FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島民友の社説・「震災10年・風評との闘い/本県への関心高まる努力を」に反論する。

 福島県の地方紙・福島民友は3月5日の社説で
「本県のイメージを高め、観光や教育旅行の回復につながる取り組みも求められる。」
と論じていました(1)。福島が避けられいるのは、イメージでなく汚染されているからです。
 今から10年、福島第一原発は大量の放射能を環境中に放出しました(2)。
brg131004d.gif
 ※(3)をキャプチャー
 図-1 水素爆発する福島第一原発1号機

 多くの方が、福島の放射能を恐れ福島を避けるようになりました。
 以下に福島の観光客入込み数を示します。
回復しない事故前から続く福島の観光地・施設の入込数
 ※(4)の集計
 図―2 福島の観光客入込数

 図に示すように、新規では増えていますが、既存では増えていません。新規で多いのは道の駅や観光物産館で、観光の主目的地でなく、ついでに立ち寄る施設です。2019年の新規の観光客入込数は1,070万人ですが、そのうち785万人が道の駅等です。さらに、磐梯熱海アイスアリーナのように事故前からあるのに(5)、事故後から集計対象になった施設もいくつかあります。福島では、事故後に道の駅などをせっせと作り、さらに既存の施設を新たに観光統計に加えています。正味をみるななら、既存で比較すべきです。事故前からあった施設・観光地の入込数は
 2010年 5,285万人(6)
 2019年 4,510万人(7)
で、福島の観光客が戻りません。
 福島はくだもの王国を自称しています(8)。代表する果物にモモがあります(9)。モモの生産量は山梨は1位、福島は2位の産地です(10)。7.8月がピークです(11)。そこで7,8月の山梨と福島のモモ価格の推移を示します。
事故後に山梨県産に比べさらに安くなった福島のモモ
 ※(12)を集計
 図―3 山梨・福島のモモ価格


 図に示すように、原発事故後に福島産は山梨産モモに比べ安くなりました。
 これについて、福島県の地方紙・福島民友は3月5日の社説を
 「東京電力福島第1原発事故から10年が経過しても、<中略>県産食品の輸入規制は米国や中国、韓国など15カ国・地域で続く。風評は根強く残っている。」
で書き出しています。
 セシウム137の半減期は30年です(13)。10年を経ても80%は残ります(0.5(10÷30)≒0.8)。社説では「10年が経過しても」と、10年を長い時間のような表現をしていいますが、セシウム137の半減期に比べれば短い時間です。以下に放射線分布を示します。
事故から10年を経て特異的に汚染されている福島 凡例
 ※1 (14)(15)にて作成
 ※2 避難地域は(16)による。
 図―4 特異的汚染されている福島

 図に示す様にICRPが公衆の被ばく限度とする年1ミリシーベルト(17)を超えた地域が福島のみに広がっています。避難区域が設定されているのは福島だけです。事故から10年ですが、福島は特異的に汚染されたままです。 
 以下にクロソイの検査結果を示します。
 福島県の検査が気になります。以下にに示します。
他の検査では見つかっても福島県検査では見つからないクロソイのセシウム
 ※1 凡例は検査先、岩手県検査は岩手産を検査、県漁連は「福島県漁連」を省略
 ※2 福島県、岩手県検査は(18)(19)による。
 ※3 東京電力検査は(20)(21)による。
 ※4 福島県漁連検査は(23)(24)による。
 図―5 クロソイの検査結果 

 事故から10年ですが、福島県沖でとれたクロソイから基準値の1キログラム当たり100ベクレル(25)の5倍の同500ベクレルのセシウムが見つかっています(23)。

クロソイから500(Bq/kg)のセシウムが見つかったと報じる福島のローカルTV局FTV
  ※(26)を転載
 図―6 「クロソイ」から1キロあたり500ベクレルのセシウム検出を報じる福島のローカルTV局(FTV)
 
 (=^・^=)なりに分析すると「フクシマ産、食べて応援、あの世行き」と言っても良い状況です(27)。
 それでも、福島県は福島産は「安全」であり(28)、避ける行為を風評被害と呼んでいます(29)。
 福島産とそれ以外が同じ値段で店頭に並んでいたら、福島産を手にする方は少数なはずです。放射能に汚染されている福島と汚染が無いそれ以外では、放射能汚染が無い産地が良いに決まっています。農薬は適量以下であれば「安全」です(30)。でも、無農薬野菜は「高い」のは事実です(31)。それでも、買う方がいます。これと同じです。福島産は安くなくては売れません。当該社説(1)は、福島や福島産を避ける行為を「風評被害」と呼んでいますが、汚染されているので避けるのは当然です。
 当該社説は
 「卸売業者が『福島県産は敬遠されるのではないか』と思い込み、取引が消極的になることが要因の一つと分かっている。」
と(1)、流通業者が消費者が避けていると思い込み、福島産を仕入れないように論じています。でも、流通業者は、福島産を消費者が避けていることを認識しています。
 福島の冬を代表するくだものにイチゴがあります(32)。伊達市は福島最大のイチゴ産地です(33)。さすがに、福島県伊達市のスーパーのチラシには福島産イチゴも掲載されています。
 栃木産、福島産併記の福島県伊達市のスーパーのチラシ
※(34)を引用
 図―7 福島産イチゴが無い福島県伊達市のスーパーのチラシ

