fc2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(3月23日発表)― 福島産スズキは188件連続ND、隣県ではセシウム―

 食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)(3)。3月23日に3月5日までの食品中のセシウム検査結果が18日遅れで発表になりました(4)。まとめてみたので、お買い物のの参考に頂ければ幸いです。従前に続き今回もセシウム混入食品が見つかっています(5)。事故から10年ですが、セシウム混入食品が見つかり続けています。基準値は(6)を参照ください。
 牛肉を除く厚労省発表分の検査結果の概要は以下の通りです。
  ①検査数 255件
  ②平均は1キログラム当たり1ベクレル、最大16ベクレル(千葉県産シイタケ)。
 まもなく事故から10年ですが、確りセシウム汚染食品が見つかっています。
 従前や今回のデータを解析すると
 ・福島産スズキは188件連続ND、隣県ではセシウム
 ・福島・伊達の農家が医療従事者にイチゴを贈る。福島県は検査していません。
 ・福島県南会津町産菌床シイタケから、2016年以降で最高のセシウム
等の特徴があり、福島産は「安全」とは言えません。

1.福島産スズキは188件連続ND、隣県ではセシウム
 (=^・^=)は従前に福島産スズキの検査で検出限界未満(ND)が続いている旨を報告しました(7)。データが追加になったので、以下に検査結果を示します。
隣県では見つかっても福島産スズキからは見つからないセシウム
 ※1(1)(2)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからない事)を示す。
 ※3 日付けは捕獲日
 ※4 淡水は除く
 図―1 スズキの検査結果

 図に示す様に、福島産スズキは検出限界未満が連続しています。厚生労働厚生労働(1)や福島県(2)の発表を数えると188件連続で検出限界未満(ND)です。宮城、茨城、千葉県産からはセシウムが見つかっています。見つかっています。
 隣県では見つかっているのに、汚染源がある福島産から見つからないなど、海はつながっているのに、おかしな話です。スズキ等の玄米を除く福島産農水産物の出荷前検査は厚生労働省の発表(1)を見ると、全てを福島県農林水産部に属する福島県農業総合センター(8)で実施しています。中立性に疑問があります。
 福島産は他よりも低くでる検査で「安全」とされ、出荷されます。

2.福島・伊達の農家が医療従事者にイチゴを贈る。福島県は検査していません。
 福島の冬を代表するくだものにイチゴがあります(9)。福島県伊達市が最大の産地です(10)。伊達地区(伊達市、桑折町、国見町)の農家の皆様が医療従事者にイチゴを贈りました(11)。位置を以下に示します。 
福島県伊達市産イチゴを検査しない福島県凡例 
 ※1(12)(13)にて作成
 ※2 避難区域は(14)による
 ※3 は、イチゴ検査1件を示し(16)による。
 図―2 特異的に汚染されている福島県伊達市

 
 事故10年目ですが、図に示す様にICRPが公衆の被ばく限度とする年1ミリシーベルト(16)を超えた地域が広がっています。特に伊達市は旧避難区域に接しています。避難区域外で、事故発生後1年間の積算線量が20ミリシーベルトを超えると推定される特定避難勧奨地点(17)が設定されたのは、避難指示が出なかった市町村では同市だけです(14)。伊達市は避難しなかった市町村の中では最も汚染が酷い市です。
 2019年以降に、同市で生まれた赤ちゃんは福島県の発表(18)を集計すると
  男の子 284人
  女の子 384人
です。このような事が偶然に起こる確率を計算したら、統計的に差があるとされる5%(19)を下回る1.2%でした(20)。
 通常は男の子が多く生まれる(21)ので異常な事態です。
福島の女性はお隣の宮城や茨城に比べても大変に綺麗です。
福島の綺麗な女性福島
 ※(22)をキャプチャー
 図―3 福島の綺麗な女性

 でも、喜んでばかりもいられないようです。放射線影響研究所は広島・長崎の原爆投下では遺伝的影響がないとしています。その根拠の一つに生まれて来る赤ちゃんの男女比(出生性比)に異常がなかったことあげています(23)(24)。
 伊達市は図―2に示すように汚染が広がり、女の子が多く生まれる出生異常が起きています。確り検査して欲しいと思います。でも、福島県伊達市、桑折町、国見町産イチゴの検査結果はありません。
 福島産は汚染が酷く、出生異常が起きた産地を検査せずに出荷されます。それでも、福島県は福島産は検査で「安全」を主張しています(25)。福島産は検査していなくても、検査で「安全」とされ出荷されます。


