めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島の中間貯蔵施設は永久保管施設

 中間蔵施設について、設置予定地の地主さんが用地を買い上げる国の方針に反対し「先祖伝来の土地を手放せない。最終処分場にしないなら土地を返せるはずだ」などと賃貸借を求めているそうです。環境省は従前に「借地にすると、長期にわたる管理が難しい」として、用地は買い取って国有化する方針を示している。除染ゴミは中間貯蔵施設で30年保管したと、福島県外の最終処分場に移す計画ですが、沖縄の基地用地などは借地で運用しており(2)(3)、30年以上(沖縄返還から今年(2014)で42年)なら管理した実績があります。国は福島の中間貯蔵施設を最初から永久保管施設(最終処分場)に決めているような気がします。
 福島原発事故では広島原爆10個分に相当するセシウムなど、大量の放射性物質がフクシマにばら撒かれました。このためばら撒かれた放射性物質を回収し隔離する「除染」を行っていますが、隔離した放射性物質(除染廃棄物)はどこかに保管するしなくてはなりませんが、保管場所がないので、除染で集めれた放射性物質はそのまま敷地に放置されます。敷地に放置された放射性廃棄物で子供が遊んでたとの事態も起きています。
 除染ででた廃棄物を保管するために、国は双葉町、大熊町、楢葉町に高濃度(1キログラム当たり10万ベクレル以上)の放射性物質を含む除染ゴミを保管する「中間貯蔵施設」をの受け入れを要請しています(4)。
 なぜ、「中間貯蔵施設」かと言えば、30年以下にに福島県外に作る最終処分場に運び出すとしているからです(5)。だったら「借地」で十分だと(=^・^=)は思います。沖縄は1972年に返還され、その後、国は基地用地の買収を試みたみたいですが、上手くいかず40年以上に渡り「借地」で運用した実績があります。沖縄の基地用地238平方キロメートルの3割(約70平方キロメートル)は民有地で国が借り上げているそうです(3)。この広大な土地を借り上げ管理してきたので、中間貯蔵施設だってできるはずです。でも国は借地にすると、長期にわたる管理が難しい」としています。借地でなく買収にこだわる国の本音は「中間貯蔵施設」でなく「永久保管施設」だと思います。

<余談>
 福島第一原発の廃炉は30年~40年です(5)。予定通りなら、中間貯蔵施設と同じ時期に福島第一原発内に置いてある放射性物質をどこかに運び出さなければなりませが。、引き受けてはないような気がします。
 原発のある街の皆さんへ
 貴方の街の原発が事故ったら、街には永遠に放射性物質が残ります。
最後に1月30日以降の動きを記載します。
1月30日 双葉町の伊沢史朗町長が東京都千代田区の日本記者クラブで記者会見、中間貯蔵施設の建設をめぐり、楢葉町が町内への建設見直しを国に要望していることについて「楢葉町は大規模な除染が行われ、住民の帰還が可能な地域。そこに施設が存在することがいいのかどうか、今後の議論になると考えている」と語り、一定の理解を示す(6)
2月3日 環境省が郡山市で開催された富岡町議会の全員協議会で、同町に要請している民間管理型処分場を利用し双葉郡8町村の生活ごみや避難区域の廃棄物、県内の指定廃棄物を埋め立て処分する計画案を説明、議員からは、同処分場の利用や安全性を疑問視する声が相次ぐ(7)。
2月4日 
 ・福島県の佐藤雄平知事が4日、国の計画への対応を話し合うため、建設候補地とされている大熊町の渡辺利綱町長、双葉町の伊沢史朗町長のみ(楢葉町、富岡町は除外)と会談(8)
 ・福島県の佐藤雄平知事は4日、楢葉町には建設せず、大熊、双葉の2町に施設を集約する案を国に求める方針を両町長に示す(9)。
 これ以前の動きは(4)を見てください。


―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)双葉町の地権者ら中間貯蔵施設反対へ団体結成:朝日新聞デジタル
(2)駐留軍用地特措法 - Wikipedia
(3)asahi.com(朝日新聞社):沖縄の基地用地「賃料倍増を」 地主会要求、政府は難色 - 普天間移設の行方
(4)めげ猫「タマ」の日記 最後は丸投げの福島・中間貯蔵施設―無責任な安倍出戻り内閣―
(5)除染で取り除いた土壌等の処理の流れ|除染で取り除いた土壌等の管理|除染情報サイト:環境省
(5)福島第一原子力発電所1~4号機の廃炉措置等に向けた中長期ロードマップ|東京電力
(6)双葉町長、一定の理解 楢葉の中間貯蔵計画見直し要望 | 県内ニュース | 福島民報
(7)民間施設利用を疑問視 処分場計画案に富岡町議会(福島民友ニュース)
(8)中間貯蔵施設問題で会談 福島知事と双葉、大熊町長 - MSN産経ニュース
(9)中間貯蔵施設:福島・大熊、双葉2町に集約案 知事方針 - 毎日新聞
スポンサーサイト
  1. 2014/02/04(火) 20:36:51|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<日本原電が福井県敦賀市に5.8億円寄付―原資の一部は原発被災者の電気代― | ホーム | 被災者に原発事故のつけを回したままの東北電力>>

コメント

40年で廃炉なんてのも、まったくの詭弁。まともに止めた原発でも、英90年。独70年。日本では東海1号はストップしちゃって、武蔵大学は炉心をコンテナに詰めて建屋の中に置きっぱなし。どっちも行き場なし。
 何所へ置いたって、地下水経由で何時かは海に行くんだから、1、2Fへ置くのが一番。どおせ動かせないんだしさ。
  1. 2014/02/05(水) 22:03:36 |
  2. URL |
  3. hotaka43 #mWyI0ZzU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/968-2ee45ac5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)