めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

「現場」と「本社(本店)」の意思疎通がうまくないことが露呈、東京電力の検証報告書

 今日(2013/3/13)、福島原発事故の国会事故調に東京電力社員が嘘をついたこと(1)に対する東京電力の第三者委員会の報告が発表されました(2)。内容は2月7日に東京電力が公表した内容(3)とほぼ同じで
 ①嘘の説明をしたのは事実である。
 ②嘘の説明は担当者の勘違いで、特に意図していないし、指示もしていない。
です。調査報告書を(=^・^=)なりに読んでみましたが、「現場」と「本社(本店)」の意思疎通はうまく行っていないことを報告しているような気がします。
 ①調査の目的を
  a)担当者が嘘の説明をしたか ⇒一部に嘘の説明
  b)上司が関与したか ⇒No
 に限定しています。でも
  c)なぜ嘘の説明をしたか
も大事なテーマです。これについても、上司が説明内容を確認しなかったとか、説明担当者(といってもかなり偉い人)が勘違い原因を推定すべきだと(=^・^=)は思います。仮に調査委員会の説明が正しいとして、この事件が起こった最大の要因は、福島第一原発の状況が、担当者に正しく伝わらなかったことだと(=^・^=)は思います。でも、原因の分析も再発を防止するための提言もありません。
 ただ、「現場」と「本社(本店)」の意思疎通がうまくいっていないことを露呈しているゆな気がします。今から2年前、同じような事が原因の一つになって、大事故が起こったと思うのですが・・・。

 ②事実の認定
  a)真っ暗であった
  問題となった非常用復水器(IC)(NHK用語はイソコン)(4)のまわり-真っ暗ではない
  途中で通過しなければならない3階部分 -真っ暗
  3階部分は真っ暗でないので、真っ暗でないと説明しています。東電担当者は、ビデオ映像を目見せています(2)。またその映像は東電を公開しています(3)。(=^・^=)はビデオを見たのですが照明がなければ3階部分は真っ暗になると思います。
brg130313a.jpg
 図―1 福島原発1号機3階

照明による「白い明り」しか見えません。照明がなければ真っ暗になると思います。ただ、ビデオは嘘をつかれた国会事故調の田中委員(1)も見ているので説明の必要はないと思います。最初から問題にならない事項です。

 b)放射線レベルが高い
  ビデオ(2)を見ると、放射線の値を随時、叫んでいます。高いのは嘘をつかれた委員だって分かるはずです。最初から問題になりません。でも、報告書は取り上げています。
 c)瓦礫があって危険
  ビデオ(2)にはしっかり瓦礫が映っています。
 brg130313b.jpg
  図―2 福島第一原発1号機瓦礫(東京電力の映像(2)よりキャプチャ)

 ビデオを見れば、瓦礫があるのが分かると思います。最初から問題になりません。でも、報告書は取り上げています。単なる「弁護」だと(=^・^=)は思います。でも、弁護にしては中途半端です。(=^・^=)なら、東電担当者が福島第一原発1号機の4階が真っ暗と思ってしまうやむおえない事情を記載しますが、記載がありません。ひょっとして、「現場」と「本社(本店)」の意思疎通があまりに酷いので・・

<余談>
 今回の報告書が事実とすれば「現場」(発電所)と「本社(本店:スタッフ部門)」の意思疎通がうまく行っていないことを示していると思います。安全を確保するには、現場とスタッフ部門が一体となった取り組みが必要だとおもいます。そのためには、正確なコミュケーションが絶対条件だと思います。でも、国会事故調とゆう重要な相手に対し誤った情報(1号機は暗い)を与えてしまいました。原因が担当者の誤認識なら正確な情報を把握できない状態であり、正確なコミュケーションができてい事になります。こんな東京電力が安全に原子力発電所を運転できるとは(=^・^=)には思えません。

-参考にしたサイト様および引用した過去の記事-
(1)東京電力福島原子力発電所事故調査委員会 - Wikipedia
(2)国会事故調への東京電力株式会社の対応に関する第三者検証委員会「検証結果報告書」の配布について|東京電力
(3)【130207】(訂正)平成25年2月7日付朝日新聞1、2面「東電、国会事故調に虚偽」について|TEPCOニュース|東京電力
(4)めげ猫「タマ」の日記 原発事故から2年目、嘘報道を行うNHK―1号機の非常用復水器(IC)は壊れていない等―
スポンサーサイト
  1. 2013/03/13(水) 23:30:32|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<開業まであと2年、問題山積み「北陸新幹線」 | ホーム | 原発事故から2年目、嘘報道を行うNHK―1号機の非常用復水器(IC)は壊れていない等―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/635-f00f331a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)