fc2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(3月17日発表)―宮城県スケトウダラからセシウム、福島は301件連続ND―

 食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)(3)。3月17日に2月26日までの食品中のセシウム検査結果が19日遅れで発表になりました(4)。まとめてみたので、お買い物のの参考に頂ければ幸いです。従前に続き今回もセシウム混入食品が見つかっています(5)。事故から10年ですが、セシウム混入食品が見つかり続けています。基準値は(6)を参照ください。
 牛肉を除く厚労省発表分の検査結果の概要は以下の通りです。
  ①検査数 333件
  ②平均は1キログラム当たり1ベクレル、最大67ベクレル(埼玉県産ウラベニホテイシメジ)。
 事故から10年ですが、確りセシウム入り食品が見つかっています。
 従前や今回のデータを解析すると
 ・宮城県スケトウダラからセシウム、福島は301件連続ND
 ・福島県北塩原村はワカサギの季節、検査結果がありません。
 ・上昇つづく福島県産タラの芽(施設栽培)のセシウム
等の特徴があり、福島産は「安全」とは言えません。

1.宮城県スケトウダラからセシウム、福島は301件連続ND
 宮城県スケトウダラからセシウムが見つかったと発表がありました。以下に検査結果を示します。
隣県では見つかっても福島産スケトウダラからは見つからないセシウム
 ※1(1)(2)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからない事)を示す。
 ※3 日付けは捕獲日
 図―1 スケトウダラの検査結果

 図に示す様に、宮城県産だけでなく、北海道、青森県産からも見つかっています。一方で福島県が検査した福島産スケトウダラは厚生労働厚生労働(1)や福島県(2)の発表を数えると301件連続で検出限界未満(ND)です。
 隣県では見つかっているのに、汚染源がある福島産から見つからないなど、海はつながっているのに、おかしな話です。スズキ等の玄米を除く福島産農水産物の出荷前検査は厚生労働省の発表(1)を見ると、全てを福島県農林水産部に属する福島県農業総合センター(8)で実施しています。中立性に疑問があります。
 福島産は他よりも低くでる検査で「安全」とされ、出荷されます。
 
2.福島県北塩原村はワカサギの季節、検査結果がありません。
 福島県北塩原村では、今、ワカサギ釣りが楽しめます(9)。同村はワカサギの季節です。
福島県北塩原村産ワカサギ穴釣り開始を報じる福島のローカルTV局・TUF
 ※(10)をキャプチャー
 図―2 北塩原村のワカサギ穴釣り開始を報じる福島県のローカルTV局(TUF)

 検査結果を以下に示します。
検査結果が出てこない福島県北塩原村産ワカサギ
 ※(11)を引用
 図―3 福島県北塩原村ワカサギの検査結果

 図に示すように出てきません。それでも、福島県は福島産の「安全」を検査で確認していると喧伝しています(12)。福島産は検査していなくても、検査で「安全」とされます。

3.上昇つづく福島県産タラの芽(施設栽培)のセシウム
 福島県産タラの芽(施設栽培)から1キログラム当たり22ベクレルのセシウムが見つかったと発表がありました(13)。以下に2015年度以降の検査結果を示します。
上昇が続く福島産タラノメ(施設)のセシウム
 ※(1)(2)(13)を集計
 図―4 福島県産タラの芽の検査結果

 図に示しように、しばらくは概ね検出限界未満(ND)だったのですが、今年は1キログラム20ベクレルを超える結果が出ています。福島県産タラの芽(施設栽培)のセシウムは上昇が続いています。
 福島産はセシウムが上昇する事があります。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 ・他より低く出る検査で「安全」とされ出荷される福島産
 ・検査でしていなくても検査で、「安全」とされ出荷される福島産
 ・セシウムが上昇する福島産
 これでは「福島産、食べて応援、あの世行き」です(14)。
 (=^・^=)は心配なので
  「買わない」「食べない」「出かけない」の「フクシマ3原則」
を決めています。でも、これって(=^・^=)だけでは無いようです。
 福島を代表する冬野菜にシイタケがあります(15)。福島県須賀川市のシイタケは年間を通し出荷されます。同市の農産物は美味しいとの事です(16)。福島県は福島産は「安全」だと主張しています(17)。でも、福島県須賀川市のスーパーのチラシには福島産シイタケはありません。
他県産はあっても福島産シイタケが無い福島県須賀川市のスーパーのチラシは
 ※(18)を引用
 図―5 福島産シイタケが無い福島県須賀川市のスーパーのチラシ


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)報道発表資料 |厚生労働省
(2)農林水産物の緊急時環境放射線モニタリング結果【詳細】 - 福島県ホームページ
(3)野生鳥獣の放射線モニタリング調査結果 - 福島県ホームページ
(4)食品中の放射性物質の検査結果について(1227報)
(5)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(3月10日発表)―茨城県産ヒラメからセシウム、福島産は354件連続ND ―
(6)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(7)(4)⇒1 自治体の検査結果⇒ 検査結果(Excel:116KB)⇒No314
(8)農林水産部 - 福島県ホームページ
(9)ワカサギ釣り – 裏磐梯観光協会
(10)2年ぶり解禁 桧原湖で氷上ワカサギ釣り 2021/01/29 TUFchannel
(11)品目から探す | 福島県農林水産物・加工食品モニタリング情報⇒魚類⇒わ行⇒い⇒わかさぎ、北塩原村で検索
(12)食品の検査体制 - 福島県ホームページ
(13)(2)⇒令和3年3月12日公表:野菜(R3.3.4-3.9採取分) [PDFファイル/75KB]⇒No7
(14)めげ猫「タマ」の日記 福島産、食べて応援、あの世行き(2020年)
(15)冬 | ふくしまの野菜 | JA全農福島
(16)きのこ | 年間農産物カレンダー | 須賀川市認定農業者会
(17)福島県の食の安全の動画について - 福島県ホームページ
(18)ザ・ビッグ須賀川店 | 宮城県、福島県のイオングループのスーパーマーケット「ザ・ビッグ」 | マックスバリュ南東北 
スポンサーサイト



テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2021/03/17(水) 19:40:48|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<柏崎刈羽1号機は「廃炉」? | ホーム | なにひとつ実現できない福島>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/3569-9127c2f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)