fc2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

食品中の放射性セシウム検査結果まとめ(8月3週)、チチタケ(栃木・群馬)、ナマズ(茨城)etcが基準超え

食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。週末なので、今週の食品中の放射性セシウムの検査結果をまとめてみました。先週に続き放射性セシウム汚染食品が見つかっています(2)。お買いものの参考になればいいかなと思います。
  ①検査数1,182件中19件の基準値超え(全体の1.6%)
  ②平均は、1キログラム当たり30.6ベクレル、最大は23,000ベクレル(栃木県産 チチタケ)
  ③基準超の食品は、福島、茨城、栃木、群馬
で見つかっています。
※集計期間8月13日から8月17日
※牛肉を除く

brg120818a.gif


  図―1 食品中の放射性セシウム検査結果のまとめ(8月3週)

  色分けは以下の通りです。
  出荷制限対象外の地域・品目から基準値超えの食品が見つかった県
  黄色基準値超えの食品が見つかった県

2.チチタケの爆発が続く、でも去年は検査されていない。
 栃木県産のチチタケからは今週も基準を大きく超える1キロ当たり2,300ベクレルの放射性セシウム(死の灰)が見つかります。群馬県産のチチタケからも見つかっています。恐ろしいことに検査する度に数値が上がっています。

brg120818b.gif
図―2 2012年度のチチタケのセシウム濃度検査結果

 でも出荷制限されているのは、栃木県の一部の市町村です。検査がない市町村には出荷制限はありません!こんなのあり?もっと恐ろしいことに栃木県も群馬県も2011年にはチチタケの検査も出荷制限もありません。多くの方が食べたと思います。でも、2011年はどれだけ汚染されていたか・・。まさか、2013年も新しい汚染食品が見つかって、過去の検査結果をみたら検査なしだったとか・・・。



2.なぜか検査されない伊達の「もも」
 今年は福島のモモの売れ行きが相当に回復しているみたいです(3)。でも心配なことがあります。去年、福島県伊達市産のモモから今の基準値を超える最大で1キログラム当たり161ベクレルも放射性セシウムが見つかりました。伊達市は、福島県第二位のモモの産地で9,840tを生産しています。福島市が13、400tですので2位といってもそれほど変わりません。汚名返上のためにも、伊達のモモの検査をするかと思い(=^・^=)なりに集計してみました。

brg120818c.gif

図ー3 福島県のモモの2012年度累積検査回数

生産量はほぼ同じなのに、伊達市産のモモの検査数は、福島市の3分の1以下です。しかも、8月9日を最後に1週間以上も検査結果の発表がありません。8月上旬からモモの品種が白鳳からあかつきに変わるみたいです(4)。品種が変われば、セシウムだって変わる可能性は否定できないと思います。まさかと思うのですが、セシウム濃度が低そうな(伊達のデータが少ないのでくらべられませんが)福島市産のモモをいっぱい検査して、福島県産のモモからはほとんどセシウムが見つからないデータを作る気だったりして・・
 なお、伊達市を管轄するJA伊達みらいでは、収穫一週間程前のモモの独自検査を実施しています(5)。その結果によれば、6月21日から8月15日に3,526点の検査を行いすべてが50Bq/kg以下で、97.2%が検出限界(20Bq/kg)以下だそうです。ところで、福島県では今年(2012年)6月から、タコなどの試験操業を実施しています。ニュースで見る限り市場でも好評のようです(6)。これは地元漁協の自主検査と、これを担保する福島県や消費地の検査((=^・^=)の集計では合計44回)があって初めてできたことだと(=^・^=)は思います。でも、伊達のモモには農協の自主検査を担保するに十分な検査結果が福島県からは発表されてないと思います。

3.検査不足?福島県
 福島県の検査では今年6月以降は福島県桑折町で基準値を超える食品は見つかっていません。ところで、桑折町では町でも自主検査をしています。7月分の結果を見て(=^・^=)はビックリしました。6件もの基準超えが見つかっています。なぜなのか、福島県の検査結果と比較してみました。

 表ー1 桑折町自主検査と福島県緊急モニタリングの比較
brg120818d.gif

基準超えが見つかっているには検査数が少ないか、まったく検査されていないものばかりです。なんか、検査を増やせば、基準超た放射性セシウム汚染食品がいっぱい出てきそうな気がして(=^・^=)は不安です。
 2011年の11月に、福島県産のお米から当時の基準の500Bq/kgを超えるお米が見つかりました(7)。きっかけは自主検査でした(8)。でも、今は自主検査で基準超えが見つかっても、福島県はほっとくみたいです。でなければ、福島県からも発表があるはずです。
 今週は、福島県の検査では出荷制限中でまったく出荷されないお魚類以外からは、基準を超える放射セシウムは見つかりませんでした。実態とあっていれば大変に嬉しいことです。福島県の牛肉を除く今週の検査数は297件で先週の379件から100件近く減っています。今週、基準超えの食品が見つからなかったのは、夏休みで検査数が減ったためなんで(=^・^=)は思いたくなります。

<余談>
 最近の検査結果を見ていると、放射性セシウムに汚染された食品を見つけ出し、市場から排除するためにしているのでなく、大丈夫そうなやつをアリバイ作り(基準値以下ないし検出限界以下の結果を並べる)為に検査をしているような気が(=^・^=)にはします。なんか不安です。
 なお、伊達市の自主検査(9)では最大で1キログラム当たり37ベクレルのモモが見つかっています。検査は13個ですが、少なくとも2個が31ベクレル以上ですで、31ベクレル以上の割合は15%以上になります。これはJA伊達みらいの検査結果(5)と合わない気もします。

  付表―1 伊達市の自主検査結果まとめ (9)のデータを(=^・^=)が集計
brg120818e.gif

なお、自主検査は自家消費を目的とした方が検査機関に持ち込んで検査するもので、農協さんや福島県の検査とは検査方法(サンプリングを含む)が大きく違うと思うので単純な比較はできないとは思いますが・・・
  もし、1キロ当たり37ベクレルのモモからでる放射線がすべて見えたら、どうなるかアニメ(GIF)を作ってみました。考え方は(10)によります。

momo37R.gif

―参考したサイト様および引用いた過去の記事―
(1)農林水産省/厚生労働省(食品中の放射性物質の検査結果)
(2)めげ猫「タマ」の日記 8月2週もセシウム汚染食品がいっぱい、マダラ(青森)、シイタケ(群馬)、チチタケ(栃木、福島)etc
(3)福島の桃、回復傾向 贈答用は買い控え : 47トピックス - 47NEWS(よんななニュース)
(4)桃(もも/モモ)のページ
(5)農作物自主検査の結果 - JA伊達みらいのホームページ
(6)No.51 平成24年8月8日[PDFファイル/345KB]
(7)めげ猫「タマ」の日記 お米の再検査で基準値超えが15%以上見つかった(福島市旧小国町)
(8)農家の自主調査で福島市大波地区のコメから基準値超の630ベクレル/kgセシウム検出。福島県の安全宣言はなんだったのか?  赤かぶ
(9)除染推進センターだより(第6号)(8月9日発行)
(10)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト

スポンサーサイト



  1. 2012/08/18(土) 19:44:48|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<怒!北陸新幹線起工式、福井県民一人当たり100万円の税金が使われる | ホーム | 8月3週もトラブルいっぱい!福島原発‐水漏れ!発煙!落し物!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/420-e16b9107
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)