めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

放射線量マップ-福島第一原発近くでは上昇

 原子力規制委員会は25日、東京電力福島第1原発事故の影響について、2年半(30カ月)が経過した今年9月下旬時点での半径80キロ圏の放射線量マップを公表しました(1)(2)。そこで福島第一原発周辺を前回の発表(3)と比較してみました。福島第一原発周辺では1時間当たり19マイクロシーベルト(年間100mSv)の範囲が広がっています。
brg131225a.gif  brg131225b.gif
(a)2013年3月時点                      (b)2013年9月時点
 ※(a)図は(2)を抜粋、(b)図は(3)を抜粋
 図―1 福島第一原発近傍の放射線量

全体としては減っているような気もしますが、福島第一原発南側が図の左上(浪江町と双葉町の境界付近の双葉町側)では、時間当たり19マイクロシーベルト(年間100mSv)を示し「赤」の範囲が広がっています。

<余談>
 なんか、今も放射性物質が漏れてたりして!

-参考にしたサイト様-
(1)放射線量2年で半減=福島第1の80キロ圏内—規制委 - WSJ.com
(2)避難指示区域における航空機モニタリングの測定結果について | 原子力規制委員会
(3)第37回 原子力規制委員会|会議|原子力規制委員会中の「資料4原子力災害からの福島復興の加速に向けて(平成25年12月20日閣議決定)【PDF:431KB】別ウインドウで開きます」
スポンサーサイト
  1. 2013/12/25(水) 20:38:48|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本の首相が戦争神社訪問―海外メディア | ホーム | 原発事故から2年9ヶ月、福島県二本市の死者は10%増>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/928-62b10d03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)