めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島原発賠償額は2兆5千億超え-あと300日で枯渇する-

 東京電力の発表によると福島原発事故賠償の支払い額が25,549億円に達し(1)、2兆5千億の大台を超えました。福島のマスコミによると残りの資金は1兆2千億円です(2)。これまでの経緯を集計すると1日40億円のペースで賠償額が増えていますので、あと300日で資金が枯渇します。
 福島第一原発事故の補償金は、東京電力は直接には1円も負担しません。必要な資金は全国の電力会社(沖縄電力を除く)がお金を出して作った「原子力損害賠償支援機構」が、東京電力に支給しる仕組みになています(3)(4)。だからいつかは全国の電力会社が支払ますので、最終的には電気代に上乗せされる仕組みです。
brg130620a.gif
 ※(4)より引用
 図―1 福島第一原発賠償資金の流れ 
 原子力損害芭蕉支援機構が沖縄を除く電力会社からお金を集め、東京電力に支給しそのお金で東京電力が賠償を支払います。ただ急に必要なお金を全国の電力会社から集めると大変な負担になるにで、原子力場使用支援機構は国から5兆円の国債を貰い、これをお金に換えて賠償資金に充てています。ただし満期はた国債をお金に換えるtきに使われるのは「税金」でなく全国の電力会社から集めたお金です(3)。
 以下にこれまでの東京電力の賠償支払い額(累積)と原子力損害芭蕉支援機構の支給金額の推移を示します。
brg130708a.gif
 ※東京電力の発表(1)(過去を含む)を元に作成
図―2 東京電力の賠償支払い額と原子力賠償支援機構の支給額の推移

直線的に増えています。(=^・^=)なりに計算したら
 1日40億円のペース
です。
brg130708b.gif
 図ー3 賠償金額の分析結果

 国債5兆円のうち1兆は東京電力に出資しています。賠償は2兆5千円ですが、原子力賠償支援機構は東京電力に2兆8千億を支払っています(3)ので、合計で3兆8千億円で残りは1兆2千ですので300日後に今のままではショートします。

<余談>
 300日後に3つの選択はあると思います。
 ①当初の資金がなくったので福島賠償を中止する。
 ②5兆円の枠を拡大する。これすると大幅な電気料金の値上げが・・
 ③税金で補償を続ける。国の財政事情は?


-参考にしたサイト様および引用した過去の記事-
(1)賠償金のお支払い状況|東京電力
(2)【東電の賠償支援】国は責任を果たせ(7月8日) | 県内ニュース | 福島民報
(3)原子力損害賠償支援機構 - Wikipedia
(4)めげ猫「タマ」の日記 福島原発補償は2兆4千億を超えた-これからも増え続け、いつかは(=^・^=)の電気代に上載せ
スポンサーサイト
  1. 2013/07/08(月) 20:20:13|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<絶対安全があり得ない事を証明したアシアナ航空機事故 | ホーム | 常磐道除染完了せず!>>

コメント

武田鉄矢のラジオ

めげ猫「タマ」さんこんにちは。

先日の武田鉄矢「今朝の三枚おろし」のラジオを聞きまして、
これは黙っていられないと思いました。

AMのラジオ福島で朝8:40~(関東圏は7:45~文化放送、熊本では8:30~熊本放送)の武田鉄矢「今朝の三枚おろし」は、本日(7月8日(月)からの一週間も先週に引き続き「放射能問題」について話しているようです。
各地域の放送時間は→ http://p.tl/VcBx
先週分はhttp://www.joqr.co.jp/takeda_pod/index.xmlで聞くことができます(来週の月曜10時から今週分に切り替わりますのでお早めに聞いてください)。

武田鉄也さんは本日も言ってましたが、
「我々は今までも毎日(カリウム40による)4000ベクレルの内部被曝をしてきたんだぜ。なにをそんなに怖がっているんだ?」と得意げになって話しています。

先週分では老人の避難によるストレス死(600人)と今後10年から20年後に癌になる人(200人)を比べ、「避難は命を守ったかどうかはかなり疑わしいとなってくる。あくまでも哲学の話です。」(10:00)と、放射線感受性の高い子どもの被ばく問題を無視していました。

また、「ご飯でおにぎり3個分、375gを3年間食べると、0.24ミリシーベルト内部被ばくするんですって。」(22:20)と自然放射能のカリウム40の被ばくを持ちだして、だからセシウムなどの人工放射能もそんなに危険ではないんだというような話に持っていっていました。

本日(8日)分でも驚きというか、これが本当ならどんなに幸せな事かと思うようなことを話しています。
本日の鉄矢氏は「どうやら巷では自然放射能と人工放射能は違うとおっしゃる方がいるそうですが、そんなことはまったくないそうです。そう言う方はセシウム137などの人工放射能は体内に入ると何万年も出てこないみたいに言いますが、セシウム137は自然界にもあるそうです。ですから自然も人工もまったく危険性は同じということです。」
と、まるで早野龍五氏や中川恵一氏が言いそうな話しぶりで、
本日最後のセリフは「この話はトコトンやってやりますよ。」と闘志満々でした。

自然放射能の原子数は1個ずつバラバラで、人工放射能の原子数は数億から数兆個という塊で存在しているため、細胞レベルのミクロ単位の狭い範囲の細胞が受ける放射線の数は何桁も違うということ(矢ヶ崎克馬名誉教授の発言)や、自然放射能は蓄積されないのに、人工放射能は特定の臓器へ蓄積される(ヨウ素は甲状腺、セシウムは心臓などの筋肉、ストロンチウムは骨)という違いも認識していないようでした。

推進側の科学者は今までも議論を避けてきましたから、
武田鉄矢氏を間に入れてトコトン議論することで、
明らかにすることが一つでも二つでも増えると思います。
全国の正義感のある医師や科学者さん、また一般市民も、
武田鉄矢の今朝の三枚おろしに質問状や意見書を送りませんか?