3.福島県南会津町産菌床シイタケから、2016年以降で最高のセシウム
 福島県南会津町産菌床シイタケからセシウムが見つかったと発表がありました(26)。以下に2016以降の検査結果を示します。
上昇する福島県南会津町産菌床シイタケのセシウム
 ※(1)(2)を集計
 図―4 福島県の南会津町産菌床シイタケ検査結果

 図に示しようにいったんは低下傾向になったのですが、その後に上昇傾向を示し2016年以降で最高のセシウムです。
 福島産はセシウムが上昇する事があります。


<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 ・他より低く出る検査で「安全」とされ出荷される福島産
 ・検査でしていなくても検査で、「安全」とされ出荷される福島産
 ・セシウムが上昇する福島産
 これでは「福島産、食べて応援、あの世行き」です(27)。
 (=^・^=)は心配なので
  「買わない」「食べない」「出かけない」の「フクシマ3原則」
を決めています。でも、これって(=^・^=)だけでは無いようです。
 福島県郡山市産米の前年度の全量全袋検査は約113万件で、福島県一位です(28)。同市の人口は約33万人なので(18)、市民が食べるには充分な量です。同市のお米は「あさか舞」といって美味しいお米です(29)。安全なので2011年産米ですが、学校給食に使われ子供達に強制的に食べさせました(30)。でも、福島県郡山市のスーパーのチラシに福島産精米はありません。
他県産はあっても福島産米が無い福島県郡山市のスーパーのチラシ
 ※(31)を引用
 図―5 福島産精米が無い福島県郡山市のスーパーのチラシ



―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)報道発表資料 |厚生労働省
(2)農林水産物の緊急時環境放射線モニタリング結果【詳細】 - 福島県ホームページ
(3)野生鳥獣の放射線モニタリング調査結果 - 福島県ホームページ
(4)食品中の放射性物質の検査結果について(1228報)
(5)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(3月17日発表)―宮城県スケトウダラからセシウム、福島は301件連続ND―
(6)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(7)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(3月3日発表)―福島産スズキは178件連続ND、隣県ではセシウム ―
(8)農林水産部 - 福島県ホームページ
(9)冬 | ふくしまの果物 | JA全農福島
(10)福島県[伊達市]の農作物 | 夏秋きゅうり さやえんどう 桃 すもも ニラ 柿 | 雑穀類, いも類, 米, 野菜, 果物 | 生産/収穫/作付面積 | 福島県と日本の中の順位 | 市町村 | ジャパンクロップス
(11)トピックス | JAふくしま未来
(12)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(令和2年8月25日~10月30日測定)
(13)第13回原子力規制委員会 | 原子力規制委員会資料1 帰還困難区域の放射線防護対策について(特定復興再生拠点区域外における土地活用関連)【PDF:440KB
(14)避難区域の変遷について-解説- - 福島県ホームページ
(15)品目から探す | 福島県農林水産物・加工食品モニタリング情報⇒野菜⇒あ行⇒い⇒イチゴ、イチゴ(施設)で検索
(16)ICRP勧告(1990年)による個人の線量限度の考え (09-04-01-08) - ATOMICA -
(17)特定避難勧奨地点とは - コトバンク
(18)福島県の推計人口(令和3年2月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(19)有意水準とは - 統計学用語 Weblio辞書
(20)出生性比
(21)めげ猫「タマ」の日記 女の子が多く生まれる福島市(2021年1月)
(22)【2021/03/19】 郡山女子短大で卒業式(福島県) TUFchannel
(23)原爆被爆者の子供における放射線の遺伝的影響 ? 公益財団法人 放射線影響研究所 RERF
(24)全文 - 放射線影響研究所
(25)食品の検査体制 - 福島県ホームページ
(26)(2)⇒令和3年3月19日公表:山菜・きのこ(R3.3.18採取分) [PDFファイル/79KB]⇒No6
(27)めげ猫「タマ」の日記 福島産、食べて応援、あの世行き(2020年)
(28)ふくしまの恵み
(29)郡山の味自慢「あさか舞」/郡山市公式ウェブサイト
(30)JA郡山市|事業PR
(31)イトーヨーカドー 郡山店
スポンサーサイト



テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2021/03/23(火) 19:55:08|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<常磐道・福島乗り入れ33周年・未来は暗い | ホーム | 福島県飯舘村、3ヵ月連続・帰還者減>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/3575-9887ebef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)