めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

トラブルいっぱい!福島原発(4月5週)―使用済み核燃料貯蔵容器から警報-

東京電力福島原発はトラブルが多く、トラブル毎に記事にするは面倒なので、まとめて記事にしています。先週につづき(1)、今週(4月28日~5月3日)もしっかりトラブルが起こっています。福島原発トラブルはあまりニュースになりませが・・

1.使用済み核燃料貯蔵容器から警報
 福島第一原発には、溶けた燃料を除いても合計で13,626本の使用された核燃料棒があります。このうち1~4号機には2,724本の核燃料棒があります。
  表―1 福島第一原発の核燃料棒の数
  ※福島県ホームページ(2)による
brg130504b.jpg

このうち1~4号機の核燃料棒の取り出しが計画されています(3)。取り出した核燃料棒は本来であれば、最終処理施設にもっていき安全に廃棄するのが当たり前です。でも、日本にはないのでとりあえず(半永久的?)は福島第一原子力発電所内で保管するみたいです。だた保管施設もいっぱいみたいなので、専用の容器(キャスク)に保管します(4)。
brg130504a.jpg
  図―1 核燃料保管容器

核燃料棒を保管する容器(キャスク)には温度センサーや圧力センサーが付いていますが(4)、そのセンサーから、5月1日午前9時10分に「圧力異常」と「温度異常」との警報がでました(5)。取り出した核燃料棒はまだ2本です(2)ので、これから核燃料棒を保管する容器(キャスク)はどんどん増えると思います。そして、警報もどんどん増えるような気が(=^・^=)にはします。

2.貯水槽No1の汚水漏れは20日間続いた。
 東京電力福島第一原子力発電所の貯水槽から放射性物質を大量に含んだ汚水漏れがあったとの会見が4月6日の早朝にありました(6)。その後、貯水槽No1の地下水の放射性物質濃度があがり続けてました。そして4月30日にようやく下がりだしました。
brg130504b.gif
図―2 ドレイン孔の水の放射性物質濃度

以下にドレイン孔の位置関係を示します。
brg130407b.gif brg130428b.gif
 (a)断面              (b)水平位置
※(7)(8)より作成
図―3 貯水槽とドレイン孔の位置関係

ドレイン孔の外側には地下水を遮るものはないので、ここに放射性物質がもれればどんどんひろがると思います。以下に各貯水槽の水位のグラフを示します。
brg130504c.gif
 ※東京電力の資料による(9)
 図-3 貯水槽の推移(100%は満水)

 貯水槽No1の水位も相当に下がりました。そして汚水漏れを止まりました。この間のおよそ20日間に渡り汚水が漏れ続けていたと思います。この汚水はやがては海にでると思います。


<余談>
関西電力によると原子炉は事故が起きても被害を拡大させないよう、「五重の壁」で閉じ込めているそうです(11)。
brg130224g.gif
 ※関西電力のデータ(10)を編集
 付図 五重の壁
 事故から2年たちまちしたが、福島第一原発でできたのは、一番外側の壁の中の一部を覗いたにすぎません。五重の壁を突破し、危険なデブリ(溶け落ちた核燃料)に到達するのはかなり先になるような気がします。殆どの週でトラブルが起こっています。デブリに到達する前に、再びドカーンなんて事がありませんように!

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい!福島原発(4月4週)―福島第一原発にネズミが2匹-
(2)福島県ホームページ - 組織別 - 福島第一・第二原子力発電所の燃料貯蔵量
(3)【資料2】中長期ロードマップ進捗状況(概要版)(2.77MB)
(4)福島第一原子力発電所共用プール建屋から乾式キャスク仮保管設備への既設の乾式貯蔵キャスク1基の構内輸送について (PDF 238KB)
(5)東北地方太平洋沖地震による当社原子力発電所への影響について|東京電力
(6)臨時会見開催のご案内(福島第一原子力発電所における地下貯水槽No.2からの水漏れについて)【報道関係各位一斉メール】|東京電力
(7)福島第一原子力発電所周辺の放射性物質の核種分析結果
(8)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい!福島原発(4月2週)―貯水槽の汚水500トン(広島原爆の5分の1)が行方不明-
(9)地下貯水槽 水位グラフ(5/2 16:00現在)(PDF 22.0KB)
(10)五重の壁で閉じ込めます [関西電力]
スポンサーサイト
  1. 2013/05/04(土) 20:20:38|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<放射性セシウムが見つらなくても安全とは言えない福島県産食材? | ホーム | 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(4月5週)-今年もセシウム汚染クマ登場->>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/687-0c1d9dd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)