fc2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

新型コロナまとめ(11月7日)―北鮮ミサイルより危険な岸田政権のウィズコロナ―

 11月3日に北朝鮮はミサイルを発射し。Jアラートがでました。でも、北朝鮮のミサイルで負傷したり死んだ方はいません(1)。岸田総理はウィズコロナを唱え(2)、10月11日より全国旅行支援が始め(3)、水際対策が緩和しました(4)。そして、感染者が増加しましました。岸田政権のウィズコロナ政策は北朝鮮のミサイルより危険です。
 11月7日時点の新型コロナの累積の感染者は
 ①プリンセス・ダイヤモンド  712人
 ②検疫等        22,461(チャーター便15、検疫22,446)(5)
 ③国内感染   23,683,796人
 合計      22,507,278人
で、約2千3百万人です。日本の人口は12,384万人なので(6)、人口の18%から感染が見つかりました。新型コロナは国民病です。
 以下に日々の感染者推移を示します。
自公政権の失政の後で増える新型コロナ
 ※1(7)を集計
 ※2 春節は中国・春節(8)。
 ※3 武漢縛りは、初期のコロナ対応で、武漢関係者以外検査しないとの自公政権の方針(9)
 ※4 gotoはgotoトラベル発表(10)
 ※5 goto東京はgotoトラベル東京適応(911)
 ※6 聖火は聖火リレー開始(12)
 ※7 五輪は東京オリンピック開会式(13)
 ※8 水際対策緩和は(14)
 図―1 日本の日々の感染者数とイベント

 自公自公政権はGoto等の人流促進策(10)やオリンピック(13)等のイベントを強行しました。その後で感染が拡大しています。自公政権は「GoToトラベルが感染拡大の主要な要因であるとのエビデンスは、現在のところ存在しない」(15)とか「(オリンピック、パラリンピックについて)安全安心な大会実現できた」(16)と言っていますが、gotoトラベルが感染を増加させたり(17)、大規模イベントによる人流の拡大が感染を広げた(18)と専門家の皆様は見ています。水際対策では在日米軍とゆう穴を放置しました。そこからコロナが染み出し(19)、その後に第6波です。さらに6月1日に水際対策を緩和しました(14)。新型コロナ感染拡大の前には自公政権の失政があります。第7波を6月1日からとすると、感染者は13,813,091人で、感染者の過半数を超えています(3)(20)。
 以下に新型コロナ死者数の推移を示します。
第7波が最も多い新型コロナ死者数
 ※(7)を集計
 図-2 新型コロナの日々の死者数

 図に示すように、7波に入って大きく増えています。累積で46,309人で約5万人です(3)。第7波(6月1日~)の死者数は16,451人で(3)(20)、全7波中で最多です。
 集団免疫の概念があります。感染などにより多くの方が免疫をもてば、感染がやがて収束すると概念です(1)。累積の感染率と、2週間前に対する比率の都道府県別の相関を示します。
 累積感染率が高いほど低い新型コロナ感染増加率
※(5)(21)(22)(23)を集計
 図-3 累積の感染率と、2週間前に対する増減比率の相関

 図に示すように累積感染率が高い都道府県では増加が抑えられています。感染が広がり、多くの方が免疫をもち感染が広がらなくなる集団免疫(24)が形成されつつあります。
 以下に都道府県別の累積の感染率と3回目ワクチン接種率の相関を示します。
3回目接種率が高いほど低い新型コロナ感染率
 ※(5)(23)(25)を集計
 図-4 3回目接種率と累積の感染率の相関

 図に示すように3回目接種率が高い都道府県ほど累積の感染率が低くなっています。
以下にワクチンの累積の接種状況を示します。
 進まないワクチン接種
※(25)を集計
 図-5 日本のワクチン接種人数(累積)

