま!福島県郡山市(3~5月集計)

 以前の記事で、福島県全体で原発事故後に12%(震災犠牲者を除く)も死亡率が上がったと記事を書きました(1)。今日(6月5日)に、福島県郡山市の5月中の人口統計が発表になりました(2)。その後がきになるので、郡山市について集計してみました。3,4、5月について集計したのですが、死亡率は上がったままでした。
brg120605a.gif

図―1 郡山市の死亡率推移(各年の3~5月中―震災犠牲者を除く)

 以下に数値表を示します。参照のために宮城県のデータも記載します(宮城県は3、4月中のみ)。

表―1 福島県郡山市の毎年3~5月の死亡率推移

brg120605b.gif
 ※データは(2)による。

表―2 宮城県の毎年3,4月の死亡率推移
brg120605c.gif


 ※データは(3)による。

データを見てわかるとおり、福島県郡山市では人口10万人当たりの死亡率が死の灰(放射性物質)のばら撒き前の2010年で、218人、ばら撒き1年後の今年で、234人で16人(約7%)増えていますが、宮城県では殆んど変化去りません。でも、福島県郡山市では上がったままです。考えらる原因は一つしかないと思います。まして、震災からは1年も経過しています。

<余談1>
 ちょっと大きな数字なので、郡山市の放射線量を(=^・^=)なりに調べてみました。郡山駅東口で0.958μSv/hでした(4)。

<余談2>
 偶然にこんなことが起こる確率を計算してみました。結果を以下に示しますが、ばら撒き前(2009、10年)とばら撒き後(2011,12年)の3~5月のデータを比較し、偶然の起こる確率は0.83%です。(=^・^=)には偶然とは思えません。
 
 表―2 有意差検定表
brg120605d.gif



―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)めげ猫「タマ」の日記 福島県では、12%も死亡率が上がった。-この1年-
(2)福島県郡山市ウェブサイト - 市民の方へ - 郡山市の現住人口
(3)宮城県/統計課/統計データ/住民基本台帳人口及び世帯数(月報)
(4)東日本大震災関連情報 放射線モニタリング測定結果等 | 文部科学省
スポンサーサイト
  1. 2012/06/05(火) 19:23:57|
  2. -
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<癌が増えた福島(2011年)!でも宮城は別 | ホーム | 福島第一原発‐温度計大暴走>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/340-5e3510ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【死亡率は上がったまま!福島県郡山市(3~5月集計)】

 以前の記事で、福島県全体で原発事故後に12%(震災犠牲者を除く)も死亡率が上がったと記事を書きました(1)。今日(6月5日)に、福島県郡山市の5月中の人口統計が発表になりました(2)。その後がきになるので、郡山市について集計してみました。3,4、6月...
  1. 2012/06/08(金) 14:21:19 |
  2. まとめwoネタ速neo