めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

出荷規制 旧市町村単位に セシウム基準値超の果物・野菜-これでは未検査品が市場にあふれる!

 福島県はセシウム基準値超の果物・野菜の出荷規制 旧市町村単位にすることを決めました(1)。旧市町村は379もあります(2)。すべての品目について379地区の検査をできるとは(=^・^=)には思えません。なんか、未検査の食材が大量に出回るような気が(=^・^=)にはします。
 全国ではあまり注目されませんが、福島県の地元紙の報道によると
 「(福島)県は10日までに、果物と野菜の放射性物質検査で基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超える放射性セシウムが検出された場合、現在市町村単位で要請している出荷自粛を旧市町村単位に改めることを決めた。」
そうです(1)。
 ところで、福島県の旧市町村は379もあります(2)。一方、厚生労働省のデータ(3)を(=^・^=)なりに集計すると、今年1月から6月の半年で福島県の検査数は6,165回(牛肉を除く)です。一か月にすれば、1000件程度です。(=^・^=)は出荷しているものは月に1回くらいは検査すべきだと思います。旧市町村単位となると、検査できるのはせいぜい2~3品目(1165÷6÷379=2.7)です。でも、福島県のホームページには季節の野菜や果物として、約30種の名称が記載されていました。これだと1割程度しか検査されていない事になります。(=^・^=)は安心できません。

<余談>
 モモの季節はこれからので、スモモ(プラム)の検査結果を纏めてみました。

brg120711a.gif

 ※データは厚生労働省による(3)

図―1 福島県伊達市産プラムの放射性セシウム(死の灰)濃度推移

たった一週間で大きく上がったように(=^・^=)には見えました。この話をご主人様にしたら、
 福島県のモモは好物だった。でも、こんな体制では・・。



‐参考にしたサイト様-
(1) 出荷規制 旧市町村単位に セシウム基準値超の果物・野菜 | 県内ニュース | 福島民報
(2)福島県の廃止市町村一覧 - Wikipedia
(3)農林水産省/食品中の放射性物質の検査結果(厚生労働省)
(4)福島県ホームページ - 組織別 - 農林水産物のモニタリングに関する情報
スポンサーサイト
  1. 2012/07/11(水) 21:13:23|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<死亡率は上がったまま!福島県郡山市(3~6月集計) | ホーム | 福島原発30km圏内にオスプレイが飛んでくる。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/377-65cc6c7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)