fc2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

Q52.除染土の再利用は「日本全体の課題」ですか?

Q>除染土の再利用は「日本全体の課題」ですか?
A>いいえ、「フクシマ」の課題です。
 福島は原発事故によって汚染されました。
事故から12年以上が過ぎて特異的に汚染されている福島 凡例
 ※1(2)(3)にて作成
 ※2 避難区域は(4)による
 図―1 特異的に汚染されている福島

 図に示す様にICRPが公衆の被ばく限度とする年1ミリシーベルト(5)を超えた地域が広がっています。さらに避難地域も残っています(3)。事故14年目ですが、福島は汚染されたままです。
 そこで「除染」が行われました(6)。でも、汚染が解消しなかった事は図に示す通りです。除染に伴い人工放射能を含む除染廃棄物が発生します。これらの除染土は福島県内に設置さらた「中間貯蔵施設」に運ばれ保管されます(7)。だだし、福島県外に最終処分場を造り2045年3月12日までに県外最終処分すると法律で定められています(8)。中間貯蔵施設に運び込まれた除染廃棄物の量は累計で1,375万立方メートルです(9)。これは東京ドームの容量124万立方メートル(10)の10倍以上です。
 これだけの除染土を福島県外に移すの大変と考えた自公政権は、1キログラム当たり8,000ベクレル以下の除染廃棄物(除染土)の再利用を言い出しました(1)。でも、放射能汚染物で再利用していいのは1キログラム当たり100ベクレルです。同8,000ベクレルは廃棄物として安全に処理すための基準です(11)。それでも環境省は2022年12月、東京都新宿区、埼玉県所沢市、茨城県つくば市の3カ所で検討していると発表し、新宿と所沢で説明会を開催いました。でも、周辺住民や地元町会が猛反発にあい、立ち消えになりました(12)。そして、 環境省は1月17日に、福島県内の除染で出た土壌の県外での最終処分や再生利用の実現に向け、国民に「日本全体の課題」として意識してもらうための必要な取り組みについて本格協議に着手しました(13)。
 除染土の再利用で除染土を被覆しても、構造物が壊れればむき出しになり被ばくリスクを負います(14)。ICRPは「放射線被ばくの状況を変化させるいかなる決定も、害より便益を大きくするべきである。」(正当化の原則)との勧告をだしています(15)。フクシマ以外では除染土の再利用は、被ばくリスクを負うので「害」ありますが「便益」はありません。すなわち「害」が「便益」より大きくなっています。一方でフクシマでは、除染土の再利用が進めば、それだけ最終処分場の規模を小さくでき「便益」があります。除染土の再利用で「害」と「便益」のトレードオフが成立するのはフクシマだけであり、除染土の再利用は「日本全体の課題」ではなく「フクシマ」の課題です。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 福島に対する疑問を「めげ猫「タマ」の日記 福島Q&A 」にまとめました(16)。よかったら他のQ&Aも見て下さい。事故から13年も経つとベクレルとシーベルトとかの単位がどのようなものか報じられる事は無くなったと思います。めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト(17)で説明していますので、よかったら見てください。 
 岸田政権はフクシマの課題である除染土の再利用をす日本全国の課題と「嘘」を言います。福島の皆様は信用していないようです。岸田政権は福島産は安全と言っています(18)。でも、福島の皆様は信用していません。
福島県に水揚げされる魚のなかで、年間の水揚げ額が最も高いのがカツオです。福島県のいわき市小名浜港は全国主要43港のなかでも水揚げ額で上位を誇ります(19)。汚染水の海洋放出が行われましたが(20)、福島県は福島産は安全だと主張しています(21)。でも、福島県いわき市小名浜のスーパーのチラシには福島産カツオはありません。
他県産はあっても福島産カツオが無い福島県いわき市小名浜のスーパーのチラシ
 ※(22)を引用
 図―2 福島県産カツオが無い福島県いわき市小名浜のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県郡山市の皆さまを見習い「フクシマ産」はたべません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)除去土壌の再生利用について|中間貯蔵施設情報サイト:環境省
(2)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(令和4年9月1日~10月21日測定) 令和5年03月10日
(3)第13回原子力規制委員会 | 原子力規制委員会資料1 帰還困難区域の放射線防護対策について(特定復興再生拠点区域外における土地活用関連)【PDF:440KB
(4)避難区域の変遷について-解説- - 福島県ホームページ
(5)ICRP勧告(1990年)による個人の線量限度の考え (09-04-01-08) - ATOMICA -
(6)除染情報サイト:環境省
(7)除染で取り除いた土壌等の処理の流れ|除去土壌等の管理|除染情報サイト:環境省
(8)【中間貯蔵施設】たった22年しかない(10月17日) | 福島民報
(9)除去土壌等の輸送について|中間貯蔵施設情報サイト:環境省中間貯蔵施設への搬入量の推移
(10)東京ドーム (単位) - Wikipedia
(11)100Bq/kg と 8000Bq/kg の二つの基準の違いについて 環境省
(12)「除染土」を新宿御苑や所沢で「再利用」する話はどうなった? 発表から1年、環境省の答えは:東京新聞 TOKYO Web
(13)除染土「日本全体の課題」 環境省、福島県外最終処分など協議:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
(14)めげ猫「タマ」の日記 Q51.除染土の再利用は「安全」ですか?
(15)ICRP勧告 - 医学物理学会防護委員会
(16)めげ猫「タマ」の日記 福島Q&A 
(17)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(18)復興庁FAQページ | 福島の食品は安全か?
(19)小名浜のカツオ|福島県|全国のプライドフィッシュ|プライドフィッシュ
(20)ニュースリリース - 廃炉プロジェクト|公表資料|東京電力ホールディングス株式会社⇒2023年9月⇒2023年9月11日 福島第一原子力発電所 測定・確認用設備のタンクB群からの放出完了について(第1回放出)(523KB)
(21)福島県の食の安全の動画について - 福島県ホームページ
(22)イオンスタイル いわき小名浜のチラシ・特売情報 | トクバイ
スポンサーサイト



  1. 2024/02/24(土) 19:40:12|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島Q&A  | ホーム | 支援打ち切りから6年9ヵ月、新潟の自主避難者は戻らず>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/4652-1b2dcb40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)