めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島第一原発・工程はすでに半年遅れ!

 去年12月に東京電力は福島第一原発収束の為の工程表を発表しました(1)。そのうちのいくつかは、そろそろ期限です。そこで、期限通りできたか(=^・^=)なりにチェックしてみました。結論はできていないです。
 以下に東京電力の工程表から10月までに期限を迎えそうなものを、ピックアップしました。

brg120925a.gif
 図―1 東京電力の当初計画(12年9月末期限)
これに対し、9月24日にレビューが行われました(2)。その結果は以下の通りです。

①循環ループ縮小検討の完了→2012年度末に(半年遅れ)
②多核種除去設備の設置完了→10月過ぎに(1~2ヶ月遅れ)
③シルトフェンスの追加→記載なし(たぶん完了)
④海底土の被服→記載なし(たぶん完了)
⑤港湾の復旧→2012年12末に(3ヶ月の遅れ)
⑥キャスクの製造→ 同上
⑦共用プールの復旧→ 同上
て感じです。

なんか、計画がスタートしてたった9ヶ月なのに、循環ループの縮小などは6か月も先延ばしにされています。当初の計画(1)では、廃炉まで30~40年だそうです。でも、このペースで遅れたら廃炉まで50年から70年になります。ただし、これ以上の遅延が起こらないとしてです。(=^・^=)は100年はかかりそうな気がします。完全に子孫に処理をお願いすることになります。
<余談>
 もし、貴方が地元の原発の再稼働に賛成し、その原発が事故ったら子々孫々への言い訳を考える必要があると思います。福島県の方はどのような言い訳を子孫に残すのでしょうか?
「国が安全だといったので信じて原発を誘致した。事故は想定外だった。私たちは騙された。」
なんて言ったら、どこかの電力会社と同じような言い方だと子孫に非難されるような気がします。
 これからも福島原発の廃炉作業の進捗の遅れは(=^・^=)なりに監視したいと思います。


-参考にしたサイト様-
(1)東京電力(株)福島第一原子力発電所1~4号機の廃止措置等に向けた中長期ロードマップ(概要版)
(2)【資料4】東京電力(株)福島第一原子力発電所1~4号機の廃止措置等に向けた中長期ロードマップ進捗状況(概要版)
スポンサーサイト
  1. 2012/09/25(火) 20:32:56|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<男の子が生まれ難い!福島県相馬地方(2012年8月末集計) | ホーム | 福島県の赤ちゃんが減っている(ばら撒きから1年半)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/460-7d010032
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)