fc2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島県が発表している郡山市の放射線量は3倍しないと正しい値にならない

 福島県が発表している郡山市の放射線量(1)は補正が必要です。(=^・^=)なりに調査したら
  x:福島県が発表している空間放射線量
  y:実際の放射線量
として
  y=3.1x-0.12
です。単純に3倍程度でしょうか?福島県は事実上3分の1の値の放射線量を発表しています。
 福島県が発表している「県内各地方 環境放射能測定値」の郡山市値が激減しています。
brg130701a.gif
 ※(1)より作成
 図―1 福島県郡山市の空間放射線量率推移

(=^・^=)なりに原因を調べたら
 ①2013年に測定場所(モニタリングポスト)を放射線の低い道路際に移動しています(2)(3)。
 ②その後、除染をしています(3)。

福島県郡山市も除染は進んでいません。
brg130701b.gif
 ※(4)を集計
 図―2 福島県郡山市の住宅地の除染進行状況

除染が全く進んでないのに測定場所(モニタリングポスト)だけ除染したら実態と合わない値になるし、道路際に住んでいる人も少ないと思います。概ね前庭があってその奥に建物があるのが普通のパターンのような気がします。
brg130701c.jpg
 ※Goole mapより
 図―3 福島県郡山市の民家

だから、道路際でなく除染前の元の値と比較して補正する必要があります。以下に3月中の値から(=^・^=)が半減期を元に計算した郡山市の放射線量と実際に測られた放射線量の比較を示します。
brg130701d.gif
  ※計算方法は(5)による。
 図-4 福島県郡山市の放射線量の計算値と測定値

両者はほぼ一致しているのでそこそこの見積もりができると思います。
 6月中の測定値の平均は1時間当たり0.186マイクロシーベルト
 6月中の計算値の平均は1時間当たり0.492マイクロシーベルト
でしたので、そこから平常値の
 1時間当たり0.04マイクロシーベルト
を引き、最初の補正計算式としました。

<余談>
 測定場所(モニタリングポスト)が実際の3分1程度になるようにした福島県のお役人は無能か、無責任かあるいはその両方だと思います。福島の方は
 ①福島に残る
 ②福島から避難(去る)する。
 ③福島に戻る
を自由に選べるようにしなければならないと思います。その選択の基本は正確な情報だと思います。そして最も重要な情報は放射線量の値だと(=^・^=)は思います。それを3分の1程度の値がレポートされるようにしたお役人は、無能か無責任か両方としか言いようがないと思います。それとも安倍出戻り総理と結託し、放射線量を低く見せるために意図的にやったりして・・。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)福島県ホームページ - 組織別 - 空間線量モニタリング結果
(2)めげ猫「タマ」の日記 放射線量激減!-原因は測定器(ポスト)の変更―
(3)めげ猫「タマ」の日記 移転してもまだ線量の高いモニタリングポスト(放射線線量測定点)を除染する福島県
(4)除染情報プラザ:環境省
(5)めげ猫「タマ」の日記 長期の空間放射線量の計算方法
スポンサーサイト



  1. 2013/07/01(月) 20:17:11|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リスクが大きすぎる柏崎刈羽原子力発電所再稼働! | ホーム | でたらめな安倍出戻り外交>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/747-f377742f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)