fc2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

二本松市18周年、未来は暗い

 福島県二本松市は2005年12月1日に安達町、岩代町、東和町と合併し今の形になりました(1)、今日で18周年になります。お祝いしたのですが
 ・今も汚染されたままである。汚染は今後も数十年は続く。
 ・女性が死にゆく街
 ・観光業が盛んでありるが、事故後の落ち込みが回復しない。
 ・富士山が見える北限が移動した
 ・若い女性が逃げて行いき、赤ちゃんが生まれななくなり、やがて老人と男性の街になりそうである。
等の特徴があり、未来は暗そうです。
 福島県二本松市は福島県内陸部の北にある市です。2005年12月1日に安達郡安達町・岩代町・東和町と合併し、現在の形になりました(1)。2011年3月の福島事故で放射性物質が飛来し、汚染されました。今日(12月1日)で18周年です。以下に位置を示します。
事故から13年弱を経て汚染されている福島
 ※1(2)(3)にて作成
 ※2 旧避難区域は(4)による
 図-1 事故から約13年を経て汚染されている二本松市

 図に示す様に、旧避難地域に隣接し、ICRPが公衆の被ばく限度とする年1ミリシーベルト(5)を超えた地域が広がっています。同市は避難しなかった市町村で今も避難地域に隣接している唯一の自治体です(4)。避難しなかった自治体の中では最も汚染が酷い所です。
 放射制物質は時間と共に自然に減って行きます。減り方は物質(核種)が同じなら、同じで半分になるまでの時間を「半減期」といいます。セシウム137は、半分になるのに30年、一桁(10分の1)になるのに100年かかります(6)。同市の汚染は100年近く続きます。
 以下に各年3月から1年間の女性の葬式数の推移を示します。
事故後に急増した二本松市女性の死者数
 ※1(7)を集計
 ※2 震災犠牲者は(8)により、行方不明を含み関連死を含まず
 図―2 福島県二本松市女性の葬式数

 図に示す様に2011年3月以降に急増しています。数値を記載すると
  事故前(2010年3月~11年2月)   234人
  事故12年目(2022年3月~23年2月)372人
で約1.5倍に増えています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら約40万分の1でした。以下に偶然に起こる確率の計算結果を示します。

 表―1 偶然に起こる確率の計算結果
 ※計算方法は(=^・^=)の過去の記事(9)による。
有意差検定表

 図-1に示す様に南会津郡は福島県の南西の端にあり、二本松市に比べ福島第一原発から離れています。以下に南会津郡女性の各年3月から1年間の女性の葬式数の推移を示します。
事故後もあまり変わらない南会津郡女性の死者数
 ※1(7)を集計
 ※2 震災犠牲者は(8)により、行方不明を含み関連死を含まず
 図―3 福島県南会津郡女性の葬式数

 図に示す様に事故後もあまり変わりありません。数値を記載すると
  事故前(2010年3月~11年2月)   242人
  事故12年目(2022年3月~23年2月)236人
です。
 原発事故後に二本松市は女性が死にゆく街になりました。公式には福島事故で放射能の健康被害は認められていませんが(10)、2011年3月から二本松市の女性に「悪魔」が取りついた気がします。
 二本松市には、スキー場、東北サファリパーク、温泉など多くの観光施設がまります。また、二本松の菊人形は日本三大菊人形に数えらています。石井の七福神と田植踊や木幡の幡祭りは国の重要無形民俗文化財に指定されています(1)。特に安達太良山は日本百名山に(11)、二本松城は日本百名城です(12)。同じ市町村内に百名山と百名城がある稀有な市です。観光は同市にとって大事な産業です。以下に同市の観光客入込数を示します。
減少が続く二本松市の観光客(道の駅を除く)
 ※(13)を集計
 図-4 二本松市の観光客入込数

 福島県の統計では道の駅も観光施設としてカウントされていますが(13)、道の駅は「休憩所」としての性格が強く(14)、観光施設とするには無理があります。道の駅を除く観光客入込数は、事故後に大幅に落ち込みました。その後に少しは増えたのですが、事故前の水準には至っていません。同市の観光客は事故後に落ち込んだままです。
 2000年以降、富士山が見える北限の山は同市内にある日山とされてきました(15)。ところが2017年1月16日にこれよ北にある花塚山から撮影された写真を、日本地図センターから正式に富士山頂を撮影したと認定しました(16)。これで、二本松市は富士山が見える北限の市で無くなりました。
 今から5年前の2018年11月に同市には1,280人の10代後半女性がいました。5年後の今年11月には彼女たちは20代前半になっています。20代後半女性は844人です。2018年11月時点で10代後半女性だった方のうち5年後の今(2023年11月)、二本松市に残ったのは66%です(844÷1,280×100)です。このようにして計算した10代後半の方が5年後も残っている割合を以下に示します。
若い女性が残らなくなった二本松市
 ※1(7)を集計
 ※2 日付は10代後半時点
 図―5 10代後半の方が5年後に残っている割合(二本松市)

