めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(7月3週)

 食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。週末なので、今週(7月17日~20日)の食品中の放射性セシウムの検査結果をまとめてみました。お買いものの参考になればいいかなと思います。
  ①検査数1,515件中38件の基準値超え(全体の2.5%)
  ②平均は、1キログラム当たり10.6ベクレル、最大は1,700ベクレル(福島産シロメバル)
  ③基準超の食品は、岩手、宮城、福島、茨城、栃木の各県で見つかっています(過去1か月でみると、群馬、千葉、神奈川、長野が加わります)。
※1集計期間7月17日から7月20日
※2牛肉を除く

brg120721a.gif


  図―1 食品中の放射性セシウム検査結果のまとめ(7月3週)

  色分けは以下の通りです。
 
  出荷制限・自粛対象外の地域・品目から基準値超えの食品が見つかった県
  基準値超えの食品が見つかった県
  ※ 基準値はおおむね1キログラム当たり100ベクレルです。


1.不安な食材が今週もいっぱい出た!
 検査結果(1)を見ていると、栃木県、宮城県、福島県などので不安な食材がいっぱい見つかりました。以下に詳しく書きます。
 ①3回連続アウト 中禅寺湖のヒメマス―でも出荷制限はなし
  今週の検査で、中禅寺湖(栃木県日光市)のヒメマスから1キロ当たり170ベクレル(Bq/kg)の放射性セシウムが見つかりました(1)。出荷制限がされていないので、過去のデータを調べたら、今回も含め3回測定されていました。値は
 5月25日発表 - 180(Bq/kg)
 6月26日発表 - 150(Bq/kg)
7月20日発表 - 170(Bq/kg)
です。基準値(100(Bq/kg))を超えています。でも、出荷制限はありませんでした(1)。いくら検査したからと言って、結果が生かされなければ全く無意味です。(=^・^=)は「不安・危険」を感じました。なんか、栃木県産の食材すべてが(=^・^=)には「不安・危険」に見えています。
 基準超えをしていませんが、中禅寺湖産のニジマスはギリギリです。
  5月25日発表 - 59(Bq/kg)
7月11日発表 - 98(Bq/kg)
です。

 ②女川の銀鮭の検査はたった1回
 宮城県女川町は5、000トン以上の養殖銀鮭(2010年度)を生産しています(2)。でも、厚生労働省によると、宮城県女川町のすぐ南の海域では5種ものお魚の出荷制限がかけられています。

brg120721b.gif
  ※厚生労働省発表(1)を(=^・^=)が地図化
  図―2 女川町付近の出荷制限海域

ちゃんと検査されているか心配になり(=^・^=)なりに調べたら検査結果は
  5月17日発表の0.71(Bq/kg)
のたった1回でした。たった1回の検査で大丈夫か(=^・^=)は不安にありました。そこで宮城県産の銀鮭の検査結果をまとめてみました。

brg120721c.gif
 ※厚生労働省発表(1)を(=^・^=)が集計
  
 図―3 宮城県産銀鮭の検査結果のまとめ

 宮城県全体でも、銀鮭は検出限界以下が多いですが、基準値の100Bq/kgを超える物もあります。だから、たった1回の検査で、問題がないとしても全体に適応するのは無理があると(=^・^=)は思います。
 女川湾では他の魚も養殖されています。検査結果を(=^・^=)なりに調べたら
  ヒラメ 2012/5/25発表 43(Bq/kg)
  ケムシカジカ 2012/5/25発表 3.2(Bq/kg)
他の魚種も銀酒同様にたった1回です。ヒラメなどは43(Bq/kg)です。複数回検査したら基準越が見つかる可能性が非常に高いと(=^・^=)は思います。1回目の検査でOKだから、あとは検査しないなんてことはないと思いますが、基準超えの食品を出さない最良の方法は「検査しない」であることは間違いない事実です。
 
 ③上がり続ける宮城県産「クロダイ」の放射性セシウム濃度
  宮城県沖のクロダイの基準超えは、今月2回目です。そこで放射性セシウム濃度の推移をグラフにしてみました。

brg120721d.gif

 図―4 宮城県沖のクロダイの放射性セシウム濃度のまとめ
 
  福島原発の放射性物質(死の灰)ばら撒きから1年過ぎても、まだお魚の放射性セシウムの濃度は上がり続けているように(=^・^=)には思えます。今は、安全といわれている魚も、ある日突然に基準超えなんて・・・

