fc2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

新型コロナまとめ(12月26日)―菅総理、飲食が一番の要因と―

 菅総理が会見しました。そこで「飲食が一番の要因と」と発言されました(1)。でも、人の移動によって二次感染が起きていることが明確です(2)。
 12月19日時点の新型コロナの累積の感染者は
 ①プリンセス・ダイヤモンド  712人(3)
 ②検疫等         1,851人(チャーター便15、空港検疫1,836)(4)
 ③国内感染      215,033人(4)
 合計         218,257人
です。約22万人です。以下に東アジア各国の累積感染者数の推移を示します。
東アジアでずば抜けて多い日本の新型コロナ累積感染者数
 ※1(5)を集計
 ※2 東アジアは(6)による
 図―1 東アジア各国の累積感染者数

 12月25日15時点での中国の感染者は86,913人なので(3)、日本の感染者数は中国を超えています。日本は東アジア(6)最大のコロナ感染国です。自公政権の新型コロナ対策は東アジアで最悪です。
 以下に曜日毎の新規感染者数を示します。
週初めに少なく後半に多い新型コロナ新規感染者数
 ※(7)を集計
 図―2 曜日毎の新規感染者数

 図に示すように、週初めは少なくなっています。週末は医療機関もお休みで、月曜日は少なく出ます(8)。曜日毎のばらつきにを吸収するには1週間(7日間)の累積で見るのが良いと言えます。
 菅内閣が9月16日に発足しました(9)。以下に累積7日間の新規感染者数を示します
9月16日以降に増えだした新型コロナ新規感染数
 ※1(4)を集計
 ※2 日付は最初の日
 図―3 7日間累積の新規感染者数(日本)

 図に示す様に、菅内閣発足後は上昇に転じています。数値を記載すると
 菅内閣発足直後の1週間(9月17日~23日)3,280人
 近々の1週間(12月19日~12月26日)21,441人
です。菅内閣発足から約100日で約7倍に増えています。
 以下に要治療者の推移を示します。
上昇が続く新型コロナ要治療者数
 ※(4)を集計
 図―4 要治療者の推移

 図に示すように、11月に入り急増しています。12月26日時点で30,204人です(2)。要治療者の収容能力は53,965人分(新型コロナ病床数が27,516床、宿泊料施設26,449室の合計)です(10)。すでに半分以上が埋まっています。
 以下に都道府県別の要治療者の収容能力に対する要治療者数の割合(以下治療・療養施設占有率とする)が50%を超えた都道府県を示します。
東京、埼玉、愛知で100%ないしは超えた新型コロナ治療・療養施設占有率
 ※(2)(10)を集計
 図―5 都道府県別の治療・療養施設占有率

 図に示すように、東京、埼玉、愛知は100%ないしは超えています。大阪は99%です。ほぼ埋まっています。新型コロナに感染しても、受け入れ先が無い状態です。医療崩壊です。
入院治療より自宅療養が多くなった東京都の要治療者の滞在先
 ※(11)を集計
 図―6 東京都の要治療者滞在先

 図に示しように、自宅療養が入院を超えました。家庭内感染が問題になっています(12)。それでも、スタッフ不足(13)や将来の新規感染者の収容先を確保するために、無症状者や軽症者を自宅に居てもらわざるを得ない状況であると推定されます。
 以下に東京都の治療修了者(退院と死亡の合計)と10日前の累積の感染者数を示します。
年明けには1万人を超えそうな東京都の要治療者数
 ※(11)を集計
 図―7 東京都の治療修了者(入院勧告解除等と死亡の合計)と10日前の累積の感染者数

 図に示す様に両者は一致しています。新型コロナの感染が分かってから治療終了まで概ね10日です。言い換えれば過去10日間の新規感染者が要治療者数になります。
 以下に東京都の新規感染者を推移を示します。
上昇が続く東京都の新規感染者数
 ※1(11)を集計
 ※2 xは11月1日よりの日数
 図―8 東京都の新規感染者数

 感染症は指数関数的(14)、すなわちねずみ算的(15)に増えるます(12)。そこで、指数関数(ねずみ算)で近似してみました。そこそこ一致しています。そこで、これを元とに今後の東京都の要治療者数を推定しました。
 10日前の累積感染者数とほぼ同じ東京都の累積治療修了者数
※(11)を集計
 図―9 東京都の要治療者数の推定

 図に示すように年明け早々には1万人を超えます。以下に東京都の新規感染者数と新規に入院された方の人数を示します。
 殆ど入院が無い東京都の新型コロナ新規感染者
※(11)を集計
 図―10 東京都の新規の感染者数と入院者数

