fc2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島第一原発汚染水漏れ暫定対策決定-でも大丈夫?

 今日(8月27日)に原子力規制委員会で「第4回特定原子力施設監視・評価検討会汚染水対策検討ワーキンググループ」なるものが開かれ、福島第一原発の汚水タンクから汚水が300トン漏れだした問題について幾つかの暫定対策がきまりました(1)(2)。でも(=^・^=)は心配です。今年(2013年)の4月から福島第一原発は大トラブルの連続です。その度に対策を打ちましたが、必ず弊害が生じています。

 ①2013年4月8日に地下貯水槽から汚水漏れが見つかり、あわてて地下貯水槽のあった汚水を福島第一原発の敷地境界に近いエリアにタンクを新設し移しました(3)(4)(5)。そしたら、汚水からの放射線が高く過ぎて敷地の外にまで漏れてしまいました(6)。
 ②2013年6月19日に海に近い井戸水で高濃度放射性物質が見つかり(3)、あわてて海側に遮水壁をつくりました。しかし汚水の流れが止まらず地下水位がどんどん上昇し、ついには地下水位が遮水壁より高くなり、遮水壁が意味をなさなくなりました。
 ③そこで汚水を汲み上げを2013年8月9日から開始しました(7)。そのためでしょうか。汚水の発生量が東電想定の日量400トンから600トンに増えてしまいました(8)。
 brg130814a.gif
 ※(8)を引用
 図―1 福島第一原発の週当たりの汚水増加量と東電想定量

東京電力は問題点は事前に分かっていたような気がします。でも対策をとると別の問題がでるので対策を小出しにかできなかったと思います。東京電力には福島のマスコミを中心に批判する報道が流れています(3)が、(=^・^=)はある意味東京電力の判断は正しかったと思います。
 8月19日に発覚した福島第一原発の汚水漏れについて幾つか対策がきまりました。
  ・パトロールの強化
  ・放射性物質のサンプリングの充実
  ・タンクのまわりにもうけれた堰の弁は占めて運用する
などです(1)(2)。でも東京電力はタンクの危険性は従前から認識していたはずです。原子力規制庁が5月23日に下請けさんからおこなったヒヤリングに
「溶接ではないボルト式のタンクがあり、いつまで持つか不安を持っている」なんて記述があります(9)。この情報は東京電力に伝わっていないはずがありません。東京電力の8月26日の会見を聞いていたら
 「(汚水漏れを起したのににも係らず)タンクを作ってくれた下請けさんに感謝している」
旨の発言がありました(10)。暗にタンクからの汚水漏れの責任は東電に全てあり下請けさんにミスはないと言っているような気がしました。それでも東京電力は対策をとりませんでした。正確には取れなかったと思います。そんなことしたら別の問題が発生するからです。たとえば「放射性物質のサンプリングの充実」ですが、福島第一原発施設内にある放射性物質の分析施設には限りがあります(2)。タンクからの汚水漏れの分析を優先すれば、他がおろそかになります。他に異常があっても気づく時間が遅くなります。他の場所で分析すればいいと意見もありますが、それでは時間がかかりトラブルが見つかった時にはしでに証拠が消えていて十分な対応が取れない危険があると思います。
 今回の暫定対策で別の問題がでないか(=^・^=)は心配です。

<余談>
 8月19日に漏れた汚染水は「濃縮塩水」(原子力規制委はRO水と呼んでました(2))と呼ばれるタイプで、原子炉冷却に使う「真水」を取り除いたカスです(11)。
 brg130827a.gif
 ※(11)(12)を元に作成
 図―2 福島第一原発の水処理系統図と汚水漏れ箇所

それだけにリスクの高い場所です。このような汚水は28万トンも溜まっています(13)。
brg130827b.gif
 ※(13)等を元に作成
 図―3 増え続ける「濃縮塩水」の量

 この水は次の装置である「多核種除去設備」でより安全な(といいてもトリチウムがいっぱいですが)処理済み水にしすべきとのこと(2)ですが、多核種除去設備の処理能力は毎週3500トン(日量500トン)みたい(2)なので、毎週4200トンづつ増える汚水(図―1参照)には対応できません。当初は毎週2800トンなので(8)で対応できたはずですが・・・


-参考にしたサイト様および引用した過去の記事-
(1)第4回特定原子力施設監視・評価検討会汚染水対策検討ワーキンググループ|会議|
(2)第4回 汚染水対策検討ワーキ​ンググループ (平成25年8​月27日) - YouTube
(3)めげ猫「タマ」の日記 東電が説明すると操業中止を決める、福島県の漁師さん
(4)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい!福島原発(4月3週)―汚水もれは継続中?-
(5)2013年4月10日社長会見配布資料(PDF 702KB)
(6)[PDF]地下貯水槽からのRO濃縮水移送に伴う タンク類からの直接 ...
(7)めげ猫「タマ」の日記 福島第一原発―地下水汲み上げ開始!1日100トンのはずが24トン
(8)めげ猫「タマ」の日記 福島第一原発の汚水は一日600トン―東電想定の50%増し-
(9)協力企業責任者との意見交換会について
(10)映像|写真・映像ライブラリー|東京電力
(11)めげ猫「タマ」の日記 福島第一原発の「溜り水の処理」について
(12)多核種除去設備 (ALPS)|東京電力
(13)福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び処理の状況について(第113報)|東京電力
スポンサーサイト



  1. 2013/08/27(火) 22:45:11|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<地下水バイパス計画を福島の漁師さんが事実上容認-でもうまくいくの? | ホーム | 福島県の死者数はいまだ10%増―2013年7月末集計>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/805-6724e3e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)