fc2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

トラブルいっぱい!福島原発(3月1週)―異常なデータは抹殺せよ-

 東京電力福島原発はトラブルが多く、トラブル毎に記事にするは面倒なので、まとめて記事にしています。先週につづき(1)、今週(3月4日~3月8日)もしっかりトラブルが起こっています。福島原発トラブルはあまりニュースになりませが・・

1.タンクローリーから油漏れ
 先週は雨漏りや水漏れがありまた(1)が、今週は福島第一原発内でタンクローリーが油漏れをおこしました(2)。東京電力の発表によると、3月5日に東電社員様がタンクローリーからの油漏れを見つけました。ダンクローリー上部のマンホールが緩んでおり、さらにマンホールの周りの柵の内側に雨水が溜まっていて、マンホールはら漏れた油が、水の上を通り漏れ出たそうです。こんな感じでしょうか?
 brg130308a.gif
 図―1 油漏れ想像図

 もれた量は8リットルです。東京電力ってタンクローリーの点検をしないんですかね?マンホールが緩んでいるかは別にして、雨水が溜まっているはいないかは見れば直ぐにわかると思うのですが。この油漏れ一般道路でなくてよかったと思います。一般道路なら大騒ぎ(一時通行止めは避けられないと思います)になったはずですが。
 
2.冷却設備に異常―福島第二原発1号機
福島第二原子力発電所1号の海水を使って原子炉を冷却する部品の交換をしていたら、配管の内面に貼っているポリエチレンの一部(約1.2m×約0.9m)が剥がれて交換した部品(破裂板)にくっ付いているのが見つかりました。配管のどの辺から剥がれたか発表はありませんが、点検して剥がれた場所を修理する必要があるような気がします(2)。
 破裂板は放水口が目詰まりして、水(海水)を外に出せなくなった時に破裂させて水が流れるルートを作る部品だそうですが、配管の内側に異常があれば原子炉の冷却に使った水が外に出せなくなってしまいます。

3.異常なデータは抹殺せよ!
 先週も記事にしましたが(1)、福島第一原子力発電所2号機の温度計が高い値を示した温度計のデータが今週(2013/3/4)から削除されました。その様子を以下に示します。
福島第一原発2号機の温度推移
 ※×が測定値が無くなった場所
 図―3 福島第一原子力発電所2号機の温度推移

東京電力は故障だから、データを公表してもしょうがないと説明するでしょうが、(=^・^=)には単なるトラブル隠しにか見えません。だいたい、温度計の故障の根拠は温度が高く出るだけみたいです(3)。温度の目的は異常な温度になっているか否かの確認だと思います。でも「異常」な温度が出たら「故障」では温度計をつけている意味がないと(=^・^=)は思います。


<余談>
関西電力によると原子炉は事故が起きても被害を拡大させないよう、「五重の壁」で閉じ込めているそうです(9)。
brg130224g.gif
 ※関西電力のデータ(4)を編集
 付図 五重の壁
 事故から2年たちまちしたが、福島第一原発でできたのは、一番外側の壁の中の一部を覗いたにすぎません。五重の壁を突破し、危険なデブリ(溶け落ちた核燃料)に到達するのはかなり先になるような気がします。殆どの週でトラブルが起こっています。デブリに到達する前に、再びドカーンなんて事がありませんように!


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい!福島原発(2月4週)―雨漏りに水漏れ-
(2)東北地方太平洋沖地震による当社原子力発電所への影響について|プレスリリース|東京電力
(3)福島第一原子力発電所1~3号機における原子炉内温度計および原子炉格納容器内温度計の信頼性評価について(平成25年3月提出)|プレスリリース|東京電力
(4)五重の壁で閉じ込めます [関西電力]
スポンサーサイト



  1. 2013/03/08(金) 21:44:59|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食品中の放射性セシウム検査のまとめ(3月1週)-福島産イノシシが最高値を更新!- | ホーム | 震災から2年、福島県郡山市では赤ちゃんが減っている!-宮城は別->>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/630-7fdbc0a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)