めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

放射線量激減!-原因は測定器(ポスト)の変更―

 福島県は4月1日午前0時に、主要定点の放射線量として福島県内7方部に設置したモニタリングポスト(放射線測定装置)のうち、6方部のポストを持ち運びができる可搬型から固定型に取り換えました。その結果、大幅に放射線線量が下がりました(1)(2)。
brg130402a.gif
図―1 福島県主要7箇所のモニタリングポスト(放射線測定装置)の空間放射線量測定結果

 特に郡山と南相馬が下がっていますが、場所が大きく移動しています。
brg130402b.jpg brg130402c.jpg
 (a)郡山市            (b)南相馬市
 図―2 新・旧のモニタリングポストの位置(3)より
 これについて、福島県は
  「設置場所を固定するため電源の位置や施設の利用に支障が出ない場所、県民の目に触れやすい道路近くを選んだ」
としているそうです(4)。なお、いわき市平は取り換えをしていません。

<余談>
 この7か所のモニタリングポストは、遅いものでも福島原発事故直後の2011年3月13日から稼働し、ほぼ1時間起きにデータを2年以上も休まずに測定し続けています。過去のデータの蓄積が多いので、きわめて重要なモニタリングポストだと思います。
 測定器を一斉に切り替えれば、多少の変動はしかたがないことだとおもいます。でも、殆どの場所で大幅に下がっては、福島県には放射線量を低く見せようとする意図があったと疑われてもしかたがいことだと思いますし、(=^・^=)は疑ってます。


―参考にしたサイト様―
(1)県内7方部 環境放射能測定結果(暫定値)(第1483報)について(PDF:158KB)(25.4.2更新)
(2)福島県ホームページ - 組織別 - 過去のデータ
(3)福島県放射能測定マップ
(4)主要定点「モニタリングポスト」、6方部を固定型に(福島民友ニュース)
スポンサーサイト

テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2013/04/02(火) 20:56:25|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島市の積算線量は18.1mSv(2012年度末) | ホーム | 福島県4分割決定!(エプリールフール)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/655-db38c6b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)