めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

9月も女の子しか生まれない・福島県葛尾村

 福島県が発表している2013年9月中の人口動態(1)を見たら、福島県葛尾村で生まれた赤ちゃんは女の子が1人でした。原発事故で福島県飯館村は全村が計画的避難区域に指定され(2)ましたが、計画的避難区域は他の避難区域に比べ避難が遅く、それだけ多くの被ばくをしたと思います。
 以下に葛尾村の男女別の赤ちゃん誕生数を示します。
brg131025b.gif
 ※(1)より集計
図―1 福島県葛尾村の赤ちゃん誕生数

 福島原発事故後の葛尾村の赤ちゃん誕生数を見ると福島原発事故前後に妊娠した赤ちゃんが生まれてくる時期にあたる2011年末あたりから、男の子の誕生が女の子に比べ少なくなっています。

 2011年12月~2013年9月末までに生まれた赤ちゃんは
  男の子  5人
  女の子 14人
 です。(=^・^=)が計算した限りでは偶然の起こる確率は1.8%なので統計的に差がありうるともいます。

 福島原発事故によって福島県葛尾村は大部分が計画的避難区域に設定されました(2)。

brg130326c.gif
 図―2 計画的避難区域(2)

計画的避難区域では1ヶ月かけて避難するとしているので(3)警戒区域に比べ避難が遅れた分だけ事故直後に大量の被ばくをしたともいます。チェルノブイリ原発事故の後にも男の赤ちゃんの女の赤ちゃんの割合の異常が観測されたそうです(4)。同じような現象は、全域が計画的避難区域に指定された飯館村でも起こっています。以下に飯館村・葛尾村の合計の男女別の赤ちゃん誕生数を示します。
brg131025c.gif
図―3 飯館村・葛尾村合計の赤ちゃん誕生数
 2011年12月~2013年9月末までに生まれた赤ちゃんは
  男の子 36人
  女の子 70人
 です。(=^・^=)が計算した限りでは偶然の起こる確率は0.03%なので統計的に差があるともいます。
 

<余談>
今年の4月にアクアマリンふくしまで、アザラシの赤ちゃんが生まれました。確り女の子でした(5)。
brg131025d.jpg
※(6)よりキャプチャー
 図―3 アクアマリンふくしまの可愛いメスのアザラシの赤ちゃん

 男の子が生まれなくても、女の子が生まれれば問題ないと多くの方が考えると思います。まして、福島県の女性は隣の宮城や茨城の女性に比べ綺麗ですし・・・ でも他に影響が無いか(=^・^=)は心配です。福島県では合計特殊出生率が低下しています(7)。自然死産も増えています(8)。なぜ、このような事が起こった諸説がありみたいです(9)。(=^・^=)がもっとらしいと思ったのは「放影研」のHP(10)の
「男の子のX染色体は、お母さんしからしか伝わりません。だから、お母さんが被爆してX染色体が傷つくことで、男の子の生まれる割合に影響すると、過去に思われていました。でも、原爆の調査結果では、男の子の生まれる割合への影響は認められませんでした。」
との記述です(原文は英文)
 「原爆の調査結果では、男の子の生まれる割合への影響は認められませんでした。」としていますが、福島原発事故で東京電力は広島原爆120個分の放射性セシウムをばら撒き、10個分が福島県内に落下しました(11)。広島や長崎で統計的には差なくても、福島でみつかっても不思議はないと思います。
 この考えの恐ろしいのは、影響が次世代に続くことです。女の子が将来大きくなって、男の子を産んだとして、男の子に「お母さんの被爆して傷ついたX染色体」が伝わると、男の子に異常がでます。男に現れるX染色体の異常は「伴性劣性遺伝」が多いみたいですが(12)、放射線による劣性遺伝の影響は分かっていないそうです(13)(14)
なお、偶然に起こる結果の計算結果を記載します。計算方法は(15)を見てください。

 表―1 偶然に起こる確率の計算結果
(a)葛尾村                  (b)飯館・葛尾村合計
brg131025f.gif brg131025e.gif
-参考にしたサイト様および引用した過去の記事‐
(1)福島県ホームページ - 組織別 - 福島県の推計人口
(2)過去の避難指示等について(METI/経済産業省)
(3)福島第一原子力発電所事故の影響 - Wikipedia
(4)Chernobyl: Relationship between the Number of Missing Newborn Boys and the Level of Radiation in the Czech Regions
(5)アクアマリンふくしま生きもの情報
(6)アクアマリン_アザラシ赤ちゃん - YouTube
(7)めげ猫「タマ」の日記 福島県の合計特殊出生率がダウン―福島原発事故の影響、福島テレビ!―
(8)めげ猫「タマ」の日記 福島県の自然死産率が25%増
(9)めげ猫「タマ」の日記 福島では男の子が生まれ難くなっている?
(10)被爆者の子供における男女比(1948-1962年の調査) - 放射線影響研究所
(11)めげ猫「タマ」の日記 福島を襲った放射線セシウムは広島原爆10個分!でも全体の12分の1
(12)伴性遺伝 - Wikipedia
(13)放射線と突然変異 (09-02-06-02) - ATOMICA -
(14)めげ猫「タマ」の日記 放射線による劣性遺伝の突然変異はまったくわかっていない!
(15)めげ猫「タマ」の日記 偶然に起こる確率の計算方法について
スポンサーサイト
  1. 2013/10/25(金) 20:38:42|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食品中の放射性セシウム検査のまとめ(10月4週)―無責任な生産者ー | ホーム | 緊急のお知らせ―群馬県産ナメコから590ベクレル/kgのセシウム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/866-e99cbe85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)