 図に示すように3回目も含め増加が止まっています。そして、2千万人の方が一度のワクチンを接種していません。数値を記載すると
 1回でも接種 10,101万人(82%)
 2回以上接種 10,030万人(81%)
 3回以上接種  8,640万人(70%)
 オミクロン対応接種 840万人( 7%)
です(25)。なお、()内は全人口に対する割合です。そして、図に示すように頭打ちです。
 以下に東京都の累積の年代別感染率を示します。
20代以下で高い新型コロナの感染率
 ※(26)(27)を集計
 図-6 年代別感染率

 子育て世代(28)や子供の感染率が高くなっています。以下に年代別の新型コロナワクチン未接種人数を示します。
子供や子育て世代に多いワクチン未接種者
 ※(25)を集計
 図-7 年代別ワクチン未接種人数

 図-6との比較で、感染率が高い40代以下で多くなっています。特に12歳未満が顕著です。12歳未満の子供はおおむね保護者や兄弟姉妹と同居しているはずです。家庭内感染を防ぐことが難しくなっており、家族全員が陽性となったという事例も非常に多く見られます(29)。子供が感染すれば、新型コロナウイルスを家庭内に持ち込み、家庭内感染を引き起こし、感染家庭を起点に感染を社会全体に広げる危険がありあす。ワクチン接種が感染拡大予防に効果があります。以下に子供(5~11歳)のワクチン接種状況を示します。
進まない子供のワクチン接種
 ※(25)を集計2
 図-8 子供のワクチン接種状況

 図に示すように進んでいません。10月23日時点で、1回でも接種を終えたお子さんは732万人中167万人です。まったく進んでいません。一方、全国旅行支援では12歳未満の子供のワクチン接種証明や検査の陰性証明は不要です(30)。これでは、全国旅行支援で旅行に出かけた子供が旅先で感染し、学校で感染を広げそうです。
 しかたが無いことです。旧統一教会との関係を批判され先月辞任した、前経済再生担当大臣が、自民党の新型コロナ対策本部の本部長に就任し、ワクチン接種の推進などに取り組む考えを示しました(31)。こんな方が、ワクチン推進を言い出しては逆に多くに方が疑心暗鬼になります。
 以下に台湾の日々の感染者数を示します。
今年4月以降に急増した台湾の新型コロナ感染
 ※(7)(32)を集計
 図―9 台湾の日々の感染者数

 図に示すとおり、今年4月以降に入り急拡大しました。一時は減少に転じたのですが、再び増加です。累積では感染者は789万人です。
 台湾の人口は2,356万人(33)なので、人口の33%(789万÷2,356万×100)から感染が見つかりました。日本の18%より高い値です。台湾では87%の方が2回、3回目のワクチン接種を終えています(34)。これも日本より高い値です。
 感染の拡大と現状のワクチン接種率だけでは新型コロナを感染を減少に導けません。
 一方で、岸田総理はウィズコロナを唱え(2)、これに固執しています。
 オミクロン株は発症までの潜伏期間が平均2・8日となっており、オミクロン株は発症までの潜伏期間が平均2・8日となっており、発症の2日前から発症当日にかけて他者にうつすケースが9割を占めいます(35)。感染者を早急に見つけ、感染者に行動抑制をお願いすれば、感染の機会が減らせます。そのためには検査が重要です。以下にPCR等の検査数を示します。
減少するPCR等の検査数
 ※(7)集計
 図ー10 PCR等の検査数

 図に示すようにPCR検査が大幅に減り、感染者の減少しているにも関わらず、感染者との肉薄状態が続いています。
 陽性率は新規陽性者数÷検査数×100(%)で計算します。この数字が高いと陽性者の全体像が正確に把握できず、見逃している新規陽性者が多くいたと推測できます(36)。数値は
  近々のボトム(6月12~18日)   6%
  近々7日(10月31日~11月6日)50%
 です。検査した方の半分が陽性者です。疑いが濃厚でないと、検査を受けられないようです。これでは感染者を見逃しそうです。東京都のHP(37)を見ると濃厚接触者になった場合は自宅待機は求められますが症状が出ない限り検査は受けられません。大部分が無症状のうちに感染させます。濃厚接触の検査を実施し、感染者を見つけ出し、行動の自粛を求めなければあらたな感染は止められません。
 図-4に示す様に従来型のワクチンでもそれなり効果があります。多くの方に接種いただければコロナ禍から脱出できそうです。でも、接種は広がりません。
 以下に1世帯当たりの自家用車保有台数と累積の感染率の相関を示します。
自家用車保有が少ない都道府県ほど多い新型コロナ感染
 ※(5)(23)(38)
 図-11 1世帯当たりの自家用車保有台数と累積感染率の相関

