fc2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(11月2週)―520ベクレルでも出荷制限解除ー


 食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)。11月2週中の食品中の放射性セシウムの検査結果をまとめてみました。お買いものの参考になればいいかなと思います。先週に続き先週に続きしっかり基準値超えが見つかっています(3)。
  ①検査数1,879件中5件の基準値超え(全体の0.2%)
  ②平均は、1キログラム当たり4ベクレル、最大790ベクレル(福島県産チャナメツムタケ(野生キノコ))。
  ③基準超の食品が福島、群馬
で見つかっています。
brg131109a.gif
   ※1 牛肉を除く
   ※2 単位については(4)を参照
  図―1 食品中の放射性セシウム検査結果のまとめ(2013年11月2週)

  色分けは以下の通りです。
  マーケットから基準値超えの食品が見つかった県
  出荷制限対象外の地域・品目から基準値超えの食品が見つかった県
  基準値超えの食品が見つかった県

1.520ベクレルでも出荷制限解除!
 福島県南相馬市は福島第一原発の直ぐ北側に位置します。
brg131109b.gifbrg131109c.gif
  ※(6)より作成
 図―2 福島県南相馬市、伊達および会津

 市内には幾つもの特定避難勧奨地点(6)や広い避難区域が存在し(7)、福島県内でも放射性物質汚染の酷い街の一つだと思います。
 南相馬市内の旧広神村の大豆の出荷制限が解除されました(8)。心配なので直前のデータをみましたが、基準値の1キログラム値100ベクレルを大幅に超える1キログラム280ベクレルと520ベクレルでした(9)。
 2012年12月の測定で、2013年産の検査結果はありませんが、このままいったらセシウム汚染大豆を食べさせられそうです。

2.会津のキノコのセシウム濃度が急上昇
 福島県会津美里町は福島県西部に位置し、福島原発から100km離れています。会津美里町産の野生キノコ(チャナメツムタケ)から1キログラム当たり790ベクレルの放射性セシウムが見つかりました。
brg131109d.gif
 ※(1)を集計
 図―3 会津美里町産野生キノコの放射性セシウム濃度推移

 2011年から検査結果がありますが、ずっと基準値以下でした。それが突然に、基準値の約8倍の790ベクレルです。
 福島県の検査を結果をみていると、基準値未満でも突然に基準値超えが起こるみたいです。

3.福島県産のリンゴは大丈夫?
 11月なので福島ではリンゴの季節だと思います(10)。福島を代表するキャンペーンクルーのミスピーチのキャンペーン対象もリンゴに移った感があります(11)。福島産のリンゴは過去に基準値ギリギリの1キログラム当たり99ベクレルや90ベクレルの放射性セシウムがみつかったことがあります(12)。どちらも伊達地区(伊達市、桑折町、国見町(13))です(12)。以下に福島県の地域別のリンゴの生産シェアと伊達の会津の検査数を示します。
brg131109e.gif   brg131109f.gif
 (a)出荷シェア                         (b)検査数
 ※(14)を集計
 図―4 福島県のリンゴの出荷シャアと検査数

伊達地区のリンゴの生産量は会津よりやや多くなっていますが、検査数でみるとリスクの低い会津地方の方がずっと多くなっています。なんか福島県の強烈な意図を感じます。
 もっと不思議な事があります。伊達地区を管轄するJA伊達みらいによれば、
  ①188戸の農家がリンゴを作っています(10)。
  ②JA伊達みらいは「放射性物質全戸検査を実施しています。」と広報してます(15)。
  ③JA伊達みらいも加盟しているふくしまの恵み安全対策協議会では「産地が行う放射性物質検査などの情報をお知らせします。」と広報しています。
  ④ふくしまの恵み安全対策協議会の発表を集計すると、伊達地区のリンゴの検査件数は60件(2013年11月9日閲覧)です。
 もし、JA伊達みらいが主張する通り「全戸検査」であるなら農家戸数の188件以上の検査データがあるはずですが、実際は3分1以下の60件です。以下の可能性があると思います。
 ・JA伊達みらいは「全戸検査」をするといいながら、実施していない。
 ・JA伊達みらいの自主検査データのうち3分2以上を公表していない。
どのみち、矛盾を含む数字を(=^・^=)は信用できません。

<余談>
 ・基準値超えでも出荷制限が解除になるフクシマ産品
 ・突然に放射性セシウム濃度が上がるフクシマ産品
 ・検査結果が信用できないフクシマ産品
食品中の放射性物質検査結果を見ていると(=^・^=)は危険を感じ不安になります。(=^・^=)はフクシマに3つの原則を決めています。すなわち
 「行かない」、「買わない」、「食べない」
です。これは風評被害でなく正当な自己防衛です。


―参考したサイト様および引用いた過去の記事―
(1)報道発表資料 |厚生労働省
(2)福島県ホームページ - 組織別 - 公表日ごとのモニタリング検査結果
(3)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(10月)―福島全袋検査はデタラメ満開ー
(4)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(5)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(6)平成23年9月12日. 文部科学省による福島県西部の. 航空機モニタリングの測定結果について
(7)みんゆうNet 政府の「特定避難勧奨地点」指定状況
(8)東京電力株式会社福島第一原子力発電所について-原子力被災者支援-(METI/経済産業省)
(9)食品中の放射性物質の検査結果について(第522報) |報道発表資料|厚生労働省
(10)りんご - みらいのフルーツ - JA伊達みらいのホームページ
(11)めげ猫「タマ」の日記 福島県のキャンペーンクルー どこが一番魅力的?
(12)ミスピーチキャンペーンクルーのブログ 201311
(13)伊達市 (福島県) - Wikipedia
(14)統計表一覧 政府統計の総合窓口 GL08020103の10 果樹の福島県
(15)ふくしまの恵み安全対策協議会
スポンサーサイト



  1. 2013/11/09(土) 21:10:37|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島第一原発近くの「外洋」から基準超えのセシウム | ホーム | トラブルいっぱい!福島原発(11月2週)―今週も湯気->>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/881-be674812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)