fc2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

南相馬市小高の居住者、2ヵ月連続減

 2016年7月にほぼ全域で避難指示が解除された福島県南相馬市小高(1)の居住者は
  2020年 9月31日 3,757人(3)
  2020年10月31日 3,756人(4)
  2020年11月30日 3,751人(5)
で減少しました。コロナで閉店していた「フルハウス」カフェ営業再開したのですが(6)、効果はなかったようです。
 福島県南相馬市は、福島県沿岸部北部にある市です。先の原発事故では、市の南部を中心に避難指示がだされました(7)。以下に示します。
 事故10年目も汚染されている福島 凡例 
 ※1(8)(9)にて作成
 ※2 避難区域は(7)による。
 図―1 福島県南相馬市

 同市は事故で汚染され、南部の小高区を中心に避難区域が設定されました。以下に示します。
事故で3分割された南相馬市  凡例
 ※1(8)(9)にて作成
 ※2 避難区域は(7)による。
 図―2 福島県南相馬市の避難区域

図に示しように、ICRPが公衆の被ばく限度とする年1ミリシーベルト(10)を超えた地域が広がっています。そでれも自公政権は「安全」だとして(11)大部分の避難指示を2016年7月12日に解除しました(1)(7)。今の避難区域からは2人が避難されたのですが、移住先を決め今は避難者でなくなりました(5)。
 そして復興の努力も続けられています。
 2014年9月 南相馬市を経由し、仙台と東京を結ぶ国道6号が全面再開(これで南相馬市民は南側に抜けられるようにないました)(12)。
 2014年12月 常磐道、相馬IC - 山元IC開通(これで南相馬市から仙台までが高速道路でつながる)(13)
 2015年3月 常磐道全面開通(こおれで南相馬市と東京が高速道路でつながる)(11)
 2016年7月12日、ほぼ全域で避難指示解除(1)(7)。常磐線小高-原ノ町間再開(13)。小高駅は図―2に示す様に避難指示解除区域にあります。
 2016年12月10日 常磐線、相馬 - 浜吉田間が復旧(これで小高から仙台までがつながる)(14)。
 2017年4月1日
  ・旧避難区域内小中高校再開(15)。高校はこれまであった小高工業と小高商業を統合する形で、小高産業技術高校おして新設(16)。
  ・常磐線、浪江-小高間再開、これに伴い旧避難指示解除区域にあった桃内駅が再開(14)(17)。
 2020年3月14日 常磐線が全面復旧、仙台から同市を経由し東京都(品川駅)を結ぶ特急ひたち(18)が復活しました。
 そして、個人でも努力された方がいます。米国の代表的な文学賞「全米図書賞」を受けた芥川賞作家柳美里(ゆう・みり)さんは事故後に小高区に移住しました。小高区東町の自宅でブックカフェ「フルハウス」を営んでいたのですがm新型コロナウイルスの影響で四月下旬から休業していた。それが12月2日に再開しました(6)。
 でも、あまり効果はなかったようです。以下に南相馬市の小高区で暮らしている人数の推移を示します。
住民が戻らなくなった南相馬市小高
 ※(2)を集計
 図―3 南相馬市旧避難区域居住者人数

 図に示すように住民の帰還は進みません。南相馬市の旧避難区域では事故前は12,840人の方が居住していました(5)。現在の居住人数は
  2020年 9月31日 3,757人(3)
  2020年10月31日 3,756人(4)
  2020年11月30日 3,751人(5)
です。現在、居住しているのは事故前の29%です。さらには、2ヵ月連続の減少です。事故前の3割が南相馬市居住人口のピークです。住民は戻りません。


<余談>
 図表が小さいとご不満の方は、画像をクリックしてください。
 復興(ふっこう)とは、一度衰えたものが再び勢いを取り戻す事を指します(18)。小高に限らず旧避難地域は、避難指示を解除しても住民が戻らず(19)再び勢いはありません。それでも、「復興」が喧伝され(20)、原発事故の反省はありません(21)。これでは福島の皆様は不安だと思います。
 今日(1月5日)はイチゴの日です(22)。いよいよイチゴの本格シーズンです。福島の冬を代表するくだものにイチゴがあります(23)。福島県棚倉町もイチゴの産地です(24)。福島県は福島産は「安全」だと主張しています(25)。でも、福島県棚倉町のスーパーのチラシには福島産イチゴはありませんい。
他県産はあっても福島産イチゴが無い福島県棚倉町のスーパーのチラシ
 ※(26)を引用
 図―4 福島産イチゴが無い福島県鏡石町のスーパーのチラシ 

 (=^・^=)も福島県鏡石町の皆様を見習い「フクシマ産」は食べません。
   


―参考にさせて頂いたサイト様および引用した過去の記事―
(1)南相馬市 - Wikipedia
(2)避難指示区域別居住状況/南相馬市公式ウェブサイト -Minamisoma City-
(3)(2)⇒令和2年9月30日現在 (PDFファイル: 195.4KB)
(4)(2)⇒令和2年10月31日現在 (PDFファイル: 195.0KB)
(5)(2)⇒令和2年11月30日現在 (PDFファイル: 195.0KB)
(6)「フルハウス」カフェ営業再開 柳美里さん営む小高の書店 | 福島民報
(7)避難区域の変遷について-解説- - 福島県ホームページ
(8)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(令和元年8月29日~11月2日測定)PDF
(9)第13回原子力規制委員会 | 原子力規制委員会資料1 帰還困難区域の放射線防護対策について(特定復興再生拠点区域外における土地活用関連)【PDF:440KB
(10)ICRP勧告(1990年)による個人の線量限度の考え (09-04-01-08) - ATOMICA -
(11)国連報告者、福島事故の帰還で日本を批判  :日本経済新聞
(12)国道6号 - Wikipedia
(13)常磐自動車道 - Wikipedia
(14)常磐線 - Wikipedia
(15)小高区内教育施設の再開/南相馬市公式ウェブサイト -Minamisoma City-
(16)<福島県立小高産業技術高等学校 - Wikipedia
(16)桃内駅 - Wikipedia
(17)ひたち (列車) - Wikipedia
(18)復興 - Wikipedia
(19)めげ猫「タマ」の日記 避難指示解除も戻らぬ住民―事故から9年9ヵ月―
(20)東日本大震災・原子力災害伝承館 - ふくしま復興ステーション - 福島県ホームページ
(21)対応の失敗や反省、ほとんど触れず 開館1カ月の原子力災害伝承館、福島大准教授が指摘 | 河北新報オンラインニュース
(22)>1月5日  いちごの日|なるほど統計学園
(23)冬 | ふくしまの果物 | JA全農福島
(24)みりょく満点ブランド|JA東西しらかわ
(25)福島県の食の安全の動画について - 福島県ホームページ
(26)エコス棚倉店
スポンサーサイト



  1. 2021/01/05(火) 19:57:04|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食品中の放射性セシウム検査のまとめ(1月6日発表)― 福島産はスズキは160件連続ND、宮城、茨城、千葉産からはセシウム― | ホーム | 2021年、福島の課題>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/3495-8079b0f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)