fc2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(1月)-榛名湖のワカサギはなぜ居なくなった?-

食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)。そこで、1月(2/1を含む)の食品中の放射性セシウムの検査結果をまとめてみました。お買いものの参考になればいいかなと思います。12月に続き1月もしっかり基準値超えが見つかっています(3)。
  ①検査数5,131件中件の基準値超え133(全体の2.6%)
  ②平均は、1キログラム当たり12.9ベクレル、最大は3000ベクレル(福島県産イノシシ)。
  ③基準超の食品が、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、千葉
で見つかっています。
brg130202a.gif
   ※牛肉を除く
   ※単位については(4)を参照
   ※集計期間は1月1日~2月1日の発表分
  図―1 食品中の放射性セシウム検査結果のまとめ(1月)

  色分けは以下の通りです。
  マーケットから基準値超えの食品が見つかった県
  出荷制限対象外の地域・品目から基準値超えの食品が見つかった県
  基準値超えの食品が見つかった県

1.榛名湖のワカサギはなぜ居なくなった?
 ワカサギの穴釣りのシーズンだと思います。(=^・^=)的には榛名湖(群馬県高崎市)も有名な穴釣りのスポットだと思います。榛名湖のワカサギの放射性セシウム濃度は1キログラム当たり340ベクレルでした。以下に、ワカサギの放射性セシウムの推移を示します。
brg120202c.gif
  図―2 ワカサギの放射性セシウム

 榛名湖の検査は今回が初めてです。理由を調べたら、検査に使うワカサギが取れなかったためだそうです。今回の検査でも、7日かけてやっと4匹を釣ったそうです(5)。これではワカサギは殆どいないような気がします。(=^・^=)はなぜワカサギが居なくなったか気になります。図―2を見て頂けば分かる通り、榛名湖のワカサギの放射性セシウム濃度は赤城大沼(群馬県前橋市)の倍程度です。赤城大沼も裏磐梯三湖(福島県)のワカサギのセシウム濃度は当初に比べ下がっています。福島原発事故直後は今(2013年1月)より相当に高ったと思います。同じ事が榛名湖のワカサギにも当てはまると思います。しかも赤城大沼の倍程度の放射性セシウムに汚染されていたはずです。「放射性セシウムの影響でワカサギが激減」なんて想像する(=^・^=)はおかしな(=^・^=)でしょうか?榛名湖のワカサギの産卵期は3月中旬から下旬です(6)。
 

2.アリバイ作りの福島県小松菜検査
 1月の初めに福島県産の小松菜から、基準を超える1キログラム当たり150ベクレルの放射性セシウムが見つかりました。福島県は原因を「農業用資材の不適切な管理に起因する特異的な事案」とし特に出荷制限や自粛はしていないみたいです(7)。追加検査をするか確認したら、その後49件の小松菜について放射性セシウムを測定しています。去年の1月はたった4件なので、基準値を超えた小松菜が見つかった為と思います。
 でも不可解なことがあります。普通なら基準値超えの小松菜が見つかった福島県郡山市の小松菜を重点的に検査するはずです。でも、今年(2013年)1月の郡山市産の小松菜の検査は基準超えが見つかった1件のみです。なんか、問題が出そうな所の検査は避けているような気が(=^・^=)にはします。福島県の放射性セシウム検査は単なるアリバイ作り?
 

<余談>
 食品中の放射性セシウムの検査結果をみていると、危険を感じ不安になります。結局、怪しげな産地は避けるしかないような気がします。これは風評被害でなく、正当な自己防衛だと(=^・^=)は思います。



―参考したサイト様および引用いた過去の記事―
(1)農林水産省/厚生労働省(食品中の放射性物質の検査結果)
(2)福島県ホームページ - 組織別 - 公表日ごとのモニタリング検査結果
(3)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(12月)-デタラメな放射性セシウム検査は「福島産=汚物」にする。
(4)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(5)東京新聞:基準超セシウム検出 県が榛名湖のワカサギ初検査:群馬(TOKYO Web)
(6)アユ・ワカサギに関する生態についてアユ・ワカサギに関する生態について
(7)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(1月1、2週)-新年早々に無責任ぶりを発揮する放射性セシウム汚染地帯の行政-
スポンサーサイト



  1. 2013/02/02(土) 20:45:22|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トラブルいっぱい!福島原発(1月5週)―けが人- | ホーム | 何者かが上げている福島県の死亡率、リスク交通事故率の16倍!(2012年)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/595-2eb927b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)