 同じチェーンでも、喜多方市の店舗のチラシは福島産イチゴはありません。
福島産イチゴが無い福島県喜多方市のスーパーのチラシ
※(35)を引用
 図―8 福島産イチゴが無い福島県喜多方市のスーパーのチラシ

 喜多方市のイチゴの収穫量は福島県16位(36)で、主要な産地ではありません。地元に気を使って福島産イチゴを置く必要がありません。当該のスーパーチェーンは伊達市の店舗で福島産が売れなていれば、喜多方市の店舗のチラシに記載するはずですが、売れていないようです。少なくとも福島の流通業者は、福島産が売れないことを知っています。
 当該社説は
 「(福島)県内では世界で最も厳しい基準で検査が実施されている。」
とも論じています(1)。
 伊達市は図―1に示すように福島の中でも汚染が酷い場所です。同市は事故発生後1年間の積算線量が20ミリシーベルトを超えると推定される特定避難勧奨地点(37)が設定されました(16)。特定避難勧奨地点が設定されたのは、避難指示が出なかった市町村では伊達市だけです(16)。同市は避難しなかった市町村では最も汚染が酷い市です。
 福島県の発表から(38)2019年以降を集計すると
  男の子 284人
  女の子 384人
です。このような事が偶然に起こる確率は、統計的な差がるとされる5%(39)を下回る1.1%です(40)。通常は男の子が多く生まれるの(41)で異常な事態です。放射線影響研究所は我が国において放射線影響に関し最も実績のある研究機関です。そこが広島・長崎の原爆投下では遺伝的影響がないとしています。その根拠の一つに生まれて来る赤ちゃんの男女比(出生性比)に異常がなかったことあげています(42)(43)。
 伊達市は汚染され、女の子が男の子より多く生まれるとの出生異常が生じています。同市がイチゴの最大産地ですので、検査で「安全」を担保するにはしっかり検査する必要があります。以下に福島県の伊達市産イチゴの検査件数を示します。
どんどん減って、「0」になった福島県伊達市産イチゴの検査数
 ※(44)(45)
 図―8 福島県の伊達市産イチゴの検査件数

 図に示すようにどんどん減っています。今年は「0」件です。
 図―5に示すように、福島産クロソイから基準値の5倍のセシウムが見つかっていますが、福島県検査はほぼ検出限界未満(ND)です。厚生労働省の発表(44)を見ると、イチゴやクロソイなのど、福島産農水産物の出荷前検査は概ね福島県農林水産部に属する福島県農業総合センター(46)が実施しています。中立性に疑問があります。福島産は他に比べ低くでる検査で安全とされます。
 福島県の検査は
 ・汚染され、出生異常が起きている最大産地を検査しない。
 ・他より低く出る
との特徴があり、およそ「世界で最も厳しい基準で検査」とは言えません。
 当該社説は「本県のイメージを高め、観光や教育旅行の回復につながる取り組みも求められる。」
と結んでいますが(1)、福島が避けられいるのは、イメージでなく汚染されているからです。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 社説では「10年が経過しても」と、10年を長い時間のような表現をしていいますが、セシウム137の半減期に比べれば短い時間です。福島を避けるのは当然です。この考えは福島の皆様も同じです。
 福島県本宮市には乳業メーカーがあります。そこの牛乳は美味しいとの事です(47)。福島県は福島産は「安全」だと主張しています(28)。でも、福島県本宮市のスーパーのチラシには福島産牛乳はありません。
県外産はがあっても福島産牛乳が無い福島県本宮市のスーパーのチラシ
 ※(48)を引用
 図―9 福島産牛乳が無い福島県本宮市のスーパーのチラシ


