fc2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(6月21日発表)―福島県磐梯町産ネマガリタケから270(Bq/kg)のセシウム、福島県検査は全数が基準値以下―

 食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)(3)。6月21日に6月10日までの食品中のセシウム検査結果が11日遅れで発表になりました(4)(5)。まとめてみたので、お買い物のの参考に頂ければ幸いです。前回に続き(6)今回も基準値を超えるセシウム汚染食品が見つかりました。
 牛肉を除く厚労省発表分の検査結果の概要は以下の通りです。
  ①検査数 3,518件中21件の基準超え
  ②平均は1キログラム当た7ベクレル、最大270ベクレル(福島県産ネマガリタケ)。
 厚生労働省や福島県の発表(1)(2)を解析すると
 ・福島県磐梯町産ネマガリタケから270(Bq/kg)のセシウム、福島県検査は全数が基準値以下
 ・北海道、宮城、千葉県産海産魚からセシウム、福島産は2,669件連続ND
 ・福島でジュンサイの収穫が始まる。検査結果は見つかりません。
 ・過去最高を記録した福島県南相馬市産グリーンピースのセシウム
等の特徴があり、福島産は「安全」とは言えません。

1.福島県磐梯町産ネマガリタケから270(Bq/kg)のセシウム、福島県検査は全数が基準値以下
 福島県外(国立医薬品食品衛生研究所)の検査で、流通している福島県磐梯町産ネマガリタケから、基準値の1キログラム当たり100ベクレル(6)の3倍近い同270ベクレルのセシウムが見つかったと発表がありました(9)。以下に検査結果を示します。
福島県検査では基準値以下も福島県外検査では基準値の3倍近い磐梯町産ネマガリタケの検査結果
 ※1(1)(2)を集計
 ※2 基準値は(6)による。
 ※3 日付は収穫日ないし購入日
 ※4 NDは検出限界未満を示す。
 図-1 福島県磐梯町産ネマガリタケの検査結果

 図に示すように、福島県の検査では事故後12シーズン連続で基準値以下です。一方で、福島県外で検査すると、いきなり基準値の3倍近い値です。この検査結果は6月9日に出ていたのですが、岸田政権が発表したのは12日後の6月21日です。
 長野県産コシアブラから基準値を超える1キログラムあたり120ベクレルのセシウムが見つかったと発表されました。こちらは6月1日には検査結果が出ていたのですが、発表は20日後の6月21日です(10)。岸田政権は基準超のセシウム汚染食品の市場流出が見つかっても直ぐに発表しません。国民の安全より大切な物があるようです。
 福島県外(国立医薬品食品衛生研究所)の検査で、福島県南会津町産ゼンマイからセシウムが見つかったと発表がありました(10)。以下に検査結果を示します。
福島県外に比べ低い福島県南会津町ゼンマイの福島県の検査結果
 ※1(1)(2)を集計
 ※2 日付は収穫日ないし購入日
 ※3 NDは検出限界未満を示す。
 図-2 福島県南会津町産ゼンマイの検査結果

 図に示すように、福島県の検査は福島県外の検査より全てで低くでています。
 福島県外(国立医薬品食品衛生研究所)の検査で、福島県南会津町産タラノメからセシウムが見つかったと発表がありました(10)。以下に検査結果を示します。
福島県外に比べ低い福島県南会津町タラノメの福島県の検査結果
 ※1(1)(2)を集計
 ※2 日付は収穫日ないし購入日
 ※3 NDは検出限界未満を示す。
 図-3 福島県南会津町産タラノメの検査結果

 図に示すように、多くが検出限界未満(ND)で、福島県の検査は福島県外の検査より全てで低くでています。
 磐梯町産ネマガリタケ、南会津町産ゼンマイ、タラノメの福島県の検査は福島県外の検査に比べ低く出ています。特にネマガリタケは、福島県の検査では、基準値以下ですが、県外検査では基準値の3倍近い値です。

2.北海道、宮城、千葉県産海産魚からセシウム、福島産は2,669件連続ND
 千葉県産スズキからセシウムが見つかったと発表がありました(13)。北海道産と宮城県産スケトウダラからもセシウムが見つかったと発表がありました(15)(16)。千葉県産ムシガレイ、マサバからもセシウムが見つかったと発表がありました(17)(18)。福島県外の海産魚からは各地でセシウムが見つかっています。以下に海産魚の検査結果をしめします。
福島以外では見つかっても福島産海産魚からは見つらないセシウム
 ※1(1)(2)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからない事)を示す。
 ※3 日付けは採取日
 図―4 海産魚の検査結果

 図に示すように北海道から神奈川県まで広い範囲で見つかっています。一方で、福島県が検査した福島産海産魚は検出限界未満(ND)が続いています。厚生労働省(1)や福島県の発表(2)を数えると2,669件連続です。海は繋がっているのに汚染源がある福島産からはセシウムが見つかりません。
 海産魚などの福島産農水産物の出荷前検査は、概ね福島県農林水産部に属する福島県農業総合センター(19)が実施しています。中立性に疑問があります。図-1,2,3に示すように、ネマガリタケ、ゼンマイ、タラノメでも福島県の検査は福島県外検査に比べ低く出ています。
 福島産は他よりも低く出る出荷前検査で安全とされ出荷されます。


