fc2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(10月2週)―今年(2013年)もセシウム汚染米

 食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)。10月1週中の食品中の放射性セシウムの検査結果をまとめてみました。お買いものの参考になればいいかなと思います。先週に続き先週に続きしっかり基準値超えが見つかっています(3)。
  ①検査数2,081件中42件の基準値超え(全体の2%)
  ②平均は、1キログラム当たり13ベクレル、最大1,800ベクレル(福島県産イノシシ)。
  ③基準超の食品が福島、群馬、埼玉、山梨、長野
で見つかっています。
brg131012a.gif
   ※1 牛肉を除く
   ※2 単位については(4)を参照
※3 野生キノコは、ムレオオフウセンタケ、フジイロタケモドキ
、アミタケ、ショウゲンジ、タマゴタケ、ハナイグチ、チャナメツムタケ等
  図―1 食品中の放射性セシウム検査結果のまとめ(2013年10月2週)

  色分けは以下の通りです。
  マーケットから基準値超えの食品が見つかった県
  出荷制限対象外の地域・品目から基準値超えの食品が見つかった県
  基準値超えの食品が見つかった県

1.今年(2013年)もセシウム汚染米
 福島県産のお米から基準値を超える1キログラム当たり
  120ベクレル
の放射性セシウムが見つかりました。これで3年連続でセシウム汚染米がでたことになります。2013年度米についてはこれまで47件しか検査をしておらず、内2件が基準値を超えています。また、基準値内でも高めの値が出ています。
brg131012b.gif
  図―2 2013年度産福島県産米検査結果

 これに対し、福島県は福島県のお米は全てを対象に「全袋検査」を実施しており、基準値以下を確認していると主張しています(6)。同HP(6)を見る限り「全袋検査」と精密検査の結果の対比など信頼性を担保する具体的なデータはいっさい見つけられません。(=^・^=)は心配になり、「全袋検査」の測定精度を推定したら1キログラム当たり62ベクレル以上でした(7)。基準値の100ベクレル(5)と殆ど変りません。こんな検査で福島県産米の安全が担保できるとは(=^・^=)には思えません。しかも基準超は確りあります。

2.福島県お魚は大丈夫?
 福島第一原発からの放射性物質漏れはいまも続いています。10月10日に「外洋(港湾外)」の海水から放射性セシウムが見つかりました(8)。福島県のお魚が心配です。以下に示す富岡町(福島第一原発から南10km)のシロメバルの放射性セシウム濃度は確り上昇しています。
brg131012c.gif
 ※(1)を集計
 図―3 福島県富岡町産シロメバルの放射性セシウム濃度推移

 もっと心配なことがあります。福島県沖のシラスの操業が始まり10月14日は市場に出るそうです(9)。シラスは船曳網と呼ばれる方法で漁をするそうです。その海域は福島第一原発の20km際まで来ています(10)。
brg131012d.gif
※(10)を元に作成
 図―4 福島県沖のシラスの操業海域

 シラスはとっても「カルシウム」の豊富なお魚だと思います。
brg131012e.gif
 ※(11)を元に作成
 図―5 お魚100g当たりの「カルシウム」と「カリウム」の量

「放射性ストロンチウムは生体内ではカルシウムと同じような挙動をとる」そうです(12)。カルシウムが豊富なシラスには放射性ストロンチウムも一杯ありそうな気がします。でも検査結果を(=^・^=)知りません。これについては「環境中のストロンチウムとセシウムの濃度は比例関係にあり,原発事故に起因する海水中のセシウムとストロンチウムの濃度は10:1程度と想定されています。」(13)などの説明もあります。でも水産庁が発表している福島県沖のストロンチウム90の測定結果(14)をみていると可笑しな説明のような気がします。
brg131012f.gif
※(14)より作成
 図―6 福島県沖のお魚のストロンチウ90検査結果

 なぜかカルシウム豊富なシラスが検査から外れています。以下に図―6の赤で囲ったお魚のカルシウム濃度とストロンチウム90濃度を比べてみました。
brg131012g.gif
 ※図ー5,6記載のデータで作成
 図ー7 ストロンチウム90濃度とカルシウム含有量

 カルシウムが多い魚ほどストロンチウム90も多いって感じです。福島第一原発から漏れている放射性物質には放射性セシウムは含まれていません。放射性セシウムが見つからなくても放射性物質が少ないとは言えないと思います。

brg131005h.gif
 ※(3)より転載
 図ー9 福島第一原発港湾内の放射性物質構成例

それでも図―3に示すように放射性セシウム濃度が上がっています。ストロンチウム90はどうなんですかね?

<余談>
・放射性物質漏れが止まらない福島第一原発
・上がり続ける福島県の食品中の放射性物質濃度
・デタラメな検査で「安全」を主張する福島県
食品中の放射性物質検査をみると(=^・^=)は危険を感じ、不安を感じます。(=^・^=)は、フクシマに対して
 「行かない」「買わない」、「食べない」
の3つの「ない」を決めています。これは風評被害でなく正当な自己防衛です。

―参考したサイト様および引用いた過去の記事―
(1)報道発表資料 |厚生労働省
(2)福島県ホームページ - 組織別 - 公表日ごとのモニタリング検査結果
(3)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(10月1週)
(4)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(5)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(6)福島県ホームページ - 組織別 - 福島県産米の全量全袋検査
(7)めげ猫「タマ」の日記 今年(2013年)もデタラメ―福島県産米全袋検査
(8)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい!福島原発(10月2週)―福島では桜が狂い咲き-
(9)シラス漁、初の試験操業 相馬双葉漁協 14日に出荷 | 県内ニュース | 福島民報
(10)JF福島漁連
(11)五訂増補日本食品標準成分表 [第2章]
(12)ストロンチウム - Wikipedia
(13)本県水産物に係る放射能関係情報(平成25年10月09日現在)
(14)水産庁/水産物の放射性物質調査の結果について
スポンサーサイト



テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2013/10/12(土) 20:41:15|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<全ベータはストロンチウム90由来の放射性物質 | ホーム | トラブルいっぱい!福島原発(10月2週)―福島では桜が狂い咲き->>

コメント

転載

めげ猫さん、いつもいい記事ありがとうございます!
また転載させていただきました。
http://www51.atwiki.jp/omotochikatatsuya/pages/498.html
ただ、この記事の参考サイト注はどこにあるのでしょうか?
また、お暇なときに見方を教えてください。

  1. 2013/10/12(土) 23:51:47 |
  2. URL |
  3. 大本千佳・達也 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 転載

大本千佳・達也
コメントありがとうございます。
Q> この記事の参考サイト注はどこにあるのでしょうか?
A>こっそり追加しました。
  1. 2013/10/13(日) 20:17:46 |
  2. URL |
  3. mekenekotama #-
  4. [ 編集 ]

Re: re:転載

めげ猫さん、迅速な対応、ありがとうございます!
これからもよろしくお願いします。
  1. 2013/10/15(火) 00:13:09 |
  2. URL |
  3. 大本千佳・達也 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/852-6a0ea7a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)