fc2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

自公政権はJR北海道に1,400億円の支援を決定、計上は、新幹線建設費

 自公政権は国が配分している経営安定基金を年利5%で鉄道建設・運輸施設整備支援機構が借り入れ、年5%の利息を支払う形で1,400億円の支援を決定しました(1)。鉄道建設・運輸施設整備支援機構は新幹線の建設などを担当しており(2)、新幹線建設には国の補助金(税金)が使われます(3)。自公政権はJR北海道への補助を決定しましたが、これを新幹線建設費として計上します。11月には総選挙があります(4)。選挙前のバラマキでしょうか?
 福島には3つの第三セクターの鉄道があります。阿武隈急行(5)、会津鉄道(6)、野岩鉄道(7)です。それぞれ福島県が出資するなどして応分の負担をしています。また、只見線の一部区間(会津川口―只見間約28km)については、福島県が鉄道施設及び土地を保有し、JR東日本は保有する車両を用いて運行を実施する「上下分離方式」で合意しています(8)。地方が不採算の鉄道路線を維持するには応分の負担をするのが、全国的な流れです。
 JR北海道は北海道を中心として旅客鉄道等を運営する鉄道会社です。鉄道14路線計2488.3 kmを運営します(8)。これはJR九州の2,273.0 kmより長くなっています(10)。九州の人口は1,274万人(11)に対して、北海道の人口は524万人(12)で九州の半分以下です。これで九州より長い鉄道路線を維持できるわけがありません。
 北海道の第三セクター鉄道は新幹線開業でJR北海道から分離された「道南いさりび鉄道線」のみです(13)(14)。札幌市交通局(15)や函館市企業局交通部(16)がありますが、こちらは地下鉄や市電を運行しており、JR北海道の赤字路線は引き継いでいません。従前に第三セクター鉄道してJR北海道から池北線を引き継いだ「北海道ちほく高原鉄道」が存在しましたが、2006年4月に廃止になりました(17)。
 すでに記載したように、赤字の鉄道を維持したい場合は自治体が引き通り、運営するのが通常の流れです。一方で北海道はこれをJR北海道に押し付け続けています。たまりかねたののか、2016年11月18日に、この時点で営業している2,500km余りの半分にあたる1,236kmについて、JR北海道単独で維持することが難しいとして、バスへの転換や運行にあたって自治体からの財政支援が不可欠だと明らかにしいました(18)。路線1kmあたりの平均乗客数である輸送密度で2,000人に満たない11の区間が対象となっています。200人に満たない3区間(札沼線北海道医療大学―新十津川間、根室線富良野―新得間、留萌線)についてバスへの転換を提案しました(3)。
廃止が求められている北海道の鉄道
 ※1(18)を引用
 ※2 Aは札沼線北海道医療大学―新十津川間、Bは根室線富良野―新得間、Cは留萌線
 図―1 JR北海道が廃止を提案した路線

 また他の8区間は自治体の財政支援を求めました(18)。
支援が求められいる北海道の鉄道
 ※1(18)を引用
 ※2 Dは宗谷線名寄―稚内間、Fは根室線滝川―富良野間、Gは室蘭線沼ノ端―岩見沢間、Hは釧網線、Iは日高線苫小牧―鵡川間、Kは富良野線
 ※3 Iの先の日高線鵡川―様似は2015年1月に高波で土砂が流失し、不通になった(17)。
 図―2 自治体に財政支援を求めた区間

