めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

トラブルいっぱい!福島原発(8月2週)―いまだ続く海への汚水漏れ-

東京電力福島原発はトラブルが多く、トラブル毎に記事にするは面倒なので、まとめて記事にしています。先週につづき(1)、今週(8月3日から9日)もしっかりトラブルが起こっています。

1.3号機からまた湯気がでた。
 先月(7月)18日に福島第一原発3号機から湯気が出ているのが見つかりましたが(2)、8月5日午前7時30分頃から12時5分頃まで、また湯気が確認されました(3)。以前の東京電力の説明では、「湯気の発生原因は雨水がウェルカバーのすき間から入って、格納容器ヘッド部にて加温されたことによる」と推定したのですが(2)、福島県は8月3日に梅雨明け(4)して、福島第一原発に近い浪江の観測点では雨は降ってませんし、湯気が消え12時の気温は25.4℃(5)で、結構高いとおもいます。
brg130809a.gif
 ※(5)より作成
 図―1 湯気がでた8月5日と前日の気温と降水量

 湯気の出た福島第一原発3号機は東電の原発として唯一、ウラン238とプルトニウムの混合酸化物 (Mixed Oxide) を燃料として使用するプルサーマル発電がおこなわれています(6)(7)。プルトニウムの臨界量(核分裂を起こすのに最低限必要な量)はウラン235の3分に1です(8)。それだけ核分裂が再発しやすいと思います。3号機だけに特異的に湯気が見られる理由について東京電力の会見(9)を聞いている限り、明確な説明はないような気がします。

2.火災報知器から「警報」
 平成25年8月5日午後4時13分頃、福島第一原子力発電所運用補助共用施設(共用プール建屋)3階エリアにおいて、火災報知器の警報が発生しました。火事でなく警報器の故障としていますが、原因についての説明はありません。福島第一原発の装置類はかたがたなんですね(10)。

3.1日300トンの汚水漏れ
 8月7日の報道によると、福島第一原発からは毎日300トンの汚水が海に流れ出ているそうです(11)。この汚水の怖いのは放射性セシウム濃度が他の放射性物質に比べ低いことです。たとえば東京電力の8月1日の発表によれば(12)、海岸近くの東京電力が1-5の呼んでいる井戸の地下水を調べたら、1リットル当たり
  セシウム134   21ベクレル
  セシウム137   44ベクレル
  セシウム合計    65ベクレル
  トリチウム 28、000ベクレル 注1
  その他    1,200ベクレル 注2
でセシウム以外の放射性物質の濃度はセシウムの1桁から2桁以上高くなっています。一方厚生労働省はセシウムを検査していれば大丈夫としており、食品ではセシウム以外の基準がありませんし(13)、日常的な検査も行われていません(14)。セシウム以外の放射性物質が漏れているのにセシウムだけを検査して「安全」と言われても(=^・^=)は困ります。

 注1 放射性の水素で概ね水として存在する。
 注2 概ね半分程度はストロンチウム90みたいです。

4.福島の海からセシウム
 福島第一原発の放射性物質漏れを受け、福島県が海水の検査を始めたそうです。そしたら、6点中2地点から放射性セシウムが見つかったそうです(15)。微量しか漏れてないセシウムが見つかったのですから、他はどうなのか(=^・^=)は心配です。
 なお東京電力がいわき市(福島県沿岸部の南側の市)の海水浴場の水を調べたらセシウムも他の放射性物質も見つからなったそうです(16)


5.汚染地下水を海に流す?
 東京電力は増え続ける福島第一原発の汚水対策として、原子炉建屋に入り汚水になる前の地下水を海あげ海に流す地下水バイパスを計画しています。世論調査によると福島県民の8割が反対しています(17)。
brg130728a.gif
 ※(17)を引用
 図―2 福島民報社の地下水バイパスに関する世論調査結果

 以下に地下水バイパスの概要を示します。
brg130628d.gif
 ※(18)より引用
 図―3 地下水バイパスの概要

原子炉建屋の手前に井戸を掘って、建屋に入る前に地下水を汲み上げ海に流す計画です。ところが今年(2013年)4月に水を汲み上げる井戸の上流に設置してあった貯水槽から汚水漏れが起こりました(19)。
brg130809b.gif
 ※(19)の図に加筆
 図―5 汚水漏れを起こした貯水槽と海に流す水を汲み上げる井戸の位置

当然ながら貯水槽から漏れた水が地下水を汚染している可能性は否定できないと思います。福島の方が反対するのは当然だと思います。でも、茂木敏充経済産業相は7月8日に、政府「敷地内でくみ上げた地下水を海に放出することを含め、今後の対策の進め方を検討するよう求めた。」(20)
そうです。福島の方の理解はないと思いますが・・・。

<余談>
 福島のマスコミによると、「原発事故から2年5カ月が経過する中、本県(福島県)産を気にせず買い求める人は増えている」だそうです(20)。福島原発事故も風化しつつあると思います。その一方で、福島は危険な状態にあるのも事実だと思います。フクシマでは今も汚染が進行しているこを忘れてはいけないと思います。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい!福島原発(7月5週)―海側の地下水位が急上昇-
(2)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい!福島原発(7月3週)―原子炉建屋から湯気-
(3)東北地方太平洋沖地震による当社原子力発電所への影響について【午後3時現在】平成25年8月5日東京電力株式会社
(4)気象庁 | 平成25年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)
(5)気象庁 | 過去の気象データ検索
(6)(コメント)福島第一原子力発電所3号機におけるプルサーマル開始について|TEPCOニュース|東京電力
(7)プルサーマル - Wikipedia
(8)プルトニウム - Wikipedia
(9)映像|写真・映像ライブラリー|東京電力
(10)東北地方太平洋沖地震による当社原子力発電所への影響について【午後3時現在】平成25年8月6日  
(11)「東電任せ 対応遅い」 汚染水300トン流出試算 漁業関係者 国に怒り | 県内ニュース | 福島民報
(12)2013年8月1日福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果(その2)
(13)食品中の放射性物質の新たな基準値
(14)農林水産省/食品中の放射性物質の検査結果(厚生労働省)
(15)2地点でセシウム検出 第1原発周辺県採取の海水(福島民友ニュース)
(16)2013年7月29日四倉海水浴場,勿来海水浴場 海水試料測定結果(PDF 13.9KB)
(17)めげ猫「タマ」の日記 地下水バイパス計画―福島県民の8割が反対(福島民報社世論調査)
(18)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい!福島原発(6月4週)―汚水は海に漏れた?-
(19)めげ猫「タマ」の日記 福島第一原発、貯水槽汚染水漏れ―漏れたストロンチウム90は広島原爆の5%―
(20)あぶくま抄(8月9日) | 県内ニュース | 福島民報
スポンサーサイト
  1. 2013/08/09(金) 21:57:55|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食品中の放射性セシウム検査のまとめ(8月2週)-カサゴがセシウム汚染食品の仲間入り― | ホーム | 福島県郡山市の死者は増加したまま>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/786-b32f8d35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)