fc2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島第一原発が殺したのは3,000人?-事故後1年半で!

 明日(9月11日)で、東京電力福島第一発電所が放射性物質をばら撒いてから1年半になります。福島原発で何人死んだか(=^・^=)なりに計算してみました。3000人超でした。
 1.2011年3月から12年2月
 以下はすべて福島県の人口統計の集計結果ですが・・
 ①ばら撒き前1年の死亡率は人口10万人当たり1,096.9人です(1)。
 ②ばら撒き後1年の死亡率は震災犠牲者を除き人口10万人当たり1,229.2人です(1)。
 ③ばら撒き後1年の平均人口は1,992,371人です(1)。
 ④ばら撒き後1年で東京電力が殺した人は、死亡率の増加と人口の掛け算で
   2,636人(③×(②-①)÷10万)
  です。

 2. 2012年4月~7月(8月の人口統計が未発表なので)
 ①ばら撒き前年の3~7月の人口10万人当たりの死亡率は合計で449人です(2)。
 ②今年の3~7月の人口10万人当たりの死亡率は477人です(2)。
 ③今年の3~7月の平均の人口は1,966,910 人です(2)。
 ④今年の3、4月に東京電力が殺した人は、死亡率の増加と人口の掛け算で
  542人(③×(②-①)÷10万)
 
 3. 合計で
   3,178人(1.と2.の合計)
 です。1年半で3,000人以上が死んでいます。そしてその数は毎日増へ続けています。

<余談>
 中部電力の社員さんが「福島原発事故で放射能の直接的影響で亡くなった方は一人もいない。疫学データからみた紛れもない事実。」と言いたそうです(3)。でもデータでは、死亡者が増えています。統計的に有意です(1)(2)。また、疫学データではある程度の差ないと死者は見つからないので、一人を見つけることができないと思います。データを突き付けたら
 「私は放射線被害よりもストレス要因が大きいと思っているが、それはさておき福島県の人々が苦労していることが数字にも出ているようだ。 」
なんて反論をするかもしれません。

brg120824ad.gif

 図―1 福島県の死亡率(毎年3~7月)の推移 (2)より引用

2012年の3~7月の死亡率は福島原発事故前の2010年に比べ上がっていますが、2011年に比べてれば下がっています。ストレスとして、去年に比べ今年はストレスが減ったでしょうか?作物や魚が売れない、外で遊べないは今年も同じです。外で遊べないを考えるならば今年は放射性物質のほかにクマさんも登場しています(4)。



-参考にしたサイト様および過去の記事-
(1)めげ猫「タマ」の日記 福島県では、12%も死亡率が上がった。-この1年-
(2)めげ猫「タマ」の日記 死亡率は上がったまま!福島県(3~7月集計)
(3)河北新報ニュース 第4部・風化の夏(2)暴言/福島の痛み、ひとごと
(4)めげ猫「タマ」の日記 熊の出没急増(7月末集計)!これって福島原発事故のため?
スポンサーサイト



  1. 2012/09/10(月) 20:32:56|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島原発!あと5,000人殺す(1年半以降で) | ホーム | トラブルいっぱい!福島原発(9月1週)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/444-9f85fa8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)