 図に示すように、ほとんどの方が入院できていません。12月1日~26日の集計では
  新規感染者数 14,422人
  新規に入院できた人 490人
で、都内の病院に入院できたにのは新感染者の3%(490÷14,422×100)です。
 以下に一世帯当たりの自家用車保有台数と人口10万人当たりの新型コロナ感染者数の相関を示します。
自家用車保有台数が少ないほど高い新型コロナの感染率
 ※1(3)(16)(17)を集計
 ※2 人口10万人当たりの新型コロナ感染者数は11月28日までの累積で集計
 図―11 一世帯当たりの自家用車保有台数と人口10万人当たりの新型コロナ感染者数の相関
 
 概ね、自家用車保有台数が少ないほど、新型コロナの感染率が高くなっています。乗用車が無ければ、移動には公共交通機関を利用する必要があります。交通機関を利用すれば新型コロナの感染リスクが高くなります。
 観光名所が最高な都道府県ランキングは1位は京都府、2位は北海道です(18)。そこで、北海道と京都府の人口10万人当たり、7日間当たりの感染者数を示します。
減少した北海道、上昇した京都の感染率
 ※(7)(16)を集計
 図―12 北海道と京都府の人口10万人当たり、7日間当たりの感染者数

 菅政権は11月24日に大阪市と札幌市のgotoトラベルされましたが、京都はそのままです(19)。そして図に示す通り、11月24日以降を見ると北海道の感染者数は減少しましたが、京都は増えています。大阪や北海道に行く予定の方が京都に行って感染を広げたようです。
 菅政総理は12月25日に会見を開き「飲食が一番の要因と」と発言されました。そしてgototトラベルについては「私自身、悩みに悩み抜いた上での判断だった」と述べましたが(1)、感染拡大との因果関係は認めませんでした。一方で、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長(地域医療機能推進機構理事長)は12月16日午前の衆院内閣委員会閉会中審査に出席し、人の移動によって二次感染が起きていることが明確になったため、政府の観光支援策GoToトラベル再考を含め、感染拡大防止には人の移動の停止が重要だと「再三」提唱してきたと述べています(2)。一部を対象外とした北海道は新規の減り、対象外としなかった京都で増えたのは事実です。
 以下に都道府県別の上位10位の近々2週間の人口10万人当たりの感染者数を示します。
東京都、広島県、広島県、神奈川県、高知県で高い感染率
 ※(3)(16)(20)を集計
 図―13 人口10万人当たりの感染者数(上位10位)

 図に示す通り東京都、広島県、広島県、神奈川県、高知県で高くなっています。菅政権はこれらの地域からの出発する旅行も含め、12月27日まではgotoトラベルを強行します(19)。これらの方が出かけ、各地にに感染を広げないか心配です。
 以下に都道府県別に集計したかこ1ヵ月(11月19日から12月19日)の検査数に対する感染者の割合(感染者数÷検査数で計算、以下陽性率と称する)と人口10万人当たりの感染者数を示します。
陽性率が高いほど高い新型コロナ感染率
 ※(3)(14)(21)を集計
 図―14 陽性率と感染率の相関(過去1ヵ月)

 図に示すように、陽性率が低いほど、感染率も低くなっています。検査を徹底し、感染者を早く見つけ出し適切な治療を早急に行うのが、感染拡大防止には効果的です。
 以下に陽性率の推移を示します。
上昇した新型コロナの陽性率
 ※(4)を集計
 図―15 PCR陽性率(7日間平均)

 図に示す通り菅内閣発足後の10月に入り上昇しています。
 感染者数の増加にPCR検査が追いついていません。取りこぼしがありそうです。
 2009年に豚インフルエンザが大流行しました(21)。以下に新型コロナ第2波(5月25日以降)の累積感染者数と豚インフルの累積感染者数を示します。
豚インフルを超えている新型コロナ第2波の感染拡大
 ※1(7)(22)を集計
 ※2 新型コロナの感染者数は5月25日以降
 図―16 新型コロナ(第2波)と豚インフルの累積感染者数比較

 図に示すとおり、新型コロナの感染者数は豚インフルエンザの同時期の感染者数を超えています。豚インフルエンザ以上の感染の広がりを見せています。
 2009年の豚インフルエンザでは推定585万人が罹患したそうでうす(22)。同様に考えるなら、これから1000万人前後の方が新型コロナに感染する可能性があります。
 以下に日本の致死率を示します。
 2%程度で推移する新型コロナ致死率
※(7)を集計
 図―17 新型コロナの致死率