 図に示す様に女性が残らくなっています。数値を記載すると事故前(2006年3月⇒11年3月)では
 男性 71%
 女性 78%
です。近々5年(2018年11月⇒23年11月)では
 男性 69%
 女性 66%
です。
 福島の女性はお隣の宮城や茨城に比べても大変に綺麗です。
 福島の綺麗な女性
※(17)をキャプチャー
 図-6 福島の綺麗な女性

 何処へいっても歓迎されます。敢えて汚染されてる二本松市に残る必要はありません。
 若い女性がいなくなれば子供が生まれなくなります。以下に二本松しの各年11月~翌年10月までの出生数を示します。
減少が続く二本松市の出生数
 ※(9)を集計
 図―7 二本松市の出生数

 図に示すようにどんどん減っています。数値を記載すると
  事故前(2009年11月~10年10月) 424人(男の子226人、女の子198人)
  近々1年(2022年11月~23年10月)198人(男の子 95人、女の子103人)
で、半分以下になっています。やがて老人と男性の街になります。
 福島県二本松市は今日(12月1日)に15周年を迎えました。お祝いしたいのですが、 
 ・今も汚染されたままである。汚染は今後も数十年は続く。
 ・女性が死にゆく街
 ・観光業が盛んでありるが、事故後の落ち込みが回復しない。
 ・富士山が見える北限が移動した
 ・若い女性が逃げて行いき、赤ちゃんが生まれななくなり、やがて老人と男性の街になりそうである。
等の特徴があり、未来は暗そうです。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 事故から13年弱ですが、福島の皆様の不安は消えていないようです。
 福島を代表する食材に米があります(18)。福島県二本松市の米の生産量は9,390トンです(19)。同市の人口は約5万人なので(9)、市民が食べるにはじゅうぶんな量です。同市あたりのお米はもちもちした食感で、冷めても美味しく食べられます(20)。福島県は福島産は「安全」だと広報しています(21)。でも、福島県二本松市のスーパーのチラシには福島産米はありません。
他県産はあっても福島産米が無い福島県二本松市のスーパーのチラシ
 ※(22)を引用
 図―8 福島産米が無い福島県二本松市のスーパーのチラシ 

 (=^・^=)も福島県二本松市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)二本松市 - Wikipedia
(2)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(令和4年9月1日~10月21日測定) 令和5年03月10日
(3)第13回原子力規制委員会 | 原子力規制委員会資料1 帰還困難区域の放射線防護対策について(特定復興再生拠点区域外における土地活用関連)【PDF:440KB
(4)避難区域の変遷について-解説- - 福島県ホームページ
(5)ICRP勧告(1990年)による個人の線量限度の考え (09-04-01-08) - ATOMICA -
(6)半減期 - Wikipedia
(7)福島県の推計人口(令和5年11月1日現在) - 福島県ホームページ
(8)平成23年東北地方太平洋沖地震による被害状況即報(四半期に1回更新) - 福島県ホームページ
(9)めげ猫「タマ」の日記 福島Q&A Q18.統計的な差ってなんですか?
(10)風評払拭・リスクコミュニケーション強化戦略
(11)安達太良山 - Wikipedia
(12)二本松城 - Wikipedia
(13)統計資料一覧 - 福島県ホームページ
(14)道の駅 - Wikipedia
(15)日山 - Wikipedia
(16)花塚山 - Wikipedia
(17)福島県初出店も化粧品売り場が充実 うすい百貨店が第2弾のリニューアルオープン|福島中央テレビニュース
(18)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(19)福島県[二本松市]の農作物 | 夏秋きゅうり きゅうり 夏秋ピーマン | 雑穀類, いも類, 米, 麦類, 野菜, 果物 | 生産/収穫/作付面積 | 福島県と日本の中の順位 | 市町村 | ジャパンクロップス
(20)特産品を知る | JAふくしま未来について | JAふくしま未来
(21)福島県の食の安全の動画について - 福島県ホームページ
(22)ベイシア安達店 | 店舗・チラシ | ベイシア
スポンサーサイト



  1. 2023/12/01(金) 19:41:50|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新型コロナまとめ(12月1日発表)―増加に転じる― | ホーム | 若い女性が逃げて行く、2023年1-10月の福島>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/4567-b33198cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)