 図に示すように、自家用車保有台数が少ない都道府県ほど、感染率が高くなっています。自家用車が無ければ移動に公共交通機関を利用するしか在りません。公共交通機関の利用で感染は起こります。でも、岸田政権は感染を起こしやすい公共交通機関の利用を奨励しています。
 「全国旅行支援」では、公共交通機関を使うと1泊当たり補助額が増えます(2)。岸田政権は自家用車に比べ感染リスクの高い公共交通機関での観光を推奨しています。
 新型コロナもインフルエンザ予防策は同じでマスク、手洗い、密の回避です(39)。こういた予防策が広く行わていれば、インフルエンザも減ります。インフルエンザはコロナ前に比べ大幅に減少しています。以下にインフルエンザの定点報告数を示します。
昨シーズンに比べ一桁多い今シーズンのインフルエンザ感染
 ※(40)を集計
 図-12 インフルエンザ定点観測数

 図に示す様に、コロナ禍前に比べ大幅に減少していますが、昨シーズンに比べ大幅に増えています。数値を記載すると、43週までの累積で
  コロナ禍前(2019-20シーズン)36,623人
  昨シーズン(2021-22シーズン)    62人
  今シーズン(2022-23シーズン)   697人
で、昨シーズンの10倍以上です。岸田総理が全国旅行支援を始め、自粛は緩みました。
 岸田総理はウィズコロナにこだわり
 ・水際対策の見直し(大幅緩和)
 ・全国旅行支援
等の、新型コロナ拡散策を進めました。以下に毎週火曜日から7日間(1週間)の合計の感染者数を示します。
10月11日以降に増加に転じた新型コロナ
 ※1(7)を毎週火曜から7間で合計
 ※2 日付けは最初(火曜)の日
 図-13 週毎の新規感染者数

 図に示すよう10月4日の週までは減少傾向を示していました。ところが岸田政権はウィズコロナを唱え(2)、10月11日より、全国旅行支援(3)や水際対策緩和(4)等の新型コロナ感染促進策を始ました。さらにはPCR等の検査数を減らし感染を見つかり難くしました。加えて、自民党は旧統一教会との関係を批判され先月辞任した、前経済再生担当大臣が、自民党の新型コロナ対策本部の本部長に就任し、国民のワクチン接種意欲が低下しそうです。そして、10月11日以降は増加に転じました。数値を記載すると
 全国旅行支援開始時(10月11~17日)207,972人
 先週(10月25~31日)       287,463人
 今週(11月1~7日)         417,974人
と増加が続いています。以下に近々7日(1週間:11月1~7日)の世界各国の新規感染者数を示します。
世界で最も新規感染者が多い日本
 ※(5)(41)を集計
 図―14 近々7日(1週間)の世界上位10位の感染者数

