めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島第一原発、遮水壁は効果なし?

 7月22日に福島第一原発から汚染された地下水が海に漏れているのが発覚(1)してから2ヶ月半くらい経ちました。この間に東京電力は海岸付近に地下水の流れを遮る遮水壁を作り、さらに陸側に汚染水が海に流れる前に汲み上げる溝(ウエルポイント)を作りました(2)。効果があれば傍の海の放射性物質濃度は下がっていいとおもいますが、そのような事はありません。。
 以下に東京電力が発表(3)している遮水壁の傍のサンプリングポイント(1,2号機取水口間海水(表層))の濃度推移を示します。
brg131007a.gif brg131007b.gif
 (a)放射性セシウム濃度推移        (b)海水サンプリングポイントと周囲の状況
 ※(2)(3)より作成
 図―1 遮水壁近くの海水の放射性セシウム濃度推移

遮水壁は8月9日に完成し、汚染水の本格的な汲み上げは8月15日から始まっています(2)が、その後も放射性セシウム濃度が下がっている様子がありません。汚水漏れ対策を打ったけどあまり効果が無かったみたいです。
 下がらないのは、他の放射性物質も同じです。
brg131007c.gif brg131007d.gif
 (a)ストロンチウム90などのベータを出す放射性物質(核種)  (b)トリチウム(放射性の水素)
 ※(3)より作成
 図―2 遮水壁近くの海水の放射性物質の濃度推移

<余談>
 東京電力の会見(4)や原子力規制委員会の議論(5)を聞いていると、海岸傍の汚染水がどこからきているかは不明みたいです。遮水壁の工事に伴い海岸傍の地下水位がどんどん上がっていましたが、海抜(O.P.)3m付近で上昇が止まりました。
brg131007e.gif
 ※1(6)より作成
  ※2 No1井戸の位置は図―1(b)を参照
 図―3 地下遮水壁工事中の地下水位の推移

 この高さは汚染水が大量にたまっているタービン建屋の汚染水水位(約3m)(7)と同じです。(=^・^=)は汚染はタービン建屋に溜まっている汚染水で、そこから遮水壁をバイパスないし通り抜け今も海に漏れており今後も漏れずづけると思います。
brg131007f.gif
 図―4 福島第一原発の汚染水漏えいルート((=^・^=)の想像)

当然、福島県の魚の放射性物質濃度が下がることはありません。

brg131005e.gif  brg131005g.gif
 ※(8)を引用
 (a)広町産ヒラメの放射性セシウム濃度    (b)試験操業海域
 ※(8)より引用
 図―5 広野町産ヒラメの放射性セシウム濃度と試験操業海域


― 参考にしたサイト様―
(1)2013年7月22日海側地下水および海水中放射性物質濃度上昇問題の現状と対策(PDF 1.43MB)
(2)2013年10月4日タービン建屋東側における地下水および海水中の放射性物質濃度の状況等について(PDF 885KB)PDF
(3)第6回特定原子力施設監視・評価検討会汚染水対策検討ワーキンググループ|会議|の「資料4」
(4)映像|写真・映像ライブラリー|東京電力
(5)特定原子力施設監視・評価検討会汚染水対策検討ワーキンググループ|会議|原子力規制委員会
(6)第2回特定原子力施設監視・評価検討会汚染水対策検討ワーキンググループ|会議|
(7)福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び処理の状況について(第111報)|東京電力
(8)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(10月1週)
スポンサーサイト
  1. 2013/10/07(月) 20:48:36|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<福島県郡山市の死者数は10%増―原発事故から2年半― | ホーム | 福島第一原発を「分社化」―見えてきた東電破綻のシナリオ―>>

コメント

 

いつもブログを読ませてもらっています。
毎回有益な情報ありがとうございます。


漫画  鹿児島県の汚染堆肥は至急全袋回収されないといけない
http://p.booklog.jp/book/77707/read


もし良かったら、このブログでこれを紹介してください。
  1. 2013/10/08(火) 17:04:58 |
  2. URL |
  3. たんた #GaenHm5U
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/847-eeb8402e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)