fc2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

100mSv,20mSv,1mSv

  放射線の基準値に100mSv,20mSvおよび1mSvがあるそうですが、(=^・^=)なりに整理すと
 100mSv-広島や長崎の調査からこれ以上の放射線を浴びると統計的に差のある発癌の状況が確認できた(1)。
 20mSv -放射線業務従事者が1年間に浴びてよいとする放射線量(2)
  1mSv -普通の人(一般公衆)が1年間に浴びてよりとする放射線量(1)
です。意味に違いはありますが(=^・^=)は100mSvがベースになっているみたいです。

①100mSvを浴びると0.55%癌が増える。
 ICRP勧告では100mSvの放射線を浴びると0.55%癌が増えるとしています(2)。これが統計的に差がある限界だそうです(1)。たしかし(=^・^=)もそう思います。100mSv被ばくした男性と被ばくしなかった男性(共に30歳戦後)をそれぞれ2万人を40年追跡調査したとします。30歳の男性が40年間(70歳までに)癌になる確率は7%だそうです(3)。母数を2万人とすると、1400人が癌になります。100mSv被ばくした人は0.55%増えて7.55%ですので、1510人が癌になる計算になります。1510人と1400人の間に統計的な差がは微妙なものだと思います。ギリギリの数字です。

②年間20mSv(職業的な被ばくの線量限度)
 年間20mSvは、職業的な被ばくの線量限度ですので、放射線業務従事者に定められています。基準は細かく分類されており
 a)妊婦さん  8ヶ月で1mV  -年間1.5mSv
 b)一般女性  3ヶ月で5mV  -年間20mSv
 c)一般男性  5年で100mSv -年平均20mSv(ただし1年で50mSvを超えない事)
となっています(4)。女性は(特に妊婦さん)は厳しくなっています。福島第一原発には女子ロッカーが無いそうです(5)。福島第一原発はたぶん女人禁制に近い状態だと思います。女性は管理が大変だからだと思います。
 基準値が一般公衆に比べて高いのは、経済的な利益があるので多少のリスクがあっても仕方がないとの考え方があると思います。

③年間1mSv普通の人
 100mSv以下被ばくに対しては、リスクが無い事が証明されている訳でなく、リスクが明らかなデータがないだけです。結論を言えば分らないのです。だからできるだけ低くする必要があるとの考えがあるみたいです。
 放射線生物学の分野にヒットセオリーなる理論があります(6)。単細胞生物やウィルスに適応される理論ですが、一定個数(数個)のDNAのダメージで死んでしまうとの理論です(6)。この考え方に立てば、微量の放射線でも確率は低いですが、一定の死亡リスクが発生します。
brg131111a.gif
 ※(7)を引用
 図―1 ヒットセオリーによる生存率曲線

 だから可能な限り低い方がよいとの考えで、1mSvが決まったみたいです(1)。極端なことを言えば1mSv以下でも絶対安全とは言えないと思います。なぜ年間1mSvかと言えば、これは(=^・^=)の想像ですが長生きするひとでも100年を生きる人は少ないと思います。年間1mSvなら生涯で100mSvを超えないことが保障されると思います。

<余談>
(=^・^=)は個人的に放射線量の基準を以下のようにとらえています。
 ①積算で100mSv以上では、有意に発癌率があがることが分かっている。
 ②職業的な方は5年でこの値に達しないようにする。配置換えも転勤もあるので、5年も同じ仕事を継続する人は少ないと思います。
 ③普通の人は一生を通して100mSvが超えない。この為には年間1mSvに抑えれば大丈夫
 年間1mSv,年間20mSvも積算100mSvも100mSvで統計的に差があるとの事実から導かれたと思います。100mSv以下は大丈夫と言うのも、年間1mSv以上は危険と言うのも暴論だと(=^・^=)は思います。
 ただし、放射線量を20mSvで良いとの意見もあるようですが、100mSvに達しない3~4年で解消されるならその通りだと思います(8)。でも、セシウム137の半減期は30年です。半減期の短いセシウム134は大幅に減っています。年間20mSv場所でも放射線量はなかなな下がりません。このことは別の機会に記事にしたいと思います。


―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)1mSv、100mSvの被ばく - 専門家が答える 暮らしの放射線Q&A
(2)国際放射線防護委員会(ICRP)2007年勧告(Pub ... - 原子力規制委
(3)最新がん統計:[がん情報サービス]
(4)放射能汚染対策 - Wikipedia
(5)福島第一原子力発電所の現場公開について|東京電力
(6)被ばく線量に応じた細胞の反応にかかわる諸モデル (09-02-02-09) - ATOMICA -
(7)被ばく線量に応じた細胞の反応にかかわる諸モデル (09-02-02-09) - ATOMICA -
(8)年間20ミリシーベルトの基準について(PDF形式:1902KB) - 経済産
スポンサーサイト



  1. 2013/11/11(月) 21:43:47|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島・甲状腺がん26人に!-福島県民健康管理調査― | ホーム | 福島第一原発近くの「外洋」から基準超えのセシウム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/883-647be880
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)