めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(4月1週)-福島県の農産物検査は11件-

食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)。4月1週中の食品中の放射性セシウムの検査結果をまとめてみました。お買いものの参考になればいいかなと思います。3月2週も続き先週に続きしっかり基準値超えが見つかっています(3)。
  ①検査数1、202件中23件の基準値超え(全体の3.4%)
  ②平均は、1キログラム当た18.5りベクレル、最大910ベクレル(福島県産クロダイ)。
  ③基準超の食品が、宮城、福島、茨城、栃木
で見つかっています。
brg130406a.gif
   ※牛肉を除く
   ※単位については(4)を参照
  図―1 食品中の放射性セシウム検査結果のまとめ(2013年3月)

  色分けは以下の通りです。
  マーケットから基準値超えの食品が見つかった県
  出荷制限対象外の地域・品目から基準値超えの食品が見つかった県
  基準値超えの食品が見つかった県


1.福島県の農産物検査は11件
 今週、出荷制限および出荷自粛品目以外の食品から基準値を超える放射性セシウムが見つかりませんでした。実態を表しているなら、大変にいいことだと思います。福島県は今週178件の検査をしています。だだしかなりの方よりがあります。
brg130406b.gif
 図―2 福島県の放射性セシウム検査内訳(牛肉を除く)

 大部分が「水産物」です。ところが、福島県の水産物は一部を除き出荷制限ないし出荷自粛が行われています。出荷されものをいくら検査しても食の安心・安全にはつながりません。農産物は一部を除き出荷制限も出荷自粛もありません。でも検査数はたった11件です。
 福島県は西から浜通り、中通り、会津に分けられます(5)。各地域別の検査数を以下に示します。
brg130406c.gif
 図―3 福島県の農産物検査数(4月1週)

 放射性セシウム汚染の少ない会津が大部分で、福島原発のある浜通りは0です。4月1週に限ってみれば福島県は有効な検査をしていないと思います。だから基準外も出ません。
なお、お隣の新潟県では農産物を19件(加工品を含む)検査しています。
 
2.川内村のお米は検査されていない
 福島県は2012年度産のお米については全数を検査するとしています(6)。福島県川内村は2012年1月に帰村宣言を出し(7)、住民の帰還が始まっています。そんなかなで2012年5月に田植えが行われました(8)。もう稲刈りもおわってると思うので検査結果を調べたら、検査されていませんでした(9)。
brg130406d.gif
 図-4 「川内村」と入力したら「入力した値は無効です」と表示する「ふくしまの恵み安全対策協議会 放射性物質検査情報」(9)

<余談>
 検査しているようで実質検査が無かったり、検査すると宣言しても検査しなかったり、食品中の放射性セシウムの検査を見ていると(=^・^=)は危険を感じ不安になります。結局、怪しげな産地は避けるしかないような気がします。これは風評被害でなく、正当な自己防衛だと(=^・^=)は思います。

―参考したサイト様および引用いた過去の記事―
(1)農林水産省/厚生労働省(食品中の放射性物質の検査結果)
(2)福島県ホームページ - 組織別 - 公表日ごとのモニタリング検査結果
(3)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(3月)-福島産イノシシが最高値を更新!-
(4)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(5)めげ猫「タマ」の日記 福島県4分割決定!(エプリールフール)
(6)福島県ホームページ - 組織別 - 24年産米の全量全袋検査とは
(7)帰還住民は4割 川内村帰村宣言から1年 | 県内ニュース | 福島民報
(8)種まきと田植え | 川内村観光協会
(9)ふくしまの恵み安全対策協議会 放射性物質検査情報
スポンサーサイト
  1. 2013/04/06(土) 20:34:58|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<NHKの嘘報道―福島第一原発貯水槽汚水漏れは3重の層を破った― | ホーム | トラブルいっぱい!福島原発(4月1週)―核燃料プール冷却停止が再発->>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/659-89ec7531
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)