fc2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島原発事故直後に急増していた福島県伊達地区の死者数

 福島県伊達地区は福島原発事故の影響が大きく、白河都市圏は地震の影響が大きい場所だと思います。両地区の福島県原発事故前後の死者数(震災犠牲者を除く)をまとめてみました。福島原発事故のあった2011年3月に福島県伊達地区の死者は急増しましたが、白河都市圏ではそのような事はありません。
brg130507a.gif
  ※福島県のデータ(1)(2)より作成
 図―1 福島原発事故(2011年)前後の死者数の比較(震災犠牲者は除く)

 福島県伊達では2011年に死者数が急増していますが、白河ではそのようなことはありません。死者が急増した理由は
   ①2011年2月、4月にはなくて3月にあったもの
   ②伊達にあって、白河に無いもの
になります。これに該当するのは(=^・^=)は一つしか思いつきません。
 福島県伊達地区は伊達市、桑折町および国見町で構成され(3)、白河都市圏は白河市、西郷村、泉崎村、中島村、矢吹町などで構成されます(4)。
brg130507b.gif
 ※(2)(3)(4)にて作成
 図―2 福島県伊達地区と白河都市圏

以下に2011年4月の福島市と白河市の空間放射線率とそこから計算される積算線量を示します。
brg130507c.gif   brg130507n.gif
 ※(5)を元に作成
 図―3 福島市と白河市の空間放射性線量率と積算線量

単位の意味については、(=^・^=)の過去の記事をみてください(6)。
 2011年3月末の積算線量は
  福島市で2.8mSv
  白河市で0.7mSv
です。伊達市は2011年3月11日からの連続したデータを(=^・^=)は知りません。そこで果物の放射性セシウム濃度で推計することにしました。
brg130507e.gif
 ※(7)を集計し作成
 図―4 福島県伊達地区、福島市および白河都市圏の2011年の放射性セシウム濃度の平均値の比較

伊達地区のセシウム濃度がかなり高くなっています。果樹は比較的ハウス栽培がすくなく、セシウムの影響を受けやすいと思います。(=^・^=)が福島県の果物ととして思いつたのは以下の通りです。
 表-4 福島県を代表する果物?
 ※(8)(リンク先を含む)より作成
brg130507g.gif

これらの果物について、2011年の放射性セシウム濃度の平均値を、伊達地区、福島市、白河都市圏について比較していみました。
 表―5 福島県産果物の2011年度放射性セシウム平均値比較
 ※(7)のデータにより、ND(検出限界以下)は「0」として計算
brg130507f.gif

 果物の見る限り、伊達地区は白河都市圏の9倍近い放射性物質(死の灰)に襲われたことになります。なを、福島市は白河都市圏の4.5倍程度ですが、積算線量は4倍なのでこの見積もりに大きな狂いはないと思います。
 以下に伊達地区と白河都市圏の世帯数、全半壊の家屋数を示します。
 表―6 各地区の世帯数(2011年3月1日)と全・半壊家屋数
 ※福島県のデータ(1)(2)を集計
brg130507h.gif

 全・半壊の家屋数、割合とも白河都市圏の方が伊達地区を大幅に超えています。震災による死者数も伊達地区では1名(国見町)ですが、白河都市圏では15名(白河市12名、西郷村3名)です(3)。白河市では13名が生き埋めにたる大変な地滑りが起こりました(9)。
brg130507i.gif   brg130507j.jpg
 図―5 白河市の地滑り位置と跡(9)


以上を纏めると、
 ①統計的に見て白河都市圏では、死者数の変動は明らかでないが、伊達地区では3月に増えている。(=^・^=)が(10)によって計算した限りでは、偶然に起こる確率は白河都市圏では19%で、起こっても不思議はありませんが、伊達地区では0.1%で偶然にはまず起こりえません。
 表―7 偶然に起こる確率の計算結果
brg130507k.gif   brg130507l.gif

 ②伊達地区には白河都市圏の9倍近い放射性物質(死の灰)が襲った。
 ③震災被害は白河都市圏の方がずっと大きい(ただし伊達地区も大きな被害をうけました。規模が白河都市圏に比べかなり小さいだけです)。
 ③伊達地区も白河都市圏も内陸にあり津波の被害はない(図―2参照)
ここから導かれる結論は一つしかないような気がします。

<余談>
 (=^・^=)にはもっと不安な事がありまあす。福島県が行った調査(11)によると、食べものなどによる内部被ばく量の検査では、伊達地区では1mSv以上が3人見つかりました。でも白河都市圏は0です。
brg130507m.gif
 ※福島県のデータ(11)による。
 付図1 内部被ばく線量の比較  

 もし、死者増加の原因が外部の放射線でなく食物などによる内部被ばくなら、(=^・^=)にも危険が及ぶかも知れません。福島県産米は完売したみたいです。知らずに食べてしまったかもしれません(12)。

―参考にしたサイト様よび引用した過去の記事―
(1)福島県ホームページ - 組織別 - 福島県の推計人口
(2)福島県ホームページ - 組織別 - 地震災害情報
(3)伊達市 (福島県) - Wikipedia
(4)農林水産技術会議/農地土壌の放射性物質濃度分布図等のデータについて
(5)福島県ホームページ - 組織別 - 過去のデータ
(6)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(7)農林水産省/食品中の放射性物質の検査結果(厚生労働省)
(8)果物・農作物ランキング>もも収穫量ランキング: 教えて!全国ランキング 2013 ~都道府県ランキング あなたの県は何位?
(9)22. 福島県白河市
(10)めげ猫「タマ」の日記 偶然に起こる確率の計算方法について
(11)福島県ホームページ - 組織別 - 県民健康管理課トップ
(12)めげ猫「タマ」の日記 2011年の福島県産「米」完売?(=^・^=)は買ったつもりないけど
スポンサーサイト



  1. 2013/05/07(火) 20:51:17|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<韓国は正しい歴史認識を!(S.Korea must have right history recognition.) | ホーム | 2011年の福島県産「米」完売?(=^・^=)は買ったつもりないけど>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/690-faa71c7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)