めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

東京電力はお金をケチって福島原発事故を起こした?―吉田所長死亡で迷宮入り―

 (=^・^=)は福島原発事故の最大の謎は、福島原発を襲った津波を東京電力が予想できずに福島原発事故が起こったのか、それともある程度予想してたがお金をけっちて対策を取らず事故が起こったかです。
 これについて東京電力は「アホだった」としています(1)(2)が、「東電、06年にも大津波想定 福島第一 対策の機会逃す」などの報道が過去にあり(1)、お金をケチって対策をとならなったと説もあるみたいです。(=^・^=)は福島原発事故が東電が「アホ」であるために起こったのか、お金をケチって起きたのかが最大の謎だと思います。その鍵を握る人物は 東電執行役員(元 福島第一原子力発電所長)吉田(よしだ) 昌郎(まさお) さんでしたが、7月9日に他界されました(3)。
 福島第一原発の北側に東北電力女川発電所がありますが、安全審査の申請はしていませんが、再開に向けて色々な作業をしています(5)。差がなんで出たか(=^・^=)なりに調べたのですが、津波想定が違っていました。
 女川原発― 貞観津波(高さ10m)(6)
 福島第一原発― チリ地震津波(高さ3.122m)(1)
でも、女川原発の資料を見ると貞観津波は福島第一原発と女川原発の中間の位置で起こっています。
brg130710a.gif
 ※(6)とGoogle mapより作成
 図―1 貞観津波の津波高さ

 東京電力も東北電力が調査した貞観津波の情報を知っていたと思います。この点について、東京電力は事故報告書(1)で
①平成20年(2008年)10月、産業技術総合研究所(当時)佐竹氏から貞観津波に関する投稿準備中の論文の提供を受け、未確定ながらしめされていた波源モデル案をいたためし計算を実施
とありますが、女川原子力発電所は1984年に運転をしていますので、2008年の24年前には知っていたはずです。
②その後、吉田部長は、貞観津波の正確な情報を得ることを主たる目的に、福島県沿岸の津波堆積物調査を決定するとともに、地震本部の見解と同様に貞観津波も土木学会へ審議を依頼することとし、後日武藤副本部長、武黒本部長に報告。
としています。亡くなられた吉田昌郎さんの来歴を見ると、2007年に原子力・立地本部原子力設備管理部長に就任している(4)ので、吉田部長とは吉田昌郎さんです。
③平成21年6月に土木学会へ審議を依頼
④津波堆積物調査の結果、福島県南部では津波堆積器物を確認できず。調査結果と試し県産に使用した波源モデル案で整合しない点があることが判明したことから、貞観津波の波源確定のためには、さらなる踏査・研究が必要と考えた。
としています。(=^・^=)なりに纏めると
 東北電力が1984年以前に知っていた貞観津波を東京電力は2008年になって初めて知り、吉田昌郎さんが責任者となって調査をしたが、福島原発がある福島県中部でなく南部で津波堆積物が見つけられずシュミレーションと合わないのでもっと調査が必要だとの結論になった。
 ことになります。これが事実なら吉田昌郎さんは相当なアホです。なせか福島県南部を調査してます。まともなエンジニアなら痕跡が多く残ると推定される福島県北部ないし、福島第一原発のある中部を調査します。そのいい加減な調査の結果は当然ながらシュミレーションと合わない物になる可能性が高いと思います。そして「東電、06年にも大津波想定 福島第一 対策の機会逃す」なんて報道もあります。
 東京電力はアホで福島原発事故が起こったのでなく、危険性を知りながらお金をケチって必要な対策を取らなかった可能性も否定できないと思います。吉田昌郎さんはこの間の事情をもっとも良く知る方だと思います。何時か元気になってこの点をお話しするのを期待していました。でももう無理みたいです。

<余談>
 吉田さんが亡くなる死人に口なしになって喜んでいる人がいるかいないかは全く分かりません。でも日本が滅びなかったのは吉田さんを始めとする福島50(8)の皆様の思っています。最悪のシナリオ(9)では、170km圏内(北関東を含みます)が強制避難で、250km圏内(東京を含む)が任意避難です。最悪のシナリオ(9)を読むと福島50(8)の皆さんには二つの選択肢しかなかった気がします。
 ①退避した後、福島原発が暴走し家族も自分も死ぬ
 ②可能性はわからならいが、とにかく踏ん張って自分と家族が助かる路を探る

―参考にしたサイト様―
(1)【120613】平成24年6月13日付朝日新聞(朝刊)1面「東電、06年にも大津波想定 福島第一 対策の機会逃す」に関する報道について|TEPCOニュース|東京電力
(2)福島原子力事故調査報告書の公表について|プレスリリース|東京電力
(3)訃 報|東京電力
(4)吉田昌郎 - Wikipedia
(5)女川原子力発電所 女川原子力発電所|東北電力
(6)女川原子力発電所における 津波に対する安全評価と防災対策
(7)福島第一原子力発電所 - Wikipedia
(8)フクシマ50 - Wikipedia
(9)福島の最悪シナリオ
スポンサーサイト
  1. 2013/07/10(水) 20:35:23|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島県郡山市の赤ちゃんは16%減(2013年、6月末集計) | ホーム | 絶対安全があり得ない事を証明したアシアナ航空機事故>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/756-2806f2b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)