めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島県の魚は基準値を大幅に下回っている。これが、「事実」でない。

安倍出戻り総理は2013年10月15日の所信表明演説で、
「漁業者の方々が、「事実」と異なる「風評」に悩んでいる現実があります。しかし、食品や水への影響は、基準値を大幅に下回っている。これが、「事実」です。」(1)。
と発言しました。本当か調べたら福島産のお魚から今も多数の「基準値」超がています。10月9日にはシロメバルから基準値の5倍の1キログラム当たり
  500ベクレル
の放射性セシウムが見つかっています。
brg131015a.gif
 ※厚生労働省の発表(2)を元に作成
 図―1 福島県産お魚の放射性セシウム濃度推移

 地元の漁師さんの団体も、福島県のお魚が基準値を大幅に下回っているなどとは言ってません。福島県から出荷される魚は「(国の基準で)放射性物質の検査を受けた魚ですので、安心してお召し上がり頂けます。」(3)と言っているだけです。勿論、検査に合格しない魚もあります。福島県の漁師さんが合格としたのは、ストロンチウム90の検査がされていないシラス(4)などわずか18種類(3)ですが、国が不合格として出荷制限しているのはイカナゴなど41種類(2)です。


<余談>
10月15日19時台の番組で、NHKは安倍出戻り総理のこの「嘘」発言を何の批判を加えることもなくそのまま報道しています。為政者の「嘘」をそのまま報道するNHKには、「報道機関は権力機構、権力者のチェック役」(2)とゆう基本機能がありません。TVをもっているとの理由だけで、受信料と称し(=^・^=)からカツアゲをするNHKには存在意義はありません。

―参考にしたサイト様―
(1)朝日新聞デジタル:復興と成長戦略に全力 安倍首相の所信表明演説全文 - 政治
(2)報道発表資料 2013年10月 |厚生労働省
(3)JF福島漁連
(4)めげ猫「タマ」の日記 海水は検査してもお魚を検査しない福島県
(5)第57回 新聞週間
スポンサーサイト
  1. 2013/10/15(火) 21:28:07|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島の浄水場の汚泥のセシウム濃度は上昇中 | ホーム | 海水は検査してもお魚を検査しない福島県>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/855-0bf8a948
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)