 現在入院中の方は将来は死亡する可能性があるので治療終了者(退院と死者の合計)に対する死者の割合を致死率とすると
  1.7%(治療終了183m343人中3,155人死亡)(3)
 豚インフルエンザと同じ585万人の感染者が出ると仮定し、致死率を1.8%とすれば新型コロナによる死者数は約10万人(585万×1.7÷100)と計算できます。なお、同じ新型感染症でも豚インフルエンザの日本の死者は68人でした(19)。
 図―1に示すように日本の感染者数が中国を超えました。日本は東アジア最大の蔓延国です。図―4に示すように増加傾向です。でも、菅内閣の動きをみていると感染防止より経済、五輪優先への拙速感は否めません(23)。


<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 新型コロナは図―16に示すように感染力が高く、図―17に示すように致死率が高いウィルスです。(=^・^=)は感染拡大防止は必須と考えています。図―3に示すように菅政権が発足してわずか101日ですが、新型コロナは約7倍にに増えました。gotoを強行し、新型コロナを拡散しました。でも、会見では関連を認めません(1)。
この政権に感染防止を期待しても無駄です。
 新型コロナを防ぐには国に頼らず一人一人が感染しない行動、させない行動をとるしかないと思います。そのためにはデータ分析が必要なだと思います。そこで、この記事を書くことにしました。週一回程度の更新ができれば良いなと思っています。概ね日曜日に掲載するつもりです。
 まず、図―13に示す感染率が高い都道府県は避けるべきと思います。
 インフルエンザと新型コロナの症状は似ています(24)。以下に昨シーズン(2019-20年シーズン)と今シーズン(2020-21年シーズン)の週毎の定点観測数を示します。
昨シーズンに比べ3桁少ない今シーズンのインフルエンザ
 ※(25)(26)にて作成
 図―18 インフルエンザ定点観測数

