めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島原発大停電―原子力規制委は「(また)起こりうる」、でも官房長官は「全く心配ない」―

 2013/3/18 午後19時頃から福島第一原発は大停電を起こしました。復旧には日半かかり、明日(3/20)の朝になるそうです。また非常用ディーゼルが動き出しました(1)。でも、官房長官は「全く心配ない」と言っています(2)。この発言をするのは素人の菅義偉官房長官でなく、プロの田中俊一 原子力規制委員会委員長でなくてはならないと思います。
 すでに大きなニュースになっているので、ご存じの方がおおいと思います。経緯をまとめると
 18日18時57分 免震重要棟で瞬停が発生したので、点検した結果、3,4号機と共用プールの冷却系が停止し、数日以内に復旧し無い場合は、燃料プールが沸騰し、蒸気とともに核燃料プール内の水に含まれる放射性物質がばら撒かれる危険があったと思います。4号機の核燃料プールの水には、1リットル(kg)当たり
 セシウム137  9万1千ベクレル
セシウム134  4万7千ベクレル
 合計      13万8千ベクレル
の放射性セシウムが含まれています(3)。これは飲料水の基準値の1,380倍です。丸一日半で復旧しますが(2)、もし復旧が遅れ、核燃料プールが沸騰したら「全く心配ない」ではありません。東京電力は2011年の福島第一事故では使わなかった(使えなかった)非常用ディーゼルを1時的に動かしています(1)。(=^・^=)は事態の緊急性を示す一つの証拠だと思います。でも、素人の菅義偉官房長官は3月19日の会見で「全く心配ない」と言っています(2)。政府の専門組織である原子力規制委員会も3月19日に会見を開いており、今回の事故について「心配ない」とすら言っていません。それどころが「(また)起こりうる」と発言しています。福島第一原発では、2012年11月2日も下請けん電源ケーブルを切断し停電が起こったばかりです(6)。
 brg121102b.gifbrg121102c.jpg
 図ー1 2012年11月2日にミスって切ったケーブルと停電の概要(6)

<余談>
 今日の菅義偉官房長官は「全く心配ない」との発言は、知識の無い方の無責任な発言だと思います。安倍総理は官房長官時代に
 「我が国において、非常用ディーゼル発電機のトラブルにより原子炉が停止した事例はなく、また、必要な電源が確保できずに冷却機能が失われた事例はない」などと答弁しています(5)。(=^・^=)には同じようなことをしているように見えます。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)福島第一原子力発電所における電源設備の不具合について(3月19日16時30分時点)(PDF 25.7KB)
(2)冷却システム復旧めど立たず 福島第1原発の停電 - 中国新聞
(3)福島第一原子力発電所 3号機使用済燃料プール塩分除去作業の完了(PDF 46.8KB
(4)原子力規制委員会の定例記者会見(平成25年3月19日) - YouTube
(5)めげ猫「タマ」の日記 核武装の為に原発は必要です!
(6)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい!福島原発(10月5週)―電線から煙-
スポンサーサイト
  1. 2013/03/19(火) 21:54:29|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<祝!福島空港 20周年―でもだれが乗るの?― | ホーム | NHKの嘘報道 -ロボットがいるから原発は大丈夫―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/641-ffdb680f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)