 廃止が提案された留萌本線の輸送密度は1日当たり11人です。100円の収入を得るのに1,854円かかったそうです。乗客を40倍に増やさないとペイしません。財政支援が求められた宗谷線の名寄―稚内間の輸送密度は1日当たり403人です。100円の収入を得るのに618円かかるそうです(18)。鉄道で採算がとれる輸送密度は1日当たり4000人と言われています(19)。経営努力でペイさせるのは無理です。
 ところがなかなか決着しません。支援や自治体の財政支援が求められていた11区間のういち決着がついたのは札沼線北海道医療大学―新十津川間(20)と2015年1月より普通になった日高線の鵡川―様似間の廃止が決まりました(21)。
 赤字路線の整理が進まいので、JR北海道の赤字体質は解消されません。北海道はJR北海道の経営改善に非協力的です。北海道の皆様にしてみれば、北海道の鉄道網を維持するのは国の責任と考えるかもしれません。全国には97の公共用飛行場がうち14は北海道にあります(22)。高速道路も整備されています(23)。国は北海道の航空網や高速道路の整備をしています。そのうえ鉄道網もなどは地域エゴです。支援でなく「破綻処理」を選択するのが妥当です。でも自公政権は財政支援を決めました。北海道旅客鉄道(JR北海道)には1987年(昭和62)に国鉄が分割・民営化された際に6822億円を国鉄清算事業団(1998年解散)が拠出しました。JR会社法は経営安定基金の取崩しを原則として禁じています(24)。うち約2900億円を鉄道建設・運輸施設整備支援機構が年利5%での借り入を決めました。今後10年で約1450億円です(1)。鉄道建設・運輸施設整備支援機構は新幹線の建設などを担当しており(2)、新幹線建設には国の補助金(税金)が使われます(3)。自公政権はJR北海道への補助を決定しましたが、これを新幹線建設費として計上します。11月には総選挙があります(4)。選挙前のバラマキでしょうか?

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 自公政権は直接でなく、鉄道建設・運輸施設整備支援機構経由でのJR北海道支援を決めました。最終的には税金で賄われますが、その時の歳出名目は「新幹線建設費」です。このような複雑怪奇な金の流れを考えたのは、国民にJR北海道支援を明示できないたです。国によるJR北海道支援は国民の理解を得られません。それを、複雑なお金の流れで、国民の目を誤魔化し実施します。このような自公政権では福島の皆様は不安だと思います。
 福島を代表する夏野菜にピーマンがあります(25)。9月もピーマンのシーズンです(26)。福島のピーマンは美味しいとの事です(27)。福島県は福島産は「安全」だと主張しています(28)。でも、福島県福島市のスーパーのチラシには福島産ピーマンはありません。
他県産はあっても福島産ピーマンが無い福島県福島市のスーパーのチラシ
 ※(29)を引用
 図―3 福島産ピーマンが無い福島県福島市のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県福島市の皆様を見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にさせて頂いたサイト様および引用した過去の記事―
(1)JR2社に1千億円超の財政支援 北海道と四国、10年間で | 共同通信
(2)鉄道建設・運輸施設整備支援機構 - Wikipedia
(3)整備新幹線 - Wikipedia
(4)衆院選、11月7日か14日有力 知事選の同日選へ慎重に対応 | 河北新報オンラインニュース / ONLINE NEWS
(5)阿武隈急行 - Wikipedia
(6)会津鉄道 - Wikipedia
(7)野岩鉄道 - Wikipedia
(8)【PPP】JR只見線、上下分離方式で全線復旧へ/福島県とJR東日本が運休区間の鉄道復旧について基本合意 | インフラト
(9)北海道旅客鉄道 - Wikipedia
(10)九州旅客鉄道 - Wikipedia
(11)九州 - Wikipedia
(12)北海道 - Wikipedia
(13)北海道の鉄道 - Wikipedia
(14)道南いさりび鉄道線 - Wikipedia
(15)札幌市交通局 - Wikipedia
(16)>函館市企業局交通部 - Wikipedia
(17)北海道ちほく高原鉄道 - Wikipedia
(18)当社単独では維持することが困難な線区について(PPT版)【PDF/3,769KB】
(19)輸送密度 - Wikipedia
(20)北海道)留萌線一部廃止で合意 沿線4市町 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル
(21)日高本線 - Wikipedia
(22)北海道にある空港 |北海道開発局
(23)北海道の高速道路 | 旅の基本情報 | たびらい
(24)経営安定基金とは - コトバンク
(25)夏 | ふくしまの野菜 | JA全農福島
(26)福島県の旬(出回り時期) 野菜編
(27)おいしいふくしま旬の農産物│TUF
(28)福島県の食の安全の動画について - 福島県ホームページ
(29)イオン 福島店のチラシ・特売情報 | トクバイ

スポンサーサイト



  1. 2021/09/28(火) 19:48:15|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島産、食べて応援、あの世行き(事故11年目前半) | ホーム | 2021も安値、福島のモモ、復興五輪は効果なし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/3766-c1354b25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)