3.福島でジュンサイの収穫が始まる。検査結果は見つかりません。
 ジュンサイはスイレンの仲間の水草で、つるんとした食感で初夏の味覚として珍重されています。福島で収穫が始まりました(20)。以下に検査結果を示します。
検査結果が出て来ない福島産ジュンサイ
 ※(21)を引用
 図-5 福島産ジュンサイの検査結果

 図に示すように検査結果が出て来ません。それでも、福島県は福島産の安全を検査で安全を確認していると主張しています(22)。
 福島産は検査されていなくても、検査で「安全」とされ出荷されます。

4.過去最高を記録した福島県南相馬市産グリーンピースのセシウム
 福島県南相馬市産グリーンピースからセシウム見つかったと発表がありました(23)。以下に検査結果を示します。
上昇し過去最高を記録した南相馬市産グリーンピースのセシウム
 ※1(1)(2)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからない事)を示す。
 ※3 日付けは収穫日
 図-6 福島県南相馬市産グリーンピースの検査結果

 図に示すように2011年の事故以降から検出限界未満(ND)が続いていたのですが、突然のセシウムです。無論、過去最高です。事故から11年以上が経過しましたが、福島産はセシウムが上昇し、過去最高を記録する事があります。


<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 ・汚染食品の市場流出が見つかっても直ぐには公表されない福島産
 ・他より低く出る検査で「安全」とされ出荷される福島産
 ・検査していなくとも、検査で「安全」とされる福島産
 ・セシウムが上昇する福島産
 これでは「福島産、食べて応援、あの世行き」です(24)。
 (=^・^=)は心配なので
  「買わない」「食べない」「出かけない」の「フクシマ3原則」
を決めています。でも、これって(=^・^=)だけでは無いようです。
だと思います。
 福島県に水揚げされる魚のなかで、年間の水揚げ額が最も高いのがカツオです。福島県のいわき市小名浜港は全国主要43港のなかでも水揚げ額で上位を誇ります(25)。TOKIOのテレビCMが流れました(26)。福島県いわき市を代表する魚のようです。福島県は福島産は安全だと主張しています(27)。でも、福島県いわき市小名浜のスーパーのチラシには福島産カツオはありません。
他県産はあっても福島産カツオがない福島県いわき市小名浜のスーパーのチラシ
他県産はあっても福島産カツオが無い福島県いわき市小名浜のスーパーのチラシ
 ※(28)を引用
 図―7 福島県産カツオが無い福島県いわき市小名浜のスーパーのチラシ


―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)報道発表資料 |厚生労働省
(2)農林水産物の緊急時環境放射線モニタリング結果【詳細】 - 福島県ホームページ
(3)加工食品等の放射性物質検査について - 福島県ホームページ
(4)食品中の放射性物質の検査結果について(1293報)
(5)食品中の放射性物質の検査結果について(1294報)
(6)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(6月14日発表)―福島県大玉村産焼き芋からセシウム、サツマイモは全数ND―
(7)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(8)(4)⇒3 国立医薬品食品衛生研究所における検査⇒  検査結果(Excel:24 KB)
(9)(8)⇒No7
(10)(5)⇒3 国立医薬品食品衛生研究所における検査⇒  検査結果(Excel:18 KB) ⇒No21
(10)(8)⇒No2
(11)(8)⇒No3
(12)(5)⇒1 自治体の検査結果⇒ 検査結果(Excel:117 KB)
(13)(8)⇒No248,260,262,263,264
(14)(4)⇒1 自治体の検査結果⇒  検査結果(Excel:499 KB) 
(15)(13)⇒No79
(16)(12)⇒No137
(17)(12)⇒No256 千葉県産ムシガレイ
(18)(13)⇒No53 千葉県産マサ
(19)農林水産部 - 福島県ホームページ
(20)ジュンサイの収穫始まる 福島県北塩原 NPO法人が摘み取り体験会 | 福島民報
(21)品目から探す | 福島県農林水産物・加工食品モニタリング情報⇒野菜⇒さ行⇒じ⇒ジュンサイで検索
(22)水・食品等の放射性物質検査 - ふくしま復興ステーション - 福島県ホームページ
(23)(2)⇒令和4年6月17日公表:野菜・果実(R4.6.9-6.14採取分) [PDFファイル/120KB]⇒No6
(24)めげ猫「タマ」の日記 福島産、食べて応援、あの世行き(2021年度)
(25)小名浜のカツオ|福島県|全国のプライドフィッシュ|プライドフィッシュ
(26)ふくしまプライド
(27)福島県の食の安全の動画について - 福島県ホームページ
(28)イオンスタイル いわき小名浜のチラシ・特売情報 | トクバイ

スポンサーサイト



テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2022/06/22(水) 19:48:04|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新白河駅40年、未来は暗い | ホーム | 大熊町、居住者減、復興拠点避難指示解除も効果なし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/4034-517c07fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)