 図に示すように、日本がトップです。岸田政権は日本を世界最大の新型コロナ感染国しました。
今週は先週に対しの43%ています。1ヶ月は4.345週(365÷12÷7=4.345)なので1月で4.7倍のペースです(1.434.345≒4.7)です。それでも岸田政権はウィズコロナを唱え(2)、全国旅行支援を強行し(3)、水際対策緩和をしました(4)。11月3日に北朝鮮はミサイルを発射し。Jアラートがでました。でも、北朝鮮のミサイルで負傷したり死んだ方はいません(1)。岸田総理はウィズコロナは北朝鮮のミサイルより危険です。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 マスコミの報道を見ると「全国旅行支援」が新型コロナ感染を広げる危険についてはまず報道されません。複数の放送局の報道番組を見ていたら「全国旅行支援」のメリットだけを報じていました。その番組では大手の旅行仲介業者のCMが流れいました。
新型コロナの流行が何が問題かと言えば、健康リスクと行動制限だと思います。新型コロナでは5万人近い方が死んでいます(5)。東日本大震災の死者・行方不明者・関連死の合計で2万2千人です(42)。死者数を見れば、無視できる数字ではありません。また、感染が確認されれば8日間の自宅待機が求められます。症状がでれば苦しい思いもします(43)。後遺症の心配もあります(44)。新型コロナに感染しても良きことは何もありません。多くの方が、感染防止策をとっていると思います。人のとの接触を避ける事もあると思います(45)。
図-13に示す様に、岸田政権が全国旅行支援や水際対策緩和を開始するまでは、順調に低下していきました。=^_^=は、コロナ禍から解放される期待を持っていました。ところが、岸田政権の悪政で再び上昇です。
 コロナ禍で人との接触を少なくするとストレスを感じた方も多いと思います(46)。新型コロナ予防の最も大きな副作用だと思います。自公政権は観光業界の苦境を喧伝しますが(47)、コロナ禍で多くの方が生活様式の変更を強いられストレスを貯めたと思います。観光業界の繁栄よりコロナ禍の終焉こそが重要な課題です。
 第一の対策は、マスク、手洗い、換気です。これで人と会えなる訳ではありません。
 第二は検査の充実です。新型コロナに感染していなければ、いくら人に会っても感染させる事はありません。感染者と接触しなければ、新型コロナに感染することはありません。でも、図-10に示す様に検査件数は減少しています。
 第三はワクチンの普及です。図-4に示す様にワクチンは効果がありませす。ただし、87%の方が3回以上のワクチン接種を終えた台湾で感染が止まりません。ワクチンで感染を止めるには9割以上の方に3回以上の接種をしていただく必要があります。それには、多くの国民の信頼が必要です。岸田政権はワクチン接種を呼び掛けています(48)。でも、岸田政権は旧統一教会との接点が相次いで発覚したのに不誠実な説明を国会で繰り返した大臣をなかなか解任せず、信頼を失いました(49)。岸田政権では感染拡大を防止するに必要な人数にワクチンを受け入れてもらうのは無理です。こんな政権では福島の皆様は不安だと思います。
 福島県に水揚げされる魚のなかで、年間の水揚げ額が最も高いのがカツオです。福島県のいわき市小名浜港は全国主要43港のなかでも水揚げ額で上位を誇ります(50)。TOKIOの福島産水産物テレビCMが流れました(51)。福島県は福島産は安全だと主張しています(52)。でも、福島県いわき市小名浜のスーパーのチラシには福島産カツオはありません。
他県産はあっても福島産カツオが無い福島県いわき市小名浜のスーパーのチラシ
 ※(53)を引用
 図―15 福島県産カツオが無い福島県いわき市小名浜のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県いわき市小名浜の皆様を見らない「フクシマ産」は食べません。