 (=^・^=)も福島県本宮市の皆様を見習い「フクシマ産」は飲食しません。


―参考にさせて頂いたサイト様および引用した過去の記事―
(1)【3月5日付社説】震災10年・風評との闘い/本県への関心高まる努力を:社説:福島民友新聞社 みんゆうNet
(2)福島第一原子力発電所事故 - Wikipedia
(3)1号機水素爆発vs3号機?vs小型核爆発の比較 - YouTube
(4)統計資料一覧 - 福島県ホームページ
(5)磐梯熱海アイスアリーナ - Wikipedia
(6)(4)⇒22年観光客入込状況調査 [PDFファイル/732KB]
(7)(4)⇒H31(R元)観光客入込状況調査 [PDFファイル/1.22MB]
(8)くだもの消費拡大委員会 ? 福島県くだもの消費拡大委員会
(9)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(10)ももの生産量はどこの県が多いのですか。:農林水産省
(11)桃 もも モモの旬 出回り時期
(12)東京都中央卸売市場-統計情報検索各年7月について、大分類⇒果実、中分類⇒もも類で検索
(13)半減期 - Wikipedia
(14)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(令和2年8月25日~10月30日測定)
(15)第13回原子力規制委員会 | 原子力規制委員会資料1 帰還困難区域の放射線防護対策について(特定復興再生拠点区域外における土地活用関連)【PDF:440KB
(16)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(17)ICRP勧告(1990年)による個人の線量限度の考え (09-04-01-08) - ATOMICA -
(18)報道発表資料 |厚生労働省
(19)農林水産物の緊急時環境放射線モニタリング結果【詳細】 - 福島県ホームページ
(20)福島第一原子力発電所周辺の放射性物質の分析結果|アーカイブ|東京電力⇒各月の<福島第一原子力発電所20km圏内海域>(同所港湾内を除く)
(21)福島第一原子力発電所周辺の放射性物質の分析結果アーカイブ|データ|東京電力ホールディングス株式会社⇒各月の<福島第一原子力発電所20km圏内海域>(同所港湾内を除く)
(22)>福島県における魚介類の試験操業に関するポータルサイトです
(23)(22)⇒漁協によるスクリーニング検査結果⇒ いわき地区 
(24)(22)⇒漁協によるスクリーニング検査結果⇒相馬双葉地区
(25)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(26)めげ猫「タマ」の日記 福島沖クロソイから基準値の5倍のセシウム、福島県検査は154件連続ND
(27)めげ猫「タマ」の日記 福島産、食べて応援、あの世行き(2020年)
(28)福島県の食の安全の動画について - 福島県ホームページ
(29)福島県風評・風化対策強化戦略について - 福島県ホームページ
(30)農薬の安全性Q&A 1 - 農薬でんわ相談 - 社団法人 緑の安全推進協会
(31)おおるりファームの有機栽培はつらいよ♪ #034 有機・無農薬の野菜はなぜ高いのですか? - 相模原町田経済新聞
(32)冬 | ふくしまの果物 | JA全農福島
(33)福島県[伊達市]の農作物 | 夏秋きゅうり さやえんどう 桃 すもも ニラ 柿 | 雑穀類, いも類, 米, 野菜, 果物 | 生産/収穫/作付面積 | 福島県と日本の中の順位 | 市町村 | ジャパンクロップス
(34)保原店|店舗・チラシ情報|リオン・ドール
(35)喜多方仲町店|店舗・チラシ情報|リオン・ドール
(36)>福島県[喜多方市]の農作物 | アスパラガス | 雑穀類, いも類, 米, 麦類, 野菜, 果物 | 生産/収穫/作付面積 | 福島県と日本の中の順位 | 市町村 | ジャパンクロップス
(37)特定避難勧奨地点とは - コトバンク
(38)福島県の推計人口(令和3年2月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(39)有意水準とは - 統計学用語 Weblio辞書
(40)めげ猫「タマ」の日記 女の子が多く生まれる福島市(2021年1月)
(41)出生性比
(42)原爆被爆者の子供における放射線の遺伝的影響 ? 公益財団法人 放射線影響研究所 RERF
(43)全文 - 放射線影響研究所
(44)報道発表資料 |厚生労働省
(45)農林水産物の緊急時環境放射線モニタリング結果【詳細】 - 福島県ホームページ
(46)農林水産部 - 福島県ホームページ
(47)東北協同乳業株式会社 | 福島県本宮市にある11/19-B1乳酸菌ヨーグルトをはじめ、牛乳・プリンなどを製造している会社です。
(48)本宮インター店 | お店を探す | ヨークベニマル
スポンサーサイト



  1. 2021/03/06(土) 19:43:44|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新型コロナまとめ(3月5日)―緊急事態宣言2週間延長、聖火リレーはやっていいの?― | ホーム | 葛尾村、帰還者減、事故10年>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/3556-dbd772c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)