 ④加工にしたら放射性セシウム濃度が上がった福島県産さくらんぼ!
福島県のホームページ(4)によると、福島県のさくらぼのシーズンは6月から7月上旬だそうです。また、福島市の生産量が一番多いそうです。そこで、福島市のサクランボとその加工品の検査結果をまとめてみました。

brg120721e.gif

図―5 福島市産サクランボおよび加工品の検査結果のまとめ

 最大でも9.1(Bq/kg)で、まったく問題のないレベルだと思います。でも、気になることがあります。サクランボジャムからは41(Bq/kg)の放射性セシウムが見つかっています。サクランボジャムのレシピ(4)を見たら、サクランボの等量の砂糖をつかいます。また、ジャムにする前にじく・種を取り除くのでサクランボの重量はもっと減ります。砂糖の原料となるテンサイは北海道で、サトウキビは鹿児島・沖縄が主産地なので(5)放射性セシウム汚染は皆無だと思います。すると、砂糖を入れた分、放射性セシウム濃度が下がり、半分以下になると(=^・^=)は思います。41(Bq/kg)のジャムを作るには80(Bq/kg)程度に汚染されたサクランボが必要です。
 (=^・^=)はサクランボの検査に問題があったと思います。図―5をもう一度みてください。サクランボのシーズンは7月上旬まであります(3)が、検査は6月中旬で終わっています。その後、徐々に放射性セシウム濃度が上がっていき、そこから作ったジャムから41(Bq/kg)のセシウムが見つかったりして・・・。福島県郡山市産のタケノコは最初は基準値以下でしが、どんどん上がって行き最後は基準値を大きく超えてしまいました。

brg120625b.gif
 
 図―6 郡山市産のタケノコの放射性セシウム推移((6)よりを引用)

 原因はともかく現象からみれば福島県の検査体制に問題があることは確かだと思います。いよいよモモのシーズン、モモは大丈夫でしょうか・・・

2.ウナギの検査結果をまとめてみた(養殖ウナギは検査されていない)。
 来週7月27日は土用の丑の日です(6)。でも、高値が続いている(6)ので、迷っている人もいると思います。でも、ウナギの今年の検査結果を(=^・^=)なりにまとめてみました。

表ー1 うなぎ検査結果のまとめ

brg120721f.gif


 養殖ウナギのデータはありません。去年の今頃に、稲わら汚染牛問題がありました。福島原発事故で汚染された稲わらを食べた牛さんに放射性セシウムに汚染されました(7)。うなぎ用の配合飼料の材料の大部分は、魚粉や魚油です(8)。セシウム汚染で売れ残ったお魚が魚粉や魚油にされ、ウナギの餌になって養殖ウナギに放射性セシウム汚染を引き起こしてとっても心配です。
 ウナギ産は1日に体重の2%程の飼料を食べます(8)。うなぎの養殖期間は半年から1年半です(9)。1年とすると、
 0.02×365=7.3
で体重の7.3倍の餌を食べると思います。
 元のお魚が検出限界程度の10Bq/kg程度の放射性セシウム汚染されているとします(仮定)。マイワシの含水率は64.4%程度なので(9)、水分を取り除き魚粉にすれば
  10÷(100-64.4)×100=28(Bq/kg)
になります。これを7.3倍も食べるので
  28×7.3=204(Bq/kg)
になる可能性も否定できないと思います。でも養殖ウナギの検査はされていません。

<余談>
 福島県のサクランボの最大値は41(Bq/kg)です。放射線が全部見えらどうなるかアニメ(GIF)を作ってみました。

chearry41.gif

 ※1 考え方はすでに書いた通りです。また、単位の説明もしてます(10)。
 ※2 このアニメの作成に当たり素材サイト様(11)の絵を使わせていただきました。この場を借りてお礼申しあげます。
 ※3 サクランボ1個は6gとしています(12)。   

―参考したサイト様および引用いた過去の記事―
(1)農林水産省/厚生労働省(食品中の放射性物質の検査結果)
(2)○H22年度版 統計資料 女川の水産(PDF)
(3)うつくしま旬の果物(おうとう)
(4)さくらんぼジャムレシピ|さくらんぼのはてな
(5)砂糖 - Wikipedia
(6)価格ウナギ登り、老舗直撃
(7)農林水産省/稲わらの利用に関する指導等について
(8)株)科学飼料研究所
(9)五訂増補日本食品標準成分表 [第2章] 10魚介類
(10)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(11)さくらんぼ : ぱちくり屋のPOP-BLOG
(12)果物の目方の目安
スポンサーサイト
  1. 2012/07/21(土) 20:25:19|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<7月3週もトラブルいっぱい!福島原発 | ホーム | 死亡率は上がったまま!福島県(3~6月集計)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/388-9f451987
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)