めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(7月1週)―経過処置でお咎めなしの加工食品はその後は検査されていない―

 食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)。7月1週中の食品中の放射性セシウムの検査結果をまとめてみました。お買いものの参考になればいいかなと思います。6月に続き先週に続きしっかり基準値超えが見つかっています(3)。
  ①検査数1,764件中18件の基準値超え(全体の1%)
  ②平均は、1キログラム当たり5.1ベクレル、最大500ベクレル(群馬県産クマ)。
  ③基準超の食品が、宮城、福島、栃木、群馬
で見つかっています。
brg130706a.gif
   ※牛肉を除く
   ※単位については(4)を参照
  図―1 食品中の放射性セシウム検査結果のまとめ(2013年*月*)

  色分けは以下の通りです。
  マーケットから基準値超えの食品が見つかった県
  出荷制限対象外の地域・品目から基準値超えの食品が見つかった県
  基準値超えの食品が見つかった県


1.経過処置でお咎めなしの加工食品はその後は検査されていない
 出荷制限中の食品を除けば、宮城県産のシカ以外から基準値を超える放射性セシウムは見つかっていません。実態を表しているなら大変良い事だと(=^・^=)は思います。
 でも気になることがあります「経過処置」です。放射性物質の新規基準が2012年4月に施行されたあとも、3月以前に製造された加工食品は経過処置として、従来の基準が適用されました(5)。経過処置の適用によって、昨年6月に福島県桧枝岐村産の乾燥マイタケ等から基準値(5)を超える1キログラム当たり180ベクレルの放射性セシウムが見つかりましたが、出荷制限はされていません。その後の検査がどうなったか気になって厚生労働省の発表(1)を調べたのですが、その後の検査結果がありません。基準値を超えたのに検査をせずに放置していた事になります。そして今もしっかり販売されているみたいです。桧枝岐村のHPに宣伝がありました(6)。
brg130706b.jpg
 図―2 桧枝岐村特産「乾燥マイタケ」
 
 
2.宮城のシカが過去にも基準超え―でも出荷制限なし
宮城県気仙沼市のシカじゃら基準値を超える1キログラム当たり140~280ベクレルの放射性セシウムが見つかりました(1)。過去はどうか調べたら2012年10月11日付の発表でやはり基準値を超える1キログラム当たり260ベクレルの放射性セシウムが見つかっています。でも出荷制限はなかったみたいです・・・

<余談>
 必要な検査をしない、基準を超えが見つかっても出荷制限をしない!食品中の放射性セシウムの検査を見ていると(=^・^=)は危険を感じ不安になります。結局、怪しげな産地は避けるしかないような気がします。これは風評被害でなく、正当な自己防衛だと(=^・^=)は思います。


―参考したサイト様および引用いた過去の記事―
(1)農林水産省/厚生労働省(食品中の放射性物質の検査結果)
(2)福島県ホームページ - 組織別 - 公表日ごとのモニタリング検査結果
(3)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(6月)―農協さんのモラルは大丈夫?―
(4)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(5)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(6)檜枝岐村 「特産品センター」
スポンサーサイト

テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2013/07/06(土) 20:53:15|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<常磐道除染完了せず! | ホーム | トラブルいっぱい!福島原発(7月1週)―福島第二原発からもネズミ->>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/07/10(水) 04:29:39 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/752-1d225be6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)