めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

豚さん復活、今年(2014)のインフルエンザ―なぜ?-

2011年の3月以降なりを潜めていた豚インフルエンザ(A(H1)pdm2009)が今年(2014)になり再び流行した感じがあります。福島原発事故で東電がばら撒いた放射性物質との関連が心配です。
 以下にこの冬(2013/14)と昨冬(2012/13)に見つかったインフルエンザウイルスの種類を示します。
brg140122a.gif  brg140122b.gif
(a)今冬(2013/14) (b)昨冬(2012/13)
 ※(1)を引用
 図―1 今冬と昨冬のインフルエンザウイルス比較

人間は免疫をもっており、細胞はウィルスが侵入すると「これはXXウイルス」と覚えます。2度目にXXウイルスが入ってきたときは、記憶していた細胞が「XXウイルスだけに反応する対抗物質(抗体:こうたい)」をたくさん作り、撃退します(2)。今年の豚インフルエンザ(A(H1)pdm2009)は2009年、10年に流行したものとは少し違うものだと(=^・^=)は思います。放射性は遺伝子を組み替えることがある(3)ので、(=^・^=)は心配です。

<余談>
 豚はイノシシ属ですが、イノシシ族はインフルエンザウイルスを拡散する懸念も持たれているそうです(4)。福島県南相馬市産のイノシシの放射性セシウム濃度は昨年(2013)に急上昇しました(5)。
brg130330b.gif
 ※(5)を転載
図―2 福島県南相馬市産イノシシの放射性セシウム濃度推移

 イノシシに取りついたインフルエンザウイルスが、変異して人間に感染したら…
福島に遊びにいっても放射性物質も新型ウィルスの大丈夫かな?

―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)https://nesid3g.mhlw.go.jp/Byogentai/Pdf/data2j.pdf
(2)免疫 とは - コトバンク
(3)めげ猫「タマ」の日記 福島県でノロの集団感染―新型でないといいが―
(4)イノシシ属 - Wikipedia
(5)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(3月)-福島産イノシシが最高値を更新!-
スポンサーサイト
  1. 2014/01/22(水) 22:52:47|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第二沼沢発電所再開―セシウムは下流へ! | ホーム | 福島県でノロの集団感染―新型でないといいが―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/955-115fb47e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)