めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島の教訓が生かされていない大飯原発-少なくともオフサイトセンターは

今日(6月9日)、野田総理大臣が大飯原発の再起動の必要性を示していました。福島事故を受け、「これまで得られた知見を最大限に生かし」対策をとって安全になった(1)。とありました。そこで、福島放射性ばら撒きの知見が最大限に生かされて対策をとったか(=^・^=)なりに調べてみました。結論は「オフサイトセンター」に関しては、まったく対策が取られていない事がわかりました。
 大飯原発の再稼働では、特別な監視体制をとり、「牧野副大臣を責任者とする「常時監視・緊急対応体制」をおおい町のオフサイトセンター(県大飯原子力防災センター)に設置すると表明した。」(2)。福島原発事故で混乱が生じた一因に、オフサイトセンターが機能したかったことがあります(3)。さぞや、対策を打ったのだろうと、(=^・^=)なりに調べてみました。すくなくとも、福井県の発表資料(4)には、「原子力防災センター」に対対策は、まったく記載されていませんでした(4)。
 もともと安全でかと思い(=^・^=)なりに調べました。結論は以下の二つです。
 ・大飯原発で放射性物質漏れが起これば福島と同じように使い物にならなくなる!
 ・津波が来れば機能停止!

①大飯原発で放射性物質漏れが起これば福島と同じように使い物にならなくなる

福島の事故では、原発の事故で出た放射性物質(死の灰)が襲ってきて使いもにならなくなりました(3)。では、大飯はどうか

brg120608a.gif

 ※1 google mapにて調査

図―1 大飯原発と県大飯原子力防災センターの位置関係

ネコ目には、ほんの数キロの距離にあるとしか思えません。せめて、風上にあればと思い風向きを調べたら

brg120525c.gif
 
図―2 、大飯原発近傍のアメダス(小浜)の2011年3月15日から29日の風向き分布(5)

 ほとんど風下です。もし、大飯原発で放射性物質(死の灰)漏れが起きれば、使いものにならなくなると思います。

②津波が来れば機能停止!
 2011年3月11日の地震と津波は、福島第一、第二、そして女川原発を襲いました。同時に、福島原子力センターや宮城原子力センターも襲いました。福島原子力センターは、助かったのですが、宮城は
「宮城県では、放射線や放射能を測定する機関である原子力センターが津波に流され、測定するための機器もほとんどがなくなりました。」(6)
だそうです。このため、宮城県では福島原発事故の初動が遅れた(=^・^=)は思っています。でも「県大飯原子力防災センター」は海岸沿いになります。

brg120608b.jpg

図―3 大飯原子力防災センターを海側から見る(Google Earthより)

 津波がいたら、一瞬でパーって感じです。

(=^・^=)の結論
 事故が発生した場合は、電力会社だけではすべての問題を解決できるとは思えません。だから、原発の安全対策には、原発本体だけでなく、それに関連するすべてのシステム―施設が福島の知見を生かなければ「得られた知見を最大限に生かし」た事にはならない

<余談>
 今日、国会事故調で、元東電社長が参考人として出演していました(7)。これまでの参考人の同じように、自分はベスト尽くしたけど周りが・・。都合の悪いと「忘れた」みたいです。福島原発の「嘘」は、まだまだ続いていりょうな気がします。マスコミが加担していたりして


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)平成24年6月8日 野田内閣総理大臣記者会見 | 平成24年 | 総理の演説・記者会見など | 記者会見 | 首相官邸ホームページ
(2)大飯原発安全監視、常駐20人規模 副大臣トップ、検査官倍増も 原発 福井のニュース :福井新聞
(3)東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会
(4)原子力災害に係る福井県の対応について|福井県 Fukui Prefectural Government
(5)めげ猫「タマ」の日記 福島を襲った放射線セシウムは広島原爆10個分!でも全体の12分の1
(6)宮城県/原子力安全対策室/東京電力(株)福島第一原子力発電所事故にかかる情報
(7)映像(中継・記録) | 国会 東京電力福島原子力発電所事故調査委員会
(8)めげ猫「タマ」の日記 積算線量5mSv、でも被ばくは0.6mSv、この数字のからくり―放射線による健康影響に関する有識者会議(栃木県)―
スポンサーサイト
  1. 2012/06/08(金) 21:57:54|
  2. -
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<めげ猫「タマ」の日記 今週(6月第1週)もトラブル!福島原発―でもニュースにならない― | ホーム | 積算線量5mSv、でも被ばくは0.6mSv、この数字のからくり―放射線による健康影響に関する有識者会議(栃木県)―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/344-e05766f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【福島の教訓が生かされていない大飯原発-少なくともオフサイトセンターは】

今日(6月9日)、野田総理大臣が大飯原発の再起動の必要性を示していました。福島事故を受け、「これまで得られた知見を最大限に生かし」対策をとって安全になった(1)。とありました。そこで、福島放射性ばら撒きの知見が最大限に生かされて対策をとったか(=^・^=)なり...
  1. 2012/06/10(日) 03:23:01 |
  2. まとめwoネタ速neo