 対数表示で慣れない方にはわかりにくいかもしれませんが、昨シーズンに比べ今のところは3桁少なくなっています。厚生労働省の発表がある51週目までの合計で
  昨シーズン 328,125
  今シーズン     453
で、今シーズンは昨シーズンの約0.14%(453÷328,125×100)です。
 昨年の累積の定点観測数は1,002,519件です。インフルエンザ感染数はそこから728.5万人と見積もられています(27)。定点観測数の7.27倍(728.5万÷1,002,519)がインフルエンザ感染推定数です。すると今シーズンのインフルエンザ感染者数は3,292人(453×7.26)です。本文に記載の通り、新型コロナの累積感染は約22万人なので、1.5%です。今のところ、インフルエンザのような症状が出たら、インフルエンザでなく新型コロナを疑った方が良いようです。
 インフルエンザのような症状が出たら、近くの医療機関か保健所に相談し、指示に従うのが良いと思います。お勧めは「発熱外来」です。(=^・^=)の近くにも医療機関で、今年の秋位から駐車場に突然にプレハブができた所があります。多分、「発熱外来」です(28)。
 菅内閣は3密回避を主張しています(29)。(=^・^=)はデータを見る限り二密を避けるべきだと考えます。
 図―11に示す通り自家用車の多い都道府県ほど、感染率は低くなっています。本文記載の通り、感染経路の一つは「公共交通機関」であることを示しています。公共交通機関は不特定多数の方が利用するので、話をする方は少ないと思います。密接は無く2密(密集と密閉)です。バーベキューでの集団感染が起きています(30)。屋外で密閉はなく、2密(密集と密接)です。福島では2メートルの間隔ととって合唱練習をしていた中学生が感染しました(31)。成人の合唱サークルと合同練習等の指導教諭(32)の不適切な指導もありますが、間隔をとっているので密集はなく、2密(密閉と密接)です。これらの例に示す通り感染は二密で起きています。
 (=^・^=)が注意しているのは
 ・マスクの着用
 ・手洗い、特に外食前には手洗いをする。手洗い設備が不十分な飲食店は行かない。
 ・コンタクトでなく、眼鏡を使う(フェースシールドの代わり)
 ・観光旅行などの不要な移動はしない。特に鍾乳洞のようは密閉空間には行かない。
 ・合唱、カラオケはしない。
 ・飲酒を伴う外食はしない。
 ・回し飲み、大皿等の食器の共用は避ける。
 ・多人数での会食はしない(含む冠婚葬祭)。
 ・移動は公共交通機関をなるべく避ける。
 ・インフルエンザのような症状が出たら、「発熱外来」に電話等で相談する。なお、指示が出るまでは自宅に引きこもり、可能な限り他人と接触を避ける。
 ・レシートを1週間程度保管する。感染が明らかになった場合、保健所に提出するため。
 新型コロナに対する警戒感は人それぞれと思います。その中でgoto利用者は比較的警戒感が乏しい方と思います。こうした方は旅先でも十分な感染防止策を取らないはずです。彼らは全国に新型コロナ広げます。それでも、菅総理はgоtоを直ぐには止めません(33)。このような方が総理では福島の皆様は不安だと思います。
 もうすぐお正月、おせち料理を楽しみにしている方も多いと思います。おせち料理の定番はかまぼこだと思います(34)。福島県いわき市はリテーナ成形かまぼこで生産量日本一を誇っていました。現在もかまぼこ製造が盛んです(35)。同市のかまぼこはおいしいとの事です(36)。福島県は福島産は安全だと主張しています(37)。でも、福島県いわき市のスーパーのチラシには福島産かまぼこはありません。
他県産はあっても福島産かまぼこが無い福島県いわき市のスーパーのチラシ
 ※1(38)を引用
 ※2 メーカー所在地は(39)による。
 図―19 福島県産かまぼこが無い福島県いわき市のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県いわき市の皆様を見らない「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)令和2年12月25日 新型コロナウイルス感染症に関する菅内閣総理大臣記者会見 | 令和2年 | 総理の演説・記者会見など | ニュース | 首相官邸ホームページ
(2)GoTo再考含め人の移動の停止が重要と「再三提言」=尾身氏 ロイター編集
(3)新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年12月26日版)
(4)新型コロナウイルスに関連した患者等の発生について(12月26日各自治体公表資料集計分)
(5)>東アジア - Wikipedia
(6)報道発表資料 |厚生労働省
(8)新型コロナ「今日は○○人」の速報値に一喜一憂しない:朝日新聞デジタル
(9)菅義偉内閣 - Wikipedia
(10)療養状況等及び入院患者受入病床数等に関する調査について|厚生労働省⇒新型コロナウイルス感染症患者の療養状況等及び入院患者受入病床数等に関する調査結果(12月23日0時時点)⇒(エクセル版[XLS形式:38KB])
(11)>報道発表 東京都福祉保健局
(12)家庭内感染に気をつけて 食事や就寝時、暮らしの中こまめに予防:中日新聞Web
(13)看護師不足が顕著に コロナ重症対応、高い技術必要 日本経済新聞
(14)新型コロナウイルス感染症の医療提供体制確保の ... - 厚生労働省
(15)ネズミ算って知ってる? ‐等比数列と指数関数
(16)都道府県の人口一覧 - Wikipedia
(17)都道府県別の自家用乗用車の普及状況 (軽自動車を含む)
(18)観光名所が最高な都道府県ランキング! 1位は京都府、2位は
(19)15日 11時19分 GoToトラベル、“ 停止時期前倒し”で混乱も TBS
(20)>新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年12月12日版)
(21)新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年11月26日版)
(22)日本における2009年新型インフルエンザ - Wikipedia
(23)<社説>コロナ禍の入国再開 経済、五輪優先は拙速だ - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
(24)新型コロナとインフルエンザの症状の違いは?同時流行への予防 | Ag+のチカラで持続除菌 | 富士フイルム
(25)インフルエンザに関する報道発表資料 |厚生労働省
(26)インフルエンザに関する報道発表資料 |厚生労働省
(27)インフルエンザ患者数 昨年より450万人減 過去5年で最も少ない記録 - ウェザーニュース
(28)医療用コンテナ ページ | どこでもハウス - 三松物流がお届けするコンテナハウス
(29)密 - 首相官邸
(30)神奈川県で新たに112人感染、2日連続で100人超す バーベキューでクラスター:東京新聞 TOKYO Web
(31)「合唱クラスター」で中学生ら5人感染 福島・郡山 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル
(32)小針智意子 - Wikipedia
(33)>GoToトラベル全国一時停止!キャンセル方法わかりやすく解説!※12月17日最新情報 | トラベルスタンダードジャパン
(34)お正月・おせち料理 | 板わさをたのしむ かまぼこ料理レシピ 鈴廣かまぼこ
(35)>かまぼこ « いわき常磐もの|公式サイト
(36)美味一膳
(37)福島県の食の安全の動画について - 福島県ホームページ
(58)イオン いわき店のチラシ・特売情報 | トクバイ
(39)堀川 (水産加工業) - Wikipedia
スポンサーサイト



  1. 2020/12/27(日) 19:47:21|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<葛尾村、帰還者2ヵ月連続減 | ホーム | 柏崎刈羽合格3年、まもなく再稼働?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/3486-0dc28a85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)