送り先は、
〒105-8002 東京都港区浜松町1-31
株式会社文化放送
武田鉄矢「今朝の三枚おろし」
武田鉄矢様、水谷加奈様
です。

彼のようにラジオなどで「放射能安心論」を安易に語る人がいるから、福島などの給食で地産地消が推し進められ、避難の権利も保養の必要性もないがしろにされてしまうのです。
そして武田鉄矢氏のような人は、「原発はそんなに危険ではない」ということにしたい国側の意向に沿って、被ばく地の子どもの命が利用され続けていることに気付いていないのです。
科学者は国に睨まれたら出世も研究費の補助金もカットされますから、発言は制限されているということすらも知らないのです。

小野俊一医師、武田邦彦教授、菅谷昭医師(松本市長)、西尾正道医師、また早野龍吾氏に公開質問状を送っている木村知医師、田口茂氏、竹野内真理氏、松井英介医師、矢ケ崎克馬名誉教授、肥田舜太郎医師などの正義の人以外にも、もっともっと多くの正義の人が日本中に溢れているはずです。

もっと多くの医師や科学者、または一般市民が追い風になってくれなければ、被ばく地のお母さんたちは立ち上がることができません。
避難の権利、給食の安全性、保養の充実、風の強い日の運動禁止、再浮遊放射能から守るマスクの励行などを求めるお母さんたちの力になってください。

武田鉄矢氏は「頂いたお便りはすべて必ず読んでおります。」と公言していますので、読まずに捨てられることはありません。
芸能界でも信用されている部類に入る武田鉄矢氏からの発言は世間を惑わせます。
「違う」という意見ではなくても、「もう一方にはこういう考え方も存在する」ということを教えてあげるだけで「安心論」の流布が収まると思います。

「危険論」で放射能の被害に遭うことはありませんが、「安心論」は殺人にも匹敵する行為になり得るということを訴えたいです。
ストレスで被害があると言うなら、人生などあらゆるストレスの連続のはずです。放射能を怖がるストレスだけが特別なストレスという訳ではありません。
老人が避難のストレスで死亡した人が増えたと言ってますが、もしそうだとしても、それは行動を押し付けられているストレスでしょう。
「危険論」も「安心論」もあらゆる情報を与え、すべて被ばく者自身に行動の権利(補償も含め)を与えることがストレス回避のためには必要です。
避難の権利も、給食食材の選別も、保養の必要性も、屋外での運動も、マスクの着用も、すべて当事者達に権利を与えていないことが問題なのです。

「反原発」よりも、まずは喫緊の課題である「放射能から子どもを守る」ことに、一人ひとり声を上げて欲しいです。

  1. 2013/07/09(火) 10:50:01 |
  2. URL |
  3. 福島県在住 #roo7EyaE
  4. [ 編集 ]

Re: 武田鉄矢のラジオ

福島県在住様

 コメントありがとうございます。かなり酷い内容ですね。
①「我々は今までも毎日(カリウム40による)4000ベクレルの内部被曝をしてきたんだぜ。」
被ばく量はベクレルでなくシーベルトで評価するのが普通です。カリウム40による年間の被ばく量は0.17ミリシーベルトです(http://search.kankyo-hoshano.go.jp/food2/Help/yotaku_guide_keisan.html)。空間線量率に直すと
 1時間当たり0.03マイクロシーベルト(0.17mSv÷365日÷24時間×1000÷0.6(室内を想定して低くする))
です。福島の現状と一桁違います。同じ1ベクレルの放射線でも
 セシウム134 0.019マイクロシーベルト
 カリウム40  0.0062マイクロシーベルト
で(http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/4_1.html)3分の1以下です。

②、「ご飯でおにぎり3個分、375gを3年間食べると、0.24ミリシーベルト内部被ばくするんですって。」

(=^・^=)の計算だと、0.023ミリシーベルトで1ケタ違います。
 a)100gの炊いたご飯に含まれるカリウムの量 0.029g(http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu3/toushin/05031802/002/001.pdf
 b)1gのカリウムに含まれるカリウム40の量 30.4ベクレル(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A040
 c)おにぎり(炊いたご飯)375gに含まれるカリウム40の量 3.3ベクレル(375×a×b÷100)
 d)3年食べた時の総ベクレル数 3632ベクレル
 e)被ばく量 0.023ベクレル(d×0.0062÷1000)
です。

立場はどうあれ、福島の方には正確な情報が提供されるべきと思います。そうしないと福島の方が疑心暗鬼になります。
  1. 2013/07/09(火) 20:50:28 |
  2. URL |
  3. mekenekotama #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/754-b1813eab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)