めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

安倍出戻り内閣、汚染水対策基本方針を発表―実行できるの?

 安倍出戻り内閣が9月3日に、福島第一原発の汚染水漏れを受けて、基本対策を発表しました(1)。具体的な案を見ると
  ①原子炉建屋への地下水流入を防ぐために地中を凍らせて壁をつくる凍土遮水壁の設置
  ②汚染水から放射性物質を取り除く「多核種除去設備(ALPS)」より処理能力の高い設備
などです(2)。(=^・^=)の見た限り、「凍土遮水壁」も「多核種除去設備」の増強も問題が多い施策です(3)(4)。それでも安倍出戻り総理は「従来のような場当たり的な事後対応ではなく、汚染水問題の根本的な解決に向け、政府が前面に立って解決に当たる」と言いました(2)。
brg130903a.gif
 ※(5)をキャプチャー
 図―1 「根本的な解決」と言い張る安倍出戻り総理

こんな対策で上手くいくんですかね?
福島県のマスコミは
東京開催を目指す2020年夏季五輪の招致活動への影響に懸念が強まっており、政府・与党は対策案の提示を急いだとみられるが、(福島)県幹部は「抜本的な解決策とは言い難い」としています。


<余談>
国が実施するとした汚水対策は本当に実施できるか(=^・^=)は疑問をもっています。詳しくは(=^・^=)の過去の記事を見てください(3)(4)。ポイントをかくと
 ①鹿島建設は、手抜き除染に関与していますし、汚水漏れを起こしたタンクを作ったと噂されていますが、凍土壁を提案者は鹿島建設です(4)。
 ②水を凍られると膨張し巨大な力が発生しますが、鹿島建設の提案資料にはなにも記載されていません。
 ③「多核種除去設備(ALPS)」を作るにはそれなりの土地が必要ですが、福島第一原発はタンクで一杯です。現在も「多核種除去設備(ALPS)」は福島原発内にありますが、この設備を作る時に駐車場を潰しています(4)。
 そんな事、安倍出戻り総理にはどうでもいいこなんでしょうね!目的が9月7日にオリンピック(の東京招致に向けて安全性をアピールすることなら

―参考にしたサイト様―
(1)福島第1原発:汚染水対策に470億円 政府了承、浄化装置も増強- 毎日jp(毎日新聞)
(2)汚染水漏えい対策に国費470億円投入 - 社会ニュース : nikkansports.com
(3)めげ猫「タマ」の日記 福島第一原発の凍土壁は税金の無駄遣い?
(4)めげ猫「タマ」の日記 国責任でALPS増設 経産相ーでも何処に作るの?
(5)汚染水対策に470億円 政府が基本方針 | NNNニュース
(6)「現地事務所」設置へ 政府・汚染水対策案、関与強める(福島民友ニュース)
スポンサーサイト
  1. 2013/09/03(火) 20:25:42|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<NHKの嘘報道―汚染水対策基本方針で汚水漏れタンクのリプレース | ホーム | 福島第一原発の凍土壁は税金の無駄遣い?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/812-47c3bbf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)