fc2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

常磐道モデル除染、除染したのは250m、計画通り失敗?

 以前の記事で、常磐道のモデル除染の結果発表がなくリップサービスだとの記事を書きました(1)。でも、報告書は8月31日に公表されたみたいです(2)。そこで、早々に報告書(3)を読んでみました。実際に除染した距離はたった250mで、しかも空間放射線量は8.3μSv/hです。福島第一原発に重要免震等ですら0.7μSv/hを実現しています(4)。福島第一原発の10倍以上です。なぜ、こんな事になったか。(=^・^=)はお国の無責任体質だと思います。
 環境省の資料(3)には詳細な図があったので、そこから除染範囲をGoogle Mapと重ね合わせてみました。
 brg120905.jpg

 図―1 常磐道モデル除染の除染範囲の例

たったこれだけです。このような場所があと4個所(合計5箇所)のあるだけです。
 この場所の放射線線量は以下の通りです。
 brg120905b.gif

 図―2 除染前後の空間放射線量

道路の表面では、大幅に下がっています。でも、地上1mになると下がらなくなります。答えは簡単です。1mでは、除染してない場所から放射線が飛んでくるのです。だから除染範囲を広げれば、福島第一原発並みの空間放射線量率(0.7μSv/h)にできると思います。それがだめなら遮蔽壁なんて選択肢もあると思います。国はわかっていると思います。でも実施しません。結局、除染はリップサービスでしかないと思います。

<余談>
 国は手抜き除染だと思います。なぜ、こんなことをするのか!除染をする意思がないからだと(=^・^=)は思います。原発の近くに住む方へ、原発が事故っても国は除染をしないと思います。その覚悟があるなら再稼働に賛成しましょう!


-参考にしたサイト様および引用した過去の記事-
(1)めげ猫「タマ」の日記 7月に終わるはずの常磐道モデル除染がいまだ終わらず?-除染は計画すれども実施せず―
(2)EICネット[国内環境ニュース - 常磐自動車道警戒区域内における除染モデル実証事業 結果公表]
(3)•平成23年度常磐自動車道警戒区域内における除染モデル実証事業報告書(概要) [PDF:1,994KB]
(4)福島第一原子力発電所免震重要棟(一部)を非管理区域として運用することに関する経済産業省原子力安全・保安院への報告について|プレスリリース|東京電力
スポンサーサイト



  1. 2012/09/05(水) 21:36:20|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<急増!クマさん出没、これって福島原発事故にため?(8月末集計) | ホーム | 女川沖のサンマは検出限界以下!NHKの嘘報道?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/438-539a09c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)