めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

除染したら放射線量が上がった福島県二本松市

 福島県は昨年(2012年)末の12月26日に昨年6月から9月に除染したモニタリングポスト(放射線量の計測点)を30か所発表しました(1)。このうち5地点が二本松市にあります。そこで、福島県が公表している空間放射線量率(2)がどのよに変化したか、(=^・^=)なりに調べてみました。そしたら、2か所ででは上昇していました。
 福島県はリアルタイムの放射線量を公表しています(2)。これは放射線量計が設置されていれば1年前までのグラフをみることができます。そこで、除染した30地点について空間線量率の変化を調べてみました。そしたら二本松市の2地点(木幡住民センター、新殿住民センター)
は上昇していました。
brg130105a.gif
  図―1 除染で上昇した放射線量測定点(福島県二本松市)

そして残り3地点(太田住民センター、二本松市東和支所、石井住民センター)では除染しても放射線量が変わりませんでした。
brg130105b.gif
  図―2 除染しても変わらない放射線量測定点(福島県二本松市)

除染ってリップサービスですかかね。

<余談>
もっとも、福島県二本松市でも除染そのものが進んでいません。
 付表―1 二本松市の除染進捗状況
 ※総面積は(3)、住宅数は(4)、計画、実績は(5)による。
brg130105d.gif

これだけ汚染されているんですが・・・・
brg130105c.gif
 ※(4)より引用
 付図―1 二本松市の汚染状況

除染はリップサービスです。業者さんが除染廃棄物をいい加減に処分する(6)のも分かる気がします。全町民が避難している福島県双葉町の町長さんが、帰還の目標を暫定的に30年後に設定したそうです(7)。案外、これが現実的だったりして!もし近くの原発が事故っても、効果のある除染など期待してはいけません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)可搬型モニタリングポスト等設置施設(570箇所)における除染作業の実施状況について(PDF:391KB) (24.12.26更新)
(2)福島県放射能測定マップ
(3)二本松市国土利用計画[PDFファイル/587KB
(4)二本松市除染実施計画 - 二本松市ウェブサイト
(5)福島県 二本松市|除染実施地域の概要・進捗|除染情報サイト:環境省
(6)朝日新聞デジタル:手抜き除染、夏から苦情殺到 環境省、対応おざなり - 社会
(7)双葉町長「帰還まで30年」 仕事始めで表明 セシウム半減期理由に | 県内ニュース | 福島民報
スポンサーサイト
  1. 2013/01/05(土) 20:25:22|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<会津地方は福島県だけど「フクシマ」ではない!風評被害を広げるNHKの大河ドラマ | ホーム | トラブルいっぱい!福島原発(年末・年始)―水漏れ!->>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/566-117d211b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)