めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

遅れが目立つ福島原発事故処理-原子炉冷却改善は2年遅れ決定!

 東京電力と政府は2011年年末に、福島第一原発を今後どのようにして行くかの工程表を発表してます(1)。それによると、いくつかの項目が2012年度末(明日、2013/3/29)までに6項目ほどあります。その進み具合について東京電力から発表がありました(1)(2)。見ていたのですが、どれも終わっていません。その中で最もひどいのが、原子炉の冷却の改善です、明日にはおるはずですが、予定を平成26年度末(2015年3月末)に予定を変更するそうです。わずか1年3ヶ月で予定が2年も伸びています。
 2011年12月に東京電力は福島第一原発事故処理をどのように進めていくか工程表を発表しました(1)。そのうち、明日ないしはそれ以前に期限を迎える工程を(=^・^=)なりに抜粋しました。
brg130328a.gif
brg130328b.gif
 図―1 福島原発事故処理の当初の日程

 ①原子炉の冷却と滞留水(汚染水処理)
  事故後に作った装置は、福島第一原発構内に4kmもの配管を引いて運営しています(2)。
brg130328c.gif
 ※(3)より作成
 図―2 原子炉冷却のための配管引き回し
これだけ長い配管があれば、ネズミがかじって水漏れによる原子炉冷却停止なんてあるかもしれません。核燃料プールでは配電盤にネズミが侵入し停電が起きたばかりです(4)。本来でしたら明日(2013/3/29)には役目を終え、もっとコンパクトな装置にする予定でした。でも、これからも使われ続けるみたいです。東京電力の発表では(2)では
 2015年年度末(当初計画の2年遅れ)
です。

 ②多核種除去装置
 原子力発電所では、放射性セシウム以外の放射性物質もでます。図―2を見てわかるとおり放射性セシウム以外の放射性物質を取り除く装置がないとNHKは報道しています(4)。以下にセシウムを取り除いた後の水にも放射性にも大量の放射性が残っています。
 brg130220c.gif
 ※(5)より
 図―3 放射性セシウムを取り除いた後の「汚水」の放射性物質濃度

1リットル当たり1億ベクレル程度でしょうか?セシウムの飲料水の基準の1000万倍です。しかもこの水が、どのどん溜まっています。
 brg130220b.gif
※(6)より
 図―4 放射性セシウムを取り除いた後の「汚水」のの推移 

 タンクローリーに詰めて1列に並べると、東電の本社から福島第一原発までつながります(6)。こんな汚染水はほっとけないと思います。そこで、セシウム以外の放射性物質を取り除く装置「多核種除去装置(ALPS)」の導入を予定していました。工程表(図―1)で見る限り、去年の9月頃には動いているはずでした。でも、いまだに動いていません。今のところ1年遅れの2013年9月だそうです(2)(3)。
 ところで、この装置はトリチウム(放射性の水)を除くことができません。トリチウム(放射性の水)は取り除けません。でも、1リットルあたり100万ベクレルはありそうです。
brg130220d.gif
※(6)より
図―5 福島第一原発の汚水中のトリチウム(放射性の水素)濃度の推移

トリチウムについて東京電力は
 「トリチウムの出す放射線(ベータ線)は比較的弱いもので、アルファ線と同じく紙一枚で遮ることができます。
なお、水の一部として体に取り込んでも濃縮させれることはありません」
としています(7)。蛇足ですが、まさか海にすてるのではないでしょうね!体の中に入れば遮るものはないし、凝縮しない代わり均一に広がります。水を吸収するのは「腸」の役割ですが(8)、腸は「放射線の身体的影響として重要な症状である「腸障害」および「腸死」などについて数多くの研究成果がある。また、放射線治療に際して体幹部にある消化器、特に小腸はその被ばくに関して最大の注意と防護を考慮すべき重要な正常組織である。」(9)だそうです。トリチウム入りの水を飲んだら腸に溜まってなんて(=^・^=)は想像します。

③港湾の再開
 原発には港がついています。重いものは港を経由します。福島第一原発では核燃料プールの核燃料棒の取り出しを計画しているみたいですが、それには取り出した後に核燃料棒を保管する専用の容器(キャスク)が必要みたいです(10)。でも、福島第一原発の港を再開したととの発表を(=^・^=)は知りません。それどころか「福島第一原発の港が必要です」との文書をどこかに配ったみたいです。港は再開していないと思います。
 当初の予定では、昨年10月くらいには港を再開し、核燃料棒を入れる容器(キャスク)を運び込む予定でしたが、どちらもできていないみたいです。
 蛇足ですが、福島第一原発の港の入口付近から採れたアイナメから1キログラム当たり74万ベクレルの放射性セシウムが見つかりました。(=^・^=)が漁師さんなら、そんな危険な港は封鎖して欲しいと思います。

④キャスクの搬入開始
 ③で書いた通り当然できていません。

⑤建屋の除染開始
 東京電力の発表(2)には、原子炉建屋の除染を始めたなんて記載はありません。

⑥調査・データベースの構築計画策定
 明日までに終わるはずでしたが、東京電力の資料(2)は計画の発表はありません。

<余談>
 ぱっと見た感じ、当初計画の倍以上の遅延がある感じです。福島第一原発の廃炉を40年で実現するとしていますが(2)、(=^・^=)には100年かかりそうな気がします、。最大の課題は、福島第一原発から出た大量の放射性物質(死の灰)に汚染されたゴミの処分ですが、計画すらありません。
 

-参考にしたサイト様-
(1)福島第一原子力発電所1~4号機の廃炉措置等に向けた中長期ロードマップ|東京電力
(2)映像|写真・映像ライブラリー|東京電力中の「2013/3/28中長期ロードマップの進捗状況」
(3)福島第一原子力発電所の現況|東京電力
(4)福島第一原子力発電所1~4号機所内電源系の停電事故について|東京電力
(5)めげ猫「タマ」の日記 NHKの嘘報道?-福島第一原発の新装置は放射性物質が除去できる。-
(6)めげ猫「タマ」の日記 敷地が一杯福島第一原発―汚水は海に捨てるしか?
(7)柏崎刈羽原子力発電所/リアルタイムデータ|原子力|東京電力
(8)腸 - Wikipedia
(9)放射線の消化器官への影響 (09-02-04-05) - ATOMICA -
(10)福島第一原子力発電所の港湾利用について(海上輸送の必要性)(PDF 249KB)
(11)魚介類の核種分析結果<福島第一原子力発電所20km圏内海域>(PDF 1.40MB)
スポンサーサイト

テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2013/03/29(金) 00:20:58|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島県の赤ちゃんは15%減 ―原発事故2年目― | ホーム | 福島県復興予算1兆9千億、預金残高20%増、でも消費はたった5%―お金が回らい福島県―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/650-a79fea83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)