―参考にさせて頂いたサイト様および引用した過去の記事-
(1)防衛省・自衛隊:北朝鮮のミサイル等関連情報
(2)令和4年9月6日 新型コロナウイルス感染症対策等についての会見 | 総理の演説・記者会見など | 首相官邸ホームページ
(3)全国旅行支援|受付開始!最新情報まとめ【JTB】
(4)国際的な人の往来再開に向けた措置について|外務省
(5)新型コロナウイルス感染症の現在の状況について(令和4年11月7日版) 
(6)日本の人口、12年連続減の1億2384万人…コロナで減少幅は鈍化 : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン
(7)報道発表資料 |厚生労働省
(8)2020年の中国春節連休は1月24日からスタート!今年の旧正月の傾向は? | やまとごころ.jp
(9)コロナウイルスは正しく知れば「防御」できる | コロナウイルスの恐怖 | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース
(10)GoToキャンペーンの開始日決定、7月22日以降の旅行なら予約済みでも後日還付、地域共通クーポンは9月以降に|トラベルボイス(観光産業ニュース)
(11)Go To キャンペーン - Wikipedia
(12)>3月25日(木)福島県 | 東京2020オリンピック聖火リレー | NHK
(13)2020年東京オリンピック - Wikipedia(14)水際対策|厚生労働省|日本政府
(15)GoTo全国停止は「予防」? 「エビデンスない」強調で、政府説明は苦しい「後付け」 | 毎日新聞
(16)丸川五輪相 東京五輪・パラ “安全安心な大会実現できた” | オリンピック・パラリンピック | NHKニュース
(17)「GoToトラベル」感染者拡大に影響か 京大の西浦教授らが分析:東京新聞 TOKYO Web
(18)"尾身氏「人流の意味で人々の意識に影響」 五輪巡り見解 日本経済新聞
(19)疑われるオミクロン「染み出し」 ずさんな米軍、後手に回った政府 [新型コロナウイルス] [オミクロン株]:朝日新聞デジタル
(20)新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和4年6月1日版)
(21)新型コロナウイルス感染症の現在の状況について(令和4年10月8日版)
(22)新型コロナウイルス感染症の現在の状況について(令和4年10月24日版)
(23)都道府県の人口一覧 - Wikipedia
(24)集団免疫 - Wikipedia
(25)新型コロナワクチンについて | 首相官邸ホームページ
(26)報道発表 東京都福祉保健局
(27)住民基本台帳による東京都の世帯と人口 令和3年1月
(28)<子育て世代>を集客しているサイト | [マナミナ]まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン
(29)家族を守る感染対策 4つのポイント | 広島県
(30)全国旅行支援は子供や添い寝の乳幼児も割引対象?ワクチンや検査の陰性証明、本人確認書類は必要?
(31)大臣辞任の山際前経済再生相 自民 新型コロナ対策本部長に就任 | NHK | 旧統一教会
(32)Template:COVID-19 pandemic data - Wikipedia
(33)中華民国の人口統計 - Wikipedia
(34)チャートで見るコロナワクチン 世界の接種状況は:日本経済新聞
(35)オミクロン株を他者にうつす期間、発症2日前から当日にかけてが9割 福井県の新型コロナ感染 | 医療,社会 | 福井のニュース | 福井新聞ONLINE
(36)新規感染者数や検査陽性率などの感染の指標から何が分かる? | 済生会
(37)濃厚接触者の方へ 東京都福祉保健局
(38)都道府県別の自家用乗用車の普及状況 (軽自動車を含む)
(39)インフルエンザ・新型 コロナウイルスを予防 しよう! - 千葉市
(40)インフルエンザに関する報道発表資料 |厚生労働省
(41)>新型コロナウイルス感染症の現在の状況について(令和4年11月1日版)
(42)東日本大震災から11年 死者、行方不明、関連死は計約2万2千人 - 産経ニュース
(43)陽性者の方 - 福島県ホームページ
(44)新型コロナウイルス感染症の罹患後症状(いわゆる後遺症)について|厚生労働省
(45)「人との接触を8割減らす、10のポイント」を公表しました(新型コロナウイルス感染症)|厚生労働省
(46)コロナ疲れ、どういうこと、どう対処する?
(47)2 観光業への深刻な影響
(48)オミクロン株対応ワクチン|新型コロナワクチンQ&A|厚生労働省
(49)山際大臣更迭 信頼回復容易ではない | 中国新聞デジタル
(50)小名浜のカツオ|福島県|全国のプライドフィッシュ|プライドフィッシュ
(51)TOKIOの3人 、福島の旬を新CMでPR | 河北新報オンラインニュース / ONLINE NEWS
(52)福島県の食の安全の動画について - 福島県ホームページ
(53)イオンスタイル いわき小名浜のチラシ・特売情報 | トクバイ
スポンサーサイト



  1. 2022/11/08(火) 19:53:14|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食品中の放射性セシウム検査のまとめ(11月8日発表)―福島産海産魚は3,572件連続ND、他の東日本太平洋岸道県ではセシウム- | ホーム | 飯舘村、帰還者減、エゴマ収穫も効果無し>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